PythonでBlenderのAdd-on開発

BlenderのPython環境に色んなパッケージをインストールする方法を知ってからすでに1年以上経っておりますが



重い腰を上げて、BlenderのAdd-onの作り方をちゃんと学ぼう。
とっかかりとしてはやはり公式ドキュメントのチュートリアルが1番わかりやすい↓
https://docs.blender.org/manual/en/latest/advanced/scripting/addon_tutorial.html

チュートリアルによると、Blender Add-onの最小構成は以下のようになるらしい↓


bl_info = {
    "name": "My Test Add-on",
    "blender": (2, 80, 0),
    "category": "Object",
}

def register():
    print("Hello World")

def unregister():
    print("Goodbye World")

最低限この3つの要素が記述されていれば、(機能は別として)BlenderのAdd-onの体は成すようだ。Mayaのプラグインと似たお作法だな。


スポンサーリンク

  • bl_info
  • BlenderのPreferencesのadd-onリストに表示されるadd-on名、バージョン、作者の情報などのメタデータを記述したdictionary。このAdd-onの実行に必要なBlenderの最低バージョンの指定もこのbl_infoに記述する。ここに記載のバージョンより古いBlenderではこのAdd-onがリストに表示されない。

  • register
  • このAdd-onを有効にした際に実行される関数。

  • unregister
  • registerでセットアップされたものをアンロードする関数。この関数はAdd-onが無効された時に実行される。

※実際にAdd-onでBlenderの諸々を操作をするには、別途bpyモジュールをimportする必要がある。

Add-onの体はいったん抜きにして、Blenderの各種操作をPython script経由で呼び出してみよう。
以下のコードを↓

import bpy

scene = bpy.context.scene
for obj in scene.objects:
    obj.location.x += 1.0

BlenderのScripting workspaceでTextエディタにコピペして



実行ボタンを押してみると、選択中のオブジェクトがX軸方向に1.0移動する。

同様の処理をAdd-onとしてまとめると以下のようなコードになる↓


スポンサーリンク
bl_info = {
    "name": "Move X Axis",
    "blender": (2, 80, 0),
    "category": "Object",
}

import bpy


class ObjectMoveX(bpy.types.Operator):
    """My Object Moving Script"""      # Use this as a tooltip for menu items and buttons.
    bl_idname = "object.move_x"        # Unique identifier for buttons and menu items to reference.
    bl_label = "Move X by One"         # Display name in the interface.
    bl_options = {'REGISTER', 'UNDO'}  # Enable undo for the operator.

    def execute(self, context):        # execute() is called when running the operator.

        # The original script
        scene = context.scene
        for obj in scene.objects:
            obj.location.x += 1.0

        return {'FINISHED'}            # Lets Blender know the operator finished successfully.

def register():
    bpy.utils.register_class(ObjectMoveX)


def unregister():
    bpy.utils.unregister_class(ObjectMoveX)


# This allows you to run the script directly from Blender's Text editor
# to test the add-on without having to install it.
if __name__ == "__main__":
    register()

bpy.types.Operatorクラスを継承したObjectMoveXクラスを作成して、bl_idname, bl_label, bl_optionsに各種情報の記述、execute関数にさっきの処理を記述している。
register関数でObjectMoveXクラスのロード、unregister関数でアンロードしている。

このコードをBlenderのTextエディタにコピペして実行ボタンを押すと、今回は処理が実行されず、このOperator Add-onの登録だけが行われる。
処理を実行するには、Operator Searchメニューで“Move X by One”(bl_labelに記述した名前)と入力してEnterキーを押す。すると先ほどと同様の処理が実行される。

このAdd-onコードを拡張子.pyのファイルに保存して、BlenderのPreferencesからAdd-ons→Install…で指定すればAdd-onとしてインストールできる。

BlenderのAPI

コード中にbpyと書いていたBlenderのAPIは、公式のドキュメントオーバービュークイックスタートもあるし、各モジュールの詳細も載っている。

だけど、BlenderNationにあったこちらの動画で紹介されているように、Blender上で各種操作を行って、その操作のコマンドをコピペして把握する方が習得が速そう↓



操作が全部コマンドとして出力されるのはMayaのMELと似ていますね。
またBlenderのtextエディタから各種Add-onのテンプレートが呼び出せるようです。


スポンサーリンク

関連記事

WebGL開発に関する情報が充実してきている
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
Verilog HDL
ZBrush 2018へのアップグレード
Boost オープンソースライブラリ
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Quartus II
ラクガキの立体化 反省
ZBrushの練習 手のモデリング
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
OpenMayaのPhongShaderクラス
3DCG Meetup #4に行ってきた
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
Oculus Goを購入!
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
なんかすごいサイト
ラクガキの立体化

コメント