人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ

何年か前にAdobeが買収したMixamoという人型3Dキャラクターのアニメーションを手軽に制作できるWebサービスがある。

Mixamo

Using Adobe Mixamo to Rig a Character

で、ちょっと前にyoshiさんがこのMixamoを使って自身がモデリングしたキャラクターを動かしているツイートを見てオイラも興味を持った。




スポンサーリンク


ということで、オイラも自分でモデリングしたキャラクターを使って真似してみました。
クリミア・エンゲルス
一応、いったん完成ということにする。大学生の頃、世界史(だったと思う)の授業中に描いた怪人の顔のラクガキを基にイメージを膨らませながらZBrushで立体化を試みた。昔描いたラクガキをモデリングのモチーフに選んだのは、ZBru...



やり方は本当に簡単。

まず、ZBrush上でZRemesherを使ってモデルのポリゴン数を適当に削減して、SubToolを結合して1つのMeshにしておく。



MeshをZBrushからOBJ形式でエクスポートし、Mixamoにアップロード。Mixamo上で関節の位置を指定してやると、後は自動でリギングされる。

足の長さは以前より少し短く調整しておいた。



数分待つとリギング完了。Mixamo上に沢山あるモーションサンプルを適用して仕上がりをチェックできる。(リギングというか、スキニングですが)
そして、アニメーション済みのデータをFBX形式でダウンロードできる。

一昔前なら、アニメーション用のCGを作るにはかなり計画的に進めないといけなかったけど、今は結構行き当たりばったりで進めてもアニメーションまで持ってこれるのね。
ポリゴンのMesh削減がこんなに簡単にキレイにできて、自動でスキニングが完了するなんて、昔ほど制作に気力と体力は必要なくなってるんだな。その代わり要求水準は上がってるんだろうけど。

すごい時代だ。


スポンサーリンク

関連記事

タダでRenderManを体験する方法
フルCGのウルトラマン!?
タマムシっぽい質感
ZBrushCore
PolyPaint
MRenderUtil::raytrace
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
プログラムによる景観の自動生成
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
WebGL開発に関する情報が充実してきている
clearcoat Shader
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
2012のメイキングまとめ(途中)
UnityでARKit2.0
ラクガキの立体化 目標設定
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
なりたい自分?
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
ラクガキの立体化 胴体の追加
去年購入したiPad Proのその後
HD画質の無駄遣い その2
Photogrammetry (写真測量法)
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
自前Shaderの件 解決しました
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
3DCG Meetup #4に行ってきた
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
Adobe Photoshop CS5の新機能
立体視を試してみた
ラクガキの立体化
Blender 2.8がついに正式リリース!
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
UnityでLight Shaftを表現する
顔モデリングのチュートリアル
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』

コメント