OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』

オープンソースのレンダラっていっぱいあるのね。最近LuxRenderというものを知った。OpenCL対応のレンダラらしい。GPLライセンスで配布されている↓

追記:現在はLuxRenderから後継のLuxCoreRenderへ移行しています。

LuxCoreRender

LuxRenderは物理ベースで偏りのないレンダリングエンジンです。LuxRenderは、研究分野のアルゴリズムに基づき、物理方程式によって光の挙動をシミュレーションして、まるで実写のようにリアルなクオリティの画像を描画できます。


スポンサーリンク



ソースコードがBitbucketにあるようだけど、Mercurialって形式のリポジトリは初めて聞いたぞ。どうやって使うんだろ。

ビルド済みのスタンドアローンアプリも配布されているから、すぐにインストールして動作を試すことは可能。また、スタンドアローンのアプリだけでなく、メジャーなCGツールと連携するためのインターフェイスがあるらしい。デフォルトではBlender用のプラグインが付属しているみたい。


スポンサーリンク


とりあえずスタンドアローンアプリでサンプルシーンをレンダリングしてみた↓

LuxRenderのサンプルシーン

LuxRenderのサンプルシーン



レンダリング過程が見れるんだけど、なんか永遠にレンダリングし続ける感じだぞ。。。
ずっと待っていれば収束するんだろうか、それともパラメータで条件つけなければ永遠に光を追い続けるのかな。

ついでにMaya用のインターフェイスを調べてみたら、LuxRender公式では作っていないらしく、有志によるMayaと他のレンダラを繋ぐためのライブラリ(?)であるopen Mayaというプロジェクトの一部にLuxRender用のインターフェイスが実装されているようだ↓
http://www.openmaya.net/

こっちのソースコードはGitHubにあるので見方がわかるぞ。LuxRender用のMayaプラグインはこちら→mayaToLux
まだTODOがだいぶ残ってそうな感じではある。

どうせならopen MayaでMitsuba用のインターフェイスも作ってやってくださいな。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のシルエット出し
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
WordPressの表示を高速化する
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
ZBrushでカスタムUIを設定する
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
この連休でZBrushの スキルアップを…
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
Oculus Goを購入!
CGのためのディープラーニング
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ZBrushで仮面ライダーBLACK SUNを作る 頭部~バストの概形
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
Stanford Bunny
天体写真の3D動画
ニューラルネットワークで画像分類
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
OpenMayaRender
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
顔のモデリング
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
ブログが1日ダウンしてました
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会

コメント