Blenderでよく使うaddon

Blender 2.82がリリースされましたね。

Blender 2.82 – Features Showcase

アップデートのペースが速い。2.82からは流体シミュレーションのエンジンがMantaflowになったらしい。


スポンサーリンク


バージョンアップの度にアドオンをインストールし直しているので、いつも入れているアドオンをメモしておく↓

  • Maya Config:Blenderのビューポート操作をMaya風にするアドオン
  • TexTools for Blender:テクスチャのUV操作を拡張するアドオン
  • Photographer:カメラ・ライト設定を写真家フレンドリーにするアドオン
  • Bool Tool:ブール演算アドオン
  • GoB:ZBrushと連携するためのアドオン

Bool Toolは標準アドオンだし、GoBも結局そんなに使ってないけど。



ついでに初期設定の方法もメモしておく↓

起動時のスプラッシュを非表示にする

メニューからEdit → PreferencesでBlender Preferencesウィンドウを開き、Interfaceを選択、Display内のSplash Screenのチェックを外す。



スポンサーリンク

起動時のCubeを無効にする

Blender起動時の標準のシーンの状態から


Cubeを削除する。(ここではカメラやライト、コレクションも削除している)



メニューのFile → Defaults → Save Startup Fileで保存する。


UIの日本語化

Blender PreferencesウィンドウでInterfaceを選択、Translation内のLanguageをJapaneseに変更し、Tooltips, New Data, Interfaceにチェックを入れるとUIが日本語に切り替わる。


Python環境

あと、Python環境の話も↓



スポンサーリンク

関連記事

After Effects全エフェクトの解説(6.5)
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
PolyPaint
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
マイケル・ベイの動画の感覚
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
ZBrushのお勉強
ラクガキの立体化 胴体の追加
Open Shading Language (OSL)
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Unreal Engineの薄い本
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
UnityのAR FoundationでARKit 3
ファンの力
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
デザインのリファイン再び
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ラクガキの立体化
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ZBrushでカスタムUIを設定する
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
マジョーラ
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
OpenMayaのPhongShaderクラス
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
TVML (TV program Making language)
Mayaのレンダリング アトリビュート
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
Oculus Goを購入!
AfterEffectsプラグイン開発

コメント