OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』

オープンソースのレンダラっていっぱいあるのね。最近LuxRenderというものを知った。OpenCL対応のレンダラらしい。GPLライセンスで配布されている。↓

追記:現在はLuxRenderから後継のLuxCoreRenderへ移行しています。

LuxCoreRender

LuxRenderは物理ベースで偏りのないレンダリングエンジンです。LuxRenderは、研究分野のアルゴリズムに基づき、物理方程式によって光の挙動をシミュレーションして、まるで実写のようにリアルなクオリティの画像を描画できます。


スポンサーリンク



ソースコードがBitbucketにあるようだけど、Mercurialって形式のリポジトリは初めて聞いたぞ。どうやって使うんだろ。

ビルド済みのスタンドアローンアプリも配布されているから、すぐにインストールして動作を試すことは可能。また、スタンドアローンのアプリだけでなく、メジャーなCGツールと連携するためのインターフェイスがあるらしい。デフォルトではBlender用のプラグインが付属しているみたい。


スポンサーリンク


とりあえずスタンドアローンアプリでサンプルシーンをレンダリングしてみた。↓

LuxRenderのサンプルシーン

LuxRenderのサンプルシーン



レンダリング過程が見れるんだけど、なんか永遠にレンダリングし続ける感じだぞ。。。
ずっと待っていれば収束するんだろうか、それともパラメータで条件つけなければ永遠に光を追い続けるのかな。

ついでにMaya用のインターフェイスを調べてみたら、LuxRender公式では作っていないらしく、有志によるMayaと他のレンダラを繋ぐためのライブラリ(?)であるopen Mayaというプロジェクトの一部にLuxRender用のインターフェイスが実装されているようだ。↓
http://www.openmaya.net/

こっちのソースコードはGitHubにあるので見方がわかるぞ。LuxRender用のMayaプラグインはこちら→mayaToLux
まだTODOがだいぶ残ってそうな感じではある。

どうせならopen MayaでMitsuba用のインターフェイスも作ってやってくださいな。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
ZBrush 2018へのアップグレード
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ジュラシック・パークのメイキング
ROSの薄い本
ZBrushでカスタムUIを設定する
ラクガキの立体化 モールドの追加
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
SVM (Support Vector Machine)
Iterator
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
Maya API Reference
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
生物の骨格
Open Shading Language (OSL)
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
PythonでBlenderのAdd-on開発
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
このブログのデザインに飽きてきた
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
今年もSSII
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Mayaのプラグイン開発
アニゴジ関連情報
Oculus Goを購入!
オープンソースの取引プラットフォーム
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
Managing Software Requirements: A Unified Approach
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
布地のシワの法則性
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ドットインストールのWordPress入門レッスン
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』

コメント