Mixamo:人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス

何年か前にAdobeが買収したMixamoという人型3Dキャラクターのアニメーションを手軽に制作できるWebサービスがある。

Mixamo



で、ちょっと前にyoshiさんがこのMixamoを使って自身がモデリングしたキャラクターを動かしているツイートを見てオイラも興味を持った。




スポンサーリンク


ということで、オイラも自分でモデリングしたキャラクターを使って真似してみました。
クリミア・エンゲルス
一応、いったん完成ということにする。 大学生の頃、世界史(だったと思う)の授業中に描いた怪人の顔のラクガキを基にイメージを膨らませながらZBrushで立体化を試みた。 昔描いたラクガキをモデリングのモチーフに選んだのは、ZBrushの使い方...



やり方は本当に簡単。

まず、ZBrush上でZRemesherを使ってモデルのポリゴン数を適当に削減して、SubToolを結合して1つのMeshにしておく。



MeshをZBrushからOBJ形式でエクスポートし、Mixamoにアップロード。Mixamo上で関節の位置を指定してやると、後は自動でリギングされる。

足の長さは以前より少し短く調整しておいた。



数分待つとリギング完了。Mixamo上に沢山あるモーションサンプルを適用して仕上がりをチェックできる。(リギングというか、スキニングですが)
そして、アニメーション済みのデータをFBX形式でダウンロードできる。

一昔前なら、アニメーション用のCGを作るにはかなり計画的に進めないといけなかったけど、今は結構行き当たりばったりで進めてもアニメーションまで持ってこれるのね。
ポリゴンのMesh削減がこんなに簡単にキレイにできて、自動でスキニングが完了するなんて、昔ほど制作に気力と体力は必要なくなってるんだな。その代わり要求水準は上がってるんだろうけど。

すごい時代だ。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
Geogram:C++の3D幾何アルゴリズムライブラリ
マイケル・ベイの動画の感覚
そのアプローチは帰納的か演繹的か
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
ZBrushでアマビエを作る その2
Open Shading Language (OSL)
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
Physically Based Rendering
ゴジラの造形
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
UnityのGlobal Illumination
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
adskShaderSDK
映画『シン・仮面ライダー』 メイキング情報まとめ
ワンダーフェスティバル2024[冬]に行ってきた
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Unreal Engineの薄い本
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のシルエット出し
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 壊れたデータの救出
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
clearcoat Shader
布地のシワの法則性
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ポリ男をリファイン
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ZBrushの作業環境を見直す
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
iPhone欲しいなぁ
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
ファンの力
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
UnityでARKit2.0

コメント