Oculus Goを購入!

Oculus Riftが登場してからもうだいぶ経ち、各社から様々なVRヘッドマウントディスプレイが発売されているわけですが、ヘッドマウントディスプレイそのものと別途グラフィックス描画用のハイエンドPCも用意する必要があって、金銭的になかなか手が出せずにいた。

そんな中、ヘッドマウントディスプレイ単体で稼働してお値段3万円以下で買えてしまうOculus Goが発表されたので、思い切って購入。

Oculus Go - 64 GB

Oculus Go スペック

ディスプレイサイズ:5.5インチ
ディスプレイ解像度:2560×1440(WQHD) / 538ppi
最大リフレッシュレート:72Hz
トラッキング:3DoF(3 Degrees of Freedom)対応
インターフェース:マイクロUSB端子, 3.5mmのオーディオ端子 /スピーカー マイク内蔵
重量:467g
コントローラー:3DoF対応(製品に付属)
バッテリー駆動時間:ゲームの使用で2時間程度 / 動画再生で約2時間30分


スポンサーリンク


Oculus公式のストアで注文したら4日ぐらいで届いてしまった。海外からのはずなのに随分と速かった。(追記:現在はAmazonで購入できる)

正直、今までVRのヘッドマウントディスプレイを持っていないのが少し恥ずかしかったのです。何か時代に取り残されているような気がして。
VRコンテンツに興味があるのと、3D映画の視聴環境をアップデートしたかったのだ。シャッターメガネ方式の3Dテレビは持ってるし、3DのBlu-rayもいくつか買ってるんだけど、そもそも今はもう3Dテレビが製造されなくなっちゃいましたしね。

3D映像の視聴

ということで、まずは手始めに手持ちの3Dコンテンツの視聴を試してみる。

尺の短い3D映像で確認してみよう。今1番みたいのは、2014年公開のハリウッド版「GODZILLA」のBlu-rayの特典映像に入っている「怪獣プラネットゴジラ」。



GODZILLA ゴジラ[2014] 完全数量限定生産5枚組 S.H.MonsterArts GODZILLA[2014] Poster Image Ver.同梱 [Blu-ray]

1994年〜1998年までサンリオピューロランドでやってた4Dアトラクション「夢のタイムマシン」の3D映像。アトラクション用なので尺も6分ほどと短くてちょうどいい。


スポンサーリンク

Blu-ray 3DからMP4へ

パソコン上で3DのBlu-rayを再生して映像を飛ばすことも考えたんだけど、それはちょっと無理っぽい。
仕方ないのでいったんBlu-rayからリッピングして、Side By Sideの3D MP4動画ファイルにエンコードする。今回は両眼用の映像を上下に配置。
DVDfabを使った↓
https://ja.dvdfab.cn/
https://ja.dvdfab.cn/tips/rip-3d-blu-ray-to-3d-mp4.htm

再生にはデフォルトのプレイヤーではなく、もっと細かく設定ができるSKYBOX VR Video Playerを使う。無料です↓
https://skybox.xyz/

ということで、Oculus GoをUSBでパソコンに繋いで、エンコードした動画を入れてみたんだけど、何か再生がカクカクで音と映像がズレていく。。。
Oculus Goでの再生に適した解像度、コーデック、ビットレートがあるのだろうか。エンコードの設定はドツボにはまるな。

DLNAによるストリーミング再生

Oculus GoはWi-Fiネットワーク上のDLNAサーバのコンテンツをストリーミング再生できるので、実は直接本体に動画ファイルを置かなくても良いのです。
オイラが今家で使っているNASにもDLNAサーバ機能があるので、それをそのまま使うこともできる。
ただ、小回りが効くようにデスクトップPC上の任意のフォルダを使ってDLNAサーバ化できるserviioというアプリケーションを使う手もあります↓
http://serviio.org/

UnityでVRコンテンツを自作する

HMDを買って1番やりたいのは自作のコンテンツを表示することなので、Unityでビルドしたアプリをインストールする方法も調べておく。
https://qiita.com/TyounanMOTI/items/fc11cb0c15f62ec88817
https://unity3d.com/jp/learn/tutorials/s/vr
http://www.yoshidayo.com/entry/2018/07/04/080712
https://www.yoshidayo.com/entry/2018/07/04/080712

Oculus GoはAndroidで動いてるのね。
今流行りのマッハ新書で学ぶのもアリかもしれない。
https://booth.pm/ja/items/877722
https://booth.pm/ja/items/897830

9月に書籍も出るようだ↓

作って学べる Unity VR アプリ開発入門

Oculus GoでSteamVR

Oculus Goはデフォルトの状態だとVRchatなど、Steamで配布されているアプリで遊べないんだけど、ちょっとした裏技で可能になるようです↓
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1806/15/news071.html

ALVRを使って「Oculus Go」でVRchat


スポンサーリンク

関連記事

Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
顔モデリングのチュートリアル
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
ZBrushで基本となるブラシ
Paul Debevec
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 表面処理
注文してた本が届いた
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 遮光塗装
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型を作る
まだまだ続く空想科学読本
S.H.MonsterArtsをターンテーブルで
WebGL開発に関する情報が充実してきている
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
UnityのGlobal Illumination
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その1
UnityでARKit2.0
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その1
マジョーラ
ファンの力
ゴジラ・フェス オンライン 2020
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
映画『GODZILLA VS. KONG』の予告編が公開された!
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが続々再販
シン・ゴジラの全身ビジュアルがついに公開!
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
S.H.MonsterArts ゴジラ(2017)は8月1日予約開始!
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
フルCGのウルトラマン!?
なんかすごいサイト
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
『シン・ゴジラ第4形態 雛型レプリカフィギュア』が届いた!
アニゴジ関連情報

コメント