人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ

何年か前にAdobeが買収したMixamoという人型3Dキャラクターのアニメーションを手軽に制作できるWebサービスがある。
https://www.mixamo.com/

で、ちょっと前にyoshiさんがこのMixamoを使って自身がモデリングしたキャラクターを動かしているツイートを見てオイラも興味を持った。




スポンサーリンク


ということで、オイラも自分でモデリングしたキャラクターを使って真似してみました。
クリミア・エンゲルス
一応、いったん完成ということにする。大学生の頃、世界史(だったと思う)の授業中に描いた怪人の顔のラクガキを基にイメージを膨らませながらZBrushで立体化を試みた。昔描いたラクガキをモデリングのモチーフに選んだのは、ZBru...



やり方は本当に簡単。

まず、ZBrush上でZRemesherを使ってモデルのポリゴン数を適当に削減して、SubToolを結合して1つのMeshにしておく。



MeshをZBrushからOBJ形式でエクスポートし、Mixamoにアップロード。Mixamo上で関節の位置を指定してやると、後は自動でリギングされる。

足の長さは以前より少し短く調整しておいた。



数分待つとリギング完了。Mixamo上に沢山あるモーションサンプルを適用して仕上がりをチェックできる。(リギングというか、スキニングですが)
そして、アニメーション済みのデータをFBX形式でダウンロードできる。

一昔前なら、アニメーション用のCGを作るにはかなり計画的に進めないといけなかったけど、今は結構行き当たりばったりで進めてもアニメーションまで持ってこれるのね。
ポリゴンのMesh削減がこんなに簡単にキレイにできて、自動でスキニングが完了するなんて、昔ほど制作に気力と体力は必要なくなってるんだな。その代わり要求水準は上がってるんだろうけど。

すごい時代だ。


スポンサーリンク

関連記事

布地のシワの法則性
ラクガキの立体化 進捗
シン・ゴジラのファンアート
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
PS4用ソフト『Marvel's Spider-Man』
ZBrushでカスタムUIを設定する
マジョーラ
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
adskShaderSDK
この連休でZBrushの スキルアップを…
ゴジラ(2014)のメイキング
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
SIGGRAPH ASIAのマスコット
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
MRenderUtil::raytrace
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
CEDEC 3日目
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
テスト
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
『ピクサー展』へ行ってきた
マイケル・ベイの動画の感覚
MFnDataとMFnAttribute
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
3Dグラフィックスの入門書
服飾デザインツール『CLO』
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
ファンの力
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
ZBrushトレーニング
なんかすごいサイト
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る

コメント