OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』

オープンソースのレンダラっていっぱいあるのね。最近LuxRenderというものを知った。OpenCL対応のレンダラらしい。GPLライセンスで配布されている。↓

追記:現在はLuxRenderから後継のLuxCoreRenderへ移行しています。

LuxCoreRender

LuxRenderは物理ベースで偏りのないレンダリングエンジンです。LuxRenderは、研究分野のアルゴリズムに基づき、物理方程式によって光の挙動をシミュレーションして、まるで実写のようにリアルなクオリティの画像を描画できます。


スポンサーリンク
Announcing LuxRender 1.5

ソースコードがBitbucketにあるようだけど、Mercurialって形式のリポジトリは初めて聞いたぞ。どうやって使うんだろ。

ビルド済みのスタンドアローンアプリも配布されているから、すぐにインストールして動作を試すことは可能。また、スタンドアローンのアプリだけでなく、メジャーなCGツールと連携するためのインターフェイスがあるらしい。デフォルトではBlender用のプラグインが付属しているみたい。


スポンサーリンク


とりあえずスタンドアローンアプリでサンプルシーンをレンダリングしてみた。↓

LuxRenderのサンプルシーン

LuxRenderのサンプルシーン



レンダリング過程が見れるんだけど、なんか永遠にレンダリングし続ける感じだぞ。。。
ずっと待っていれば収束するんだろうか、それともパラメータで条件つけなければ永遠に光を追い続けるのかな。

ついでにMaya用のインターフェイスを調べてみたら、LuxRender公式では作っていないらしく、有志によるMayaと他のレンダラを繋ぐためのライブラリ(?)であるopen Mayaというプロジェクトの一部にLuxRender用のインターフェイスが実装されているようだ。↓
http://www.openmaya.net/

こっちのソースコードはGitHubにあるので見方がわかるぞ。LuxRender用のMayaプラグインはこちら→mayaToLux
まだTODOがだいぶ残ってそうな感じではある。

どうせならopen MayaでMitsuba用のインターフェイスも作ってやってくださいな。


スポンサーリンク

関連記事

iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
MRenderUtil::raytrace
プログラミングスキルとは何か?
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Houdiniのライセンスの種類
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
天体写真の3D動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
WinSCP
Mayaのレンダリング アトリビュート
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
Boost オープンソースライブラリ
フルCGのウルトラマン!?
ガメラ生誕50周年
機械学習手法『Random Forest』
Managing Software Requirements: A Unified Approach
単純に遊びに行くのはだめなのか?
OANDAのfxTrade API
Pix2Pix:CGANによる画像変換
アニゴジ関連情報
テスト
konashiのサンプルコードを動かしてみた
UnityからROSを利用できる『ROS#』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
UnityでPoint Cloudを表示する方法
布地のシワの法則性
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...

コメント