ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整

脚の長さが気になって前回色々いじったけど、まだ違和感が残っている。



ZBrush 2022がリリースされたのでとりあえずインストール。
UIの設定は前のバージョンで使っていたものをエクスポートして引き継いだ。
ZBrush 2018での作業環境を整える
ZBrushでモデリングして3Dプリントフィギュアを作ってみてからそろそろ1年経つ。 この時はZBrush上で角やトゲ、指みたいな細長い部分を作る操作が分からず上手くできなかった。結局3Dプリント後に一部エポキシパテで...


その後さらに2022.0.1にアップデート。


スポンサーリンク


アヴァン・ガメラは資料が少ないので、脚のポーズはトトを参考にすることにした。
この可動フィギュアの商品写真がとても参考になる↓

RAH リアルアクションヒーローズ ガメラ 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

前傾姿勢で踏ん張っている場合、足は膝よりも後方へ下がるんだな。

少し修正。



ポーズの違和感は減ったけど、脚の長さはまだ何となくアンバランスに感じる。脚の付け根はもう少し上にして重心を上げた方が良いのだろうか。



未だに横から見た時と正面から見た時の脚の長さの印象が違って見える。膝のしわが足りなくて長さがおかしく見えているのかな。

久しぶりに歯の並びをいじった。ここしばらくずっと身体全体のスケールでしか見てなかったので、口の中なんてほんの些細な部分のように感じる。



頭から首までのラインにずっと違和感があったので、頭の角度を少し下向きにして付け替えてみた。そのために下アゴと首のつながりはまたいったん切り離して別SubTool化した。



後頭部から首につながるラインをもっと滑らかにしたいな。

各部をいじっているうちにだんだん各SubToolの関係がズレてつながりに矛盾も出始めてきた。



首と腕のつながり部分、甲羅と腹甲のつながり部分、腹甲と脚のつながり部分をもう一度ちゃんと直さないといけないな。

作り始めてから1年半経ってだいぶダレてきたので、ここいらでモチベーションを上げるためにガシャポンHGぐらいのサイズで3Dプリントしてみようかな。(似たようなことを何度も言っている気がする)

とりあえずZBrushを開いて現状を眺めていれば、修正したい箇所が出てくる。修正してからしばらく経って再び眺めると、また修正したい箇所が出てくる。
それを繰り返し続けていれば良いのだ。


スポンサーリンク

作業の振り返り



身体を作り始めた頃に比べるとだいぶシルエットができてきた気はする。

とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓
アヴァン・ガメラ
まだ作り途中…模刻の練習として、映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」の冒頭に登場する通称アヴァンガメラをモデリング。「特撮のDNA」で撮影したレプリカヘッドの写真を参考に。ZBrushでフォームの作成、ディティールの追加まで...


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
Blenderでよく使うaddon
ハリウッド版ゴジラ 最新クリップ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
ポリ男からMetaHumanを作る
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 完成
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Photogrammetry (写真測量法)
映画『ゴジラvsコング』を観てきた! (一応ネタバレ無し)
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ファンの力
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ぼくたちのトクサツ!
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
adskShaderSDK
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』気泡の処理 その1
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
ZBrushでアマビエを作る その2
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
MRenderUtil::raytrace
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Mayaのプラグイン開発
WebGL開発に関する情報が充実してきている
シン・ゴジラのファンアート
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
UnityでPoint Cloudを表示する方法

コメント