OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』

オープンソースのレンダラっていっぱいあるのね。最近LuxRenderというものを知った。OpenCL対応のレンダラらしい。GPLライセンスで配布されている。↓

追記:現在はLuxRenderから後継のLuxCoreRenderへ移行しています。

LuxCoreRender

LuxRenderは物理ベースで偏りのないレンダリングエンジンです。LuxRenderは、研究分野のアルゴリズムに基づき、物理方程式によって光の挙動をシミュレーションして、まるで実写のようにリアルなクオリティの画像を描画できます。


スポンサーリンク
Announcing LuxRender 1.5

ソースコードがBitbucketにあるようだけど、Mercurialって形式のリポジトリは初めて聞いたぞ。どうやって使うんだろ。

ビルド済みのスタンドアローンアプリも配布されているから、すぐにインストールして動作を試すことは可能。また、スタンドアローンのアプリだけでなく、メジャーなCGツールと連携するためのインターフェイスがあるらしい。デフォルトではBlender用のプラグインが付属しているみたい。


スポンサーリンク


とりあえずスタンドアローンアプリでサンプルシーンをレンダリングしてみた。↓

LuxRenderのサンプルシーン

LuxRenderのサンプルシーン



レンダリング過程が見れるんだけど、なんか永遠にレンダリングし続ける感じだぞ。。。
ずっと待っていれば収束するんだろうか、それともパラメータで条件つけなければ永遠に光を追い続けるのかな。

ついでにMaya用のインターフェイスを調べてみたら、LuxRender公式では作っていないらしく、有志によるMayaと他のレンダラを繋ぐためのライブラリ(?)であるopen Mayaというプロジェクトの一部にLuxRender用のインターフェイスが実装されているようだ。↓
http://www.openmaya.net/

こっちのソースコードはGitHubにあるので見方がわかるぞ。LuxRender用のMayaプラグインはこちら→mayaToLux
まだTODOがだいぶ残ってそうな感じではある。

どうせならopen MayaでMitsuba用のインターフェイスも作ってやってくださいな。


スポンサーリンク

関連記事

konashiのサンプルコードを動かしてみた
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
TVML (TV program Making language)
AfterEffectsプラグイン開発
Unite 2014の動画
天体写真の3D動画
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Maya LTのQuick Rigを試す
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
ブログのデザイン変えました
ニューラルネットワークで画像分類
ラクガキの立体化 進捗
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
WordPressプラグインの作り方
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
CGのためのディープラーニング
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
オープンソースの取引プラットフォーム
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
『ピクサー展』へ行ってきた
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
OpenGVのライブラリ構成
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
書籍『ROSプログラミング』
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
Raspberry Pi
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
自前のShaderがおかしい件
UnityでARKit2.0
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる

コメント