人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ

何年か前にAdobeが買収したMixamoという人型3Dキャラクターのアニメーションを手軽に制作できるWebサービスがある。

Mixamo

Using Adobe Mixamo to Rig a Character

で、ちょっと前にyoshiさんがこのMixamoを使って自身がモデリングしたキャラクターを動かしているツイートを見てオイラも興味を持った。




スポンサーリンク


ということで、オイラも自分でモデリングしたキャラクターを使って真似してみました。
クリミア・エンゲルス
一応、いったん完成ということにする。大学生の頃、世界史(だったと思う)の授業中に描いた怪人の顔のラクガキを基にイメージを膨らませながらZBrushで立体化を試みた。昔描いたラクガキをモデリングのモチーフに選んだのは、ZBru...



やり方は本当に簡単。

まず、ZBrush上でZRemesherを使ってモデルのポリゴン数を適当に削減して、SubToolを結合して1つのMeshにしておく。



MeshをZBrushからOBJ形式でエクスポートし、Mixamoにアップロード。Mixamo上で関節の位置を指定してやると、後は自動でリギングされる。

足の長さは以前より少し短く調整しておいた。



数分待つとリギング完了。Mixamo上に沢山あるモーションサンプルを適用して仕上がりをチェックできる。(リギングというか、スキニングですが)
そして、アニメーション済みのデータをFBX形式でダウンロードできる。

一昔前なら、アニメーション用のCGを作るにはかなり計画的に進めないといけなかったけど、今は結構行き当たりばったりで進めてもアニメーションまで持ってこれるのね。
ポリゴンのMesh削減がこんなに簡単にキレイにできて、自動でスキニングが完了するなんて、昔ほど制作に気力と体力は必要なくなってるんだな。その代わり要求水準は上がってるんだろうけど。

すごい時代だ。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでリメッシュとディティールの転送
2018年に購入したiPad Proのその後
ガメラ生誕50周年
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
ZBrushの作業環境を見直す
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
3Dグラフィックスの入門書
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Blender 2.8がついに正式リリース!
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
ZBrush 4R7
プログラムによる景観の自動生成
タダでRenderManを体験する方法
ラクガキの立体化
Mayaのシェーディングノードの区分
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
UnityのTransformクラスについて調べてみた
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
『ピクサー展』へ行ってきた
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ZBrush 2018へのアップグレード
Ambient Occlusionを解析的に求める
Stanford Bunny
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
AfterEffectsプラグイン開発
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
Unite 2014の動画
タマムシっぽい質感
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Unreal Engineの薄い本
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』

コメント