Blenderでよく使うaddon

Blender 2.82がリリースされましたね。

Blender 2.82 – Features Showcase

アップデートのペースが速い。2.82からは流体シミュレーションのエンジンがMantaflowになったらしい。


スポンサーリンク


バージョンアップの度にアドオンをインストールし直しているので、いつも入れているアドオンをメモしておく↓

  • Maya Config:Blenderのビューポート操作をMaya風にするアドオン
  • TexTools for Blender:テクスチャのUV操作を拡張するアドオン
  • Photographer:カメラ・ライト設定を写真家フレンドリーにするアドオン
  • Bool Tool:ブール演算アドオン
  • GoB:ZBrushと連携するためのアドオン

Bool Toolは標準アドオンだし、GoBも結局そんなに使ってないけど。



ついでに初期設定の方法もメモしておく↓

起動時のスプラッシュを非表示にする

メニューからEdit → PreferencesでBlender Preferencesウィンドウを開き、Interfaceを選択、Display内のSplash Screenのチェックを外す。



スポンサーリンク

起動時のCubeを無効にする

Blender起動時の標準のシーンの状態から


Cubeを削除する。(ここではカメラやライト、コレクションも削除している)



メニューのFile → Defaults → Save Startup Fileで保存する。


UIの日本語化

Blender PreferencesウィンドウでInterfaceを選択、Translation内のLanguageをJapaneseに変更し、Tooltips, New Data, Interfaceにチェックを入れるとUIが日本語に切り替わる。


Python環境

あと、Python環境の話も↓



スポンサーリンク

関連記事

UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Ambient Occlusionを解析的に求める
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
Mayaのシェーディングノードの区分
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
タマムシっぽい質感
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
日本でMakersは普及するだろうか?
この本読むよ
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
Maya 2015から標準搭載されたMILA
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ZBrush 2018での作業環境を整える
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
プログラムによる景観の自動生成
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
ZBrush 2018へのアップグレード
Stanford Bunny
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
BlenderのRigifyでリギング
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
3D復元技術の情報リンク集
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
デザインのリファイン再び
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
Maya LTのQuick Rigを試す
ZBrushでリメッシュとディティールの転送

コメント