人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ

何年か前にAdobeが買収したMixamoという人型3Dキャラクターのアニメーションを手軽に制作できるWebサービスがある。

Mixamo



で、ちょっと前にyoshiさんがこのMixamoを使って自身がモデリングしたキャラクターを動かしているツイートを見てオイラも興味を持った。




スポンサーリンク


ということで、オイラも自分でモデリングしたキャラクターを使って真似してみました。
クリミア・エンゲルス
一応、いったん完成ということにする。大学生の頃、世界史(だったと思う)の授業中に描いた怪人の顔のラクガキを基にイメージを膨らませながらZBrushで立体化を試みた。昔描いたラクガキをモデリングのモチーフに選んだのは、ZBru...



やり方は本当に簡単。

まず、ZBrush上でZRemesherを使ってモデルのポリゴン数を適当に削減して、SubToolを結合して1つのMeshにしておく。



MeshをZBrushからOBJ形式でエクスポートし、Mixamoにアップロード。Mixamo上で関節の位置を指定してやると、後は自動でリギングされる。

足の長さは以前より少し短く調整しておいた。



数分待つとリギング完了。Mixamo上に沢山あるモーションサンプルを適用して仕上がりをチェックできる。(リギングというか、スキニングですが)
そして、アニメーション済みのデータをFBX形式でダウンロードできる。

一昔前なら、アニメーション用のCGを作るにはかなり計画的に進めないといけなかったけど、今は結構行き当たりばったりで進めてもアニメーションまで持ってこれるのね。
ポリゴンのMesh削減がこんなに簡単にキレイにできて、自動でスキニングが完了するなんて、昔ほど制作に気力と体力は必要なくなってるんだな。その代わり要求水準は上がってるんだろうけど。

すごい時代だ。


スポンサーリンク

関連記事

Unite 2014の動画
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
シン・ゴジラのファンアート
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
iPhone欲しいなぁ
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
『ピクサー展』へ行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ZScript
ZBrush 2018での作業環境を整える
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
マジョーラ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
そのアプローチは帰納的か演繹的か
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
CEDEC 3日目
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
Mayaのシェーディングノードの区分
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
CreativeCOW.net
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ

コメント