OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』

オープンソースのレンダラっていっぱいあるのね。最近LuxRenderというものを知った。OpenCL対応のレンダラらしい。GPLライセンスで配布されている。↓

追記:現在はLuxRenderから後継のLuxCoreRenderへ移行しています。

LuxCoreRender

LuxRenderは物理ベースで偏りのないレンダリングエンジンです。LuxRenderは、研究分野のアルゴリズムに基づき、物理方程式によって光の挙動をシミュレーションして、まるで実写のようにリアルなクオリティの画像を描画できます。


スポンサーリンク



ソースコードがBitbucketにあるようだけど、Mercurialって形式のリポジトリは初めて聞いたぞ。どうやって使うんだろ。

ビルド済みのスタンドアローンアプリも配布されているから、すぐにインストールして動作を試すことは可能。また、スタンドアローンのアプリだけでなく、メジャーなCGツールと連携するためのインターフェイスがあるらしい。デフォルトではBlender用のプラグインが付属しているみたい。


スポンサーリンク


とりあえずスタンドアローンアプリでサンプルシーンをレンダリングしてみた。↓

LuxRenderのサンプルシーン

LuxRenderのサンプルシーン



レンダリング過程が見れるんだけど、なんか永遠にレンダリングし続ける感じだぞ。。。
ずっと待っていれば収束するんだろうか、それともパラメータで条件つけなければ永遠に光を追い続けるのかな。

ついでにMaya用のインターフェイスを調べてみたら、LuxRender公式では作っていないらしく、有志によるMayaと他のレンダラを繋ぐためのライブラリ(?)であるopen Mayaというプロジェクトの一部にLuxRender用のインターフェイスが実装されているようだ。↓
http://www.openmaya.net/

こっちのソースコードはGitHubにあるので見方がわかるぞ。LuxRender用のMayaプラグインはこちら→mayaToLux
まだTODOがだいぶ残ってそうな感じではある。

どうせならopen MayaでMitsuba用のインターフェイスも作ってやってくださいな。


スポンサーリンク

関連記事

OANDAのfxTrade API
UnityのAR FoundationでARKit 3
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ラクガキの立体化 進捗
ZScript
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
ラクガキの立体化 モールドの追加
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
OpenGVのライブラリ構成
adskShaderSDK
ジュラシック・パークのメイキング
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Google App Engineのデプロイ失敗
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
3DCG Meetup #4に行ってきた
スクレイピング
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ファンの力
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
Model View Controller
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
ZBrushのお勉強
CreativeCOW.net
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ニューラルネットワークで画像分類
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
Oculus Goを購入!
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
CEDEC 3日目
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
WordPressプラグインの作り方

コメント