ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 腕の作り込み

前回、手足の爪や脚のトゲを配置し始めた。



他のものを作り散らかしていて3ヶ月も空いてしまった。このガメラを作り始めてからもう2年経っちゃった。

腕にもトゲを配置していきたいが、その前にトゲの位置のアタリをつけるため皮膚のヒダを作ろう。引き続きこの書籍のメイキング写真を参考に進める↓

平成ガメラ パーフェクション (DENGEKI HOBBY BOOKS)

ヒダの端が硬化してトゲになっていく流れを作るのが難しい。



写真と見比べてまだだいぶズレてるのは分かるけど、ポーズが違うから形状を掴みづらい。腕を書籍のメイキング写真と同じポーズで作ってから、後でポーズ変更する方が楽かもしれない。。。


スポンサーリンク


久しぶりの甲羅も少しいじった。DamStandardブラシで大きいパーツの境目を深く彫り込み、自分でも形状のメリハリを認識できるようにした。
まだディティールを入れられるほど形状を捉えきれていないので、いったん甲羅のSubTool全体にClayPolishをかけて整理した↓



全体の形状を探るシルエット出しの段階において、ClayPolishはとても便利だ。

腹甲もClayPolishをかけて形状を整理した↓



下アゴの位置を調整したのに合わせて、付け根を微修正した。脚や尻尾は今回特にいじらず。



手足の爪が大き過ぎるのも修正しないとな。



今回の作業に関係ないけど、ZBrushのNoiseMakerという機能を知った。SubTool全体にノイズを乗せることができ、
アヴァン・ガメラのスーツは、ラテックスにオガクズを混ぜた通称「オガラテ」を塗って皮膚の質感を表現しているとのことなので、そういうニュアンスを出すのに活用できるだろうか。


スポンサーリンク

作業の振り返り

下アゴや甲羅を少しいじったものの、今回1番時間をかけたのは手首から腕の作り込み。



コロナ禍きっかけで始めた模刻だけど、最初の20時間を過ぎてから着地点が良く分からないまま2年経過してしまった。とりあえず3Dプリントを目標にそろそろ着地させようかな。

とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓
アヴァン・ガメラ
まだ作り途中… 模刻の練習として、映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」の冒頭に登場する通称アヴァンガメラをモデリング。 「特撮のDNA」で撮影したレプリカヘッドの写真を参考に。 ZBrushでフォームの作成、ディティールの追加までを一通りやっ...


スポンサーリンク

関連記事

UnityでLight Shaftを表現する
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
この連休でZBrushの スキルアップを…
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
Mayaのシェーディングノードの区分
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 完成
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
単純に遊びに行くのはだめなのか?
ZBrushの作業環境を見直す
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
平成ガメラ
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ガメラの新作『GAMERA -Rebirth-』の特報が公開された
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
ゴジラ・フェス 2018
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
4K HDR『ガメラ 大怪獣空中決戦』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
日本でMakersは普及するだろうか?
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
アニゴジ関連情報
ZBrushで人型クリーチャー
布地のシワの法則性
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
ゴジラ(2014)の音響効果のメイキング
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
ゴジラ2000 ミレニアム ひな形のレプリカが発売されるぞ!
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ

コメント