人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ

何年か前にAdobeが買収したMixamoという人型3Dキャラクターのアニメーションを手軽に制作できるWebサービスがある。

Mixamo

Using Adobe Mixamo to Rig a Character

で、ちょっと前にyoshiさんがこのMixamoを使って自身がモデリングしたキャラクターを動かしているツイートを見てオイラも興味を持った。




スポンサーリンク


ということで、オイラも自分でモデリングしたキャラクターを使って真似してみました。
クリミア・エンゲルス
一応、いったん完成ということにする。大学生の頃、世界史(だったと思う)の授業中に描いた怪人の顔のラクガキを基にイメージを膨らませながらZBrushで立体化を試みた。昔描いたラクガキをモデリングのモチーフに選んだのは、ZBru...



やり方は本当に簡単。

まず、ZBrush上でZRemesherを使ってモデルのポリゴン数を適当に削減して、SubToolを結合して1つのMeshにしておく。



MeshをZBrushからOBJ形式でエクスポートし、Mixamoにアップロード。Mixamo上で関節の位置を指定してやると、後は自動でリギングされる。

足の長さは以前より少し短く調整しておいた。



数分待つとリギング完了。Mixamo上に沢山あるモーションサンプルを適用して仕上がりをチェックできる。(リギングというか、スキニングですが)
そして、アニメーション済みのデータをFBX形式でダウンロードできる。

一昔前なら、アニメーション用のCGを作るにはかなり計画的に進めないといけなかったけど、今は結構行き当たりばったりで進めてもアニメーションまで持ってこれるのね。
ポリゴンのMesh削減がこんなに簡単にキレイにできて、自動でスキニングが完了するなんて、昔ほど制作に気力と体力は必要なくなってるんだな。その代わり要求水準は上がってるんだろうけど。

すごい時代だ。


スポンサーリンク

関連記事

UnityのTransformクラスについて調べてみた
ラクガキの立体化 進捗
ゴジラ(2014)のメイキング
服飾デザインツール『CLO』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
ZBrush 2018での作業環境を整える
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ZBrush 2018へのアップグレード
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ラクガキの立体化 モールドの追加
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
海外ドラマのChromaKey
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Mayaのレンダリング アトリビュート
ZScript
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
HD画質の無駄遣い
ZBrush 4R8 リリース!
3D復元技術の情報リンク集
ZBrushでカスタムUIを設定する
NICOGRAPHって有名?
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
Maya 2015から標準搭載されたMILA
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』

コメント