人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ

何年か前にAdobeが買収したMixamoという人型3Dキャラクターのアニメーションを手軽に制作できるWebサービスがある。

Mixamo



で、ちょっと前にyoshiさんがこのMixamoを使って自身がモデリングしたキャラクターを動かしているツイートを見てオイラも興味を持った。




スポンサーリンク


ということで、オイラも自分でモデリングしたキャラクターを使って真似してみました。
クリミア・エンゲルス
一応、いったん完成ということにする。大学生の頃、世界史(だったと思う)の授業中に描いた怪人の顔のラクガキを基にイメージを膨らませながらZBrushで立体化を試みた。昔描いたラクガキをモデリングのモチーフに選んだのは、ZBru...



やり方は本当に簡単。

まず、ZBrush上でZRemesherを使ってモデルのポリゴン数を適当に削減して、SubToolを結合して1つのMeshにしておく。



MeshをZBrushからOBJ形式でエクスポートし、Mixamoにアップロード。Mixamo上で関節の位置を指定してやると、後は自動でリギングされる。

足の長さは以前より少し短く調整しておいた。



数分待つとリギング完了。Mixamo上に沢山あるモーションサンプルを適用して仕上がりをチェックできる。(リギングというか、スキニングですが)
そして、アニメーション済みのデータをFBX形式でダウンロードできる。

一昔前なら、アニメーション用のCGを作るにはかなり計画的に進めないといけなかったけど、今は結構行き当たりばったりで進めてもアニメーションまで持ってこれるのね。
ポリゴンのMesh削減がこんなに簡単にキレイにできて、自動でスキニングが完了するなんて、昔ほど制作に気力と体力は必要なくなってるんだな。その代わり要求水準は上がってるんだろうけど。

すごい時代だ。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ZBrushのお勉強
デザインのリファイン再び
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
NVIDIA Quadro OpenGL DriverのDeep Color不具合の対処方法
ZBrush キャラクター&クリーチャー
黒歴史
フルCGのウルトラマン!?
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
3D復元技術の情報リンク集
単純に遊びに行くのはだめなのか?
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Open Shading Language (OSL)
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ゴジラの造形
iPhone欲しいなぁ
UnityでLight Shaftを表現する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
ゴジラ三昧
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
UnityのAR FoundationでARKit 3
ZBrush 4R8 リリース!
Paul Debevec
ZBrushのZScript入門
ZBrushCore
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
Adobe MAX 2015
Unityで360度ステレオVR動画を作る
サンプルコードにも間違いはある?
色んな三面図があるサイト
Mayaのシェーディングノードの区分

コメント