Mixamo:人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス

何年か前にAdobeが買収したMixamoという人型3Dキャラクターのアニメーションを手軽に制作できるWebサービスがある。

Mixamo



で、ちょっと前にyoshiさんがこのMixamoを使って自身がモデリングしたキャラクターを動かしているツイートを見てオイラも興味を持った。




スポンサーリンク


ということで、オイラも自分でモデリングしたキャラクターを使って真似してみました。
クリミア・エンゲルス
一応、いったん完成ということにする。大学生の頃、世界史(だったと思う)の授業中に描いた怪人の顔のラクガキを基にイメージを膨らませながらZBrushで立体化を試みた。昔描いたラクガキをモデリングのモチーフに選んだのは、ZBru...



やり方は本当に簡単。

まず、ZBrush上でZRemesherを使ってモデルのポリゴン数を適当に削減して、SubToolを結合して1つのMeshにしておく。



MeshをZBrushからOBJ形式でエクスポートし、Mixamoにアップロード。Mixamo上で関節の位置を指定してやると、後は自動でリギングされる。

足の長さは以前より少し短く調整しておいた。



数分待つとリギング完了。Mixamo上に沢山あるモーションサンプルを適用して仕上がりをチェックできる。(リギングというか、スキニングですが)
そして、アニメーション済みのデータをFBX形式でダウンロードできる。

一昔前なら、アニメーション用のCGを作るにはかなり計画的に進めないといけなかったけど、今は結構行き当たりばったりで進めてもアニメーションまで持ってこれるのね。
ポリゴンのMesh削減がこんなに簡単にキレイにできて、自動でスキニングが完了するなんて、昔ほど制作に気力と体力は必要なくなってるんだな。その代わり要求水準は上がってるんだろうけど。

すごい時代だ。


スポンサーリンク

関連記事

MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
Unityの薄い本
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
CreativeCOW.net
ZBrush 2018での作業環境を整える
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushで仮面ライダーBLACK SUNを作る 頭部~バストの概形
Blenderでよく使うaddon
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
iPhone欲しいなぁ
Photogrammetry (写真測量法)
この本読むよ
MFnDataとMFnAttribute
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
ZBrushのZScript入門
CGのためのディープラーニング
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
色んな三面図があるサイト
ZBrush 2018へのアップグレード
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
adskShaderSDK
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
UnityでLight Shaftを表現する
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン
Unite 2014の動画
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
布地のシワの法則性
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
デザインのリファイン再び
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
立体視を試してみた
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...

コメント