人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ

何年か前にAdobeが買収したMixamoという人型3Dキャラクターのアニメーションを手軽に制作できるWebサービスがある。

Mixamo



で、ちょっと前にyoshiさんがこのMixamoを使って自身がモデリングしたキャラクターを動かしているツイートを見てオイラも興味を持った。




スポンサーリンク


ということで、オイラも自分でモデリングしたキャラクターを使って真似してみました。
クリミア・エンゲルス
一応、いったん完成ということにする。大学生の頃、世界史(だったと思う)の授業中に描いた怪人の顔のラクガキを基にイメージを膨らませながらZBrushで立体化を試みた。昔描いたラクガキをモデリングのモチーフに選んだのは、ZBru...



やり方は本当に簡単。

まず、ZBrush上でZRemesherを使ってモデルのポリゴン数を適当に削減して、SubToolを結合して1つのMeshにしておく。



MeshをZBrushからOBJ形式でエクスポートし、Mixamoにアップロード。Mixamo上で関節の位置を指定してやると、後は自動でリギングされる。

足の長さは以前より少し短く調整しておいた。



数分待つとリギング完了。Mixamo上に沢山あるモーションサンプルを適用して仕上がりをチェックできる。(リギングというか、スキニングですが)
そして、アニメーション済みのデータをFBX形式でダウンロードできる。

一昔前なら、アニメーション用のCGを作るにはかなり計画的に進めないといけなかったけど、今は結構行き当たりばったりで進めてもアニメーションまで持ってこれるのね。
ポリゴンのMesh削減がこんなに簡単にキレイにできて、自動でスキニングが完了するなんて、昔ほど制作に気力と体力は必要なくなってるんだな。その代わり要求水準は上がってるんだろうけど。

すごい時代だ。


スポンサーリンク

関連記事

素敵なパーティクル
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
日本でMakersは普及するだろうか?
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
Unreal Engine 5の情報が公開された!
ラクガキの立体化 モールドの追加
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
HD画質の無駄遣い
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
そのアプローチは帰納的か演繹的か
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
SIGGRAPH Asia
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Houdiniのライセンスの種類
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
clearcoat Shader
iPhone欲しいなぁ
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
顔モデリングのチュートリアル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
CLO:服飾デザインツール
タダでRenderManを体験する方法
ZBrushトレーニング
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
Adobe Photoshop CS5の新機能
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
Maya 2015から標準搭載されたMILA

コメント