Blenderでよく使うaddon

Blender 2.82がリリースされましたね。



アップデートのペースが速い。2.82からは流体シミュレーションのエンジンがMantaflowになったらしい。


スポンサーリンク


バージョンアップの度にアドオンをインストールし直しているので、いつも入れているアドオンをメモしておく↓

  • Maya Config:Blenderのビューポート操作をMaya風にするアドオン
  • TexTools for Blender:テクスチャのUV操作を拡張するアドオン
  • Photographer:カメラ・ライト設定を写真家フレンドリーにするアドオン
  • Bool Tool:ブール演算アドオン
  • GoB:ZBrushと連携するためのアドオン

Bool Toolは標準アドオンだし、GoBも結局そんなに使ってないけど。



ついでに初期設定の方法もメモしておく↓

起動時のスプラッシュを非表示にする

メニューからEdit → PreferencesでBlender Preferencesウィンドウを開き、Interfaceを選択、Display内のSplash Screenのチェックを外す。



スポンサーリンク

起動時のCubeを無効にする

Blender起動時の標準のシーンの状態から


Cubeを削除する。(ここではカメラやライト、コレクションも削除している)



メニューのFile → Defaults → Save Startup Fileで保存する。


UIの日本語化

Blender PreferencesウィンドウでInterfaceを選択、Translation内のLanguageをJapaneseに変更し、Tooltips, New Data, Interfaceにチェックを入れるとUIが日本語に切り替わる。


Python環境

あと、Python環境の話も↓



スポンサーリンク

関連記事

Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ZBrushのZScript入門
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
顔モデリングのチュートリアル
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
Mayaのシェーディングノードの区分
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
AfterEffectsプラグイン開発
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 腕の作り込み
Open Shading Language (OSL)
Physically Based Rendering
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
色んな三面図があるサイト
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Unite 2014の動画
ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
ラクガキの立体化 目標設定
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
Mayaのプラグイン開発
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
MFnDataとMFnAttribute
UnityでLight Shaftを表現する
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Subsurface scatteringの動画
BlenderのRigifyでリギング
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム

コメント