海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着

前回、皮膚のベース色としてメカサフ スーパーヘビィを全体に吹いた。

海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』全身のベース塗装
前回、眼を塗ったことでいっきにガメラの雰囲気が出てきた。(気がする)皮膚のベースとして頭部に塗ったメカサフ スーパーヘビィを全身にも塗っていく。エアブラシで吹いていきましょう。互換ブースが大活躍!


メカサフのグレーから少しずつ色味を乗せて行きましょう。
まずはお腹の甲羅を塗っていく。キットの説明書には「腹甲」と書かれていた。「ふっこう」と読むらしい。




スポンサーリンク


腹甲のベースカラーにはガイアノーツのサーフェイサー エヴォ オキサイドレッドを使う。
影になる部分には下地のグレーが少し残るようにエアブラシでオキサイドレッドを吹いていく。



急に彩度が強過ぎな気もする。。。
他の部分の色を乗せながらバランスを見ていくか。

続いて甲羅を塗っていく。



とりあえずガイアカラーの暗緑色を使い、こちらも影部分に下地のグレーが少し残るように甲羅全体に吹いた。



そして、この暗緑色を身体全体に、影になる箇所にはあまり色が乗らないように避けて吹いていく。



急にカラフルになってきたな。



ここで下アゴパーツの皮膚にも暗緑色を塗っておく。



このまま下アゴパーツを本体に接着。



パーツの隙間をエポキシパテで埋め、モールドをつなぐ。





エポキシパテが硬化したら、その上からビン入りのプライマーサーフェイサーを筆塗り。これでモールドを馴染ませつつ、下地処理としてしまう。





サーフェイサーが乾いたら、その上から再びメカサフ スーパーヘビィを塗って色を整える。(っていうかサーフェイサーばかり塗ってるな)



明暗で立体感を強調するため、甲羅のハイライトに1段明るいダークグリーンを吹いてみた。



それでもまだ陰影が物足りないので、ブラックでシャドウも吹いた。



腹甲もちょっと陰影を強調したくなって、模様に沿ってブラックでシャドウを吹いてみた。
そのまま調子に乗って全身にシャドウ吹き(笑)



まだ何となく違和感があるので、その上からさらにMr.カラーのオリーブドラブを吹いた。



全体にシャドウを強調したら、爪の白さが悪目立ちし始めたので、爪付近も同様にシャドウを吹いて暗くしておく。





全体の雰囲気はだいぶガメラになってきた気がする。
こういう有機的な造形はあんまり難しいこと考えなくても見栄えが良くなっていくからエアブラシ塗装が楽しい。



まだ細部にはみ出しや塗り漏れなど、チグハグな部分が残っているから、筆塗りでチョコチョコと直していこう。

続きは次回。


スポンサーリンク

関連記事

コメント