Blenderでよく使うaddon

Blender 2.82がリリースされましたね。

Blender 2.82 – Features Showcase

アップデートのペースが速い。2.82からは流体シミュレーションのエンジンがMantaflowになったらしい。


スポンサーリンク


バージョンアップの度にアドオンをインストールし直しているので、いつも入れているアドオンをメモしておく↓

  • Maya Config:Blenderのビューポート操作をMaya風にするアドオン
  • TexTools for Blender:テクスチャのUV操作を拡張するアドオン
  • Photographer:カメラ・ライト設定を写真家フレンドリーにするアドオン
  • Bool Tool:ブール演算アドオン
  • GoB:ZBrushと連携するためのアドオン

Bool Toolは標準アドオンだし、GoBも結局そんなに使ってないけど。



ついでに初期設定の方法もメモしておく↓

起動時のスプラッシュを非表示にする

メニューからEdit → PreferencesでBlender Preferencesウィンドウを開き、Interfaceを選択、Display内のSplash Screenのチェックを外す。



スポンサーリンク

起動時のCubeを無効にする

Blender起動時の標準のシーンの状態から


Cubeを削除する。(ここではカメラやライト、コレクションも削除している)



メニューのFile → Defaults → Save Startup Fileで保存する。


UIの日本語化

Blender PreferencesウィンドウでInterfaceを選択、Translation内のLanguageをJapaneseに変更し、Tooltips, New Data, Interfaceにチェックを入れるとUIが日本語に切り替わる。


Python環境

あと、Python環境の話も↓



スポンサーリンク

関連記事

ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
Maya 2015から標準搭載されたMILA
NVIDIA GeForce RTX 3080を購入
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ラクガキの立体化 モールドの追加
タマムシっぽい質感
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
Blender 2.8がついに正式リリース!
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
clearcoat Shader
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ゴジラの造形
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
CGのためのディープラーニング
UnityでARKit2.0
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
MFnMeshクラスのsplit関数
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
日本でMakersは普及するだろうか?
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
Adobe Photoshop CS5の新機能
ラクガキの立体化 目標設定
Paul Debevec
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Unreal Engine 5の情報が公開された!
トランスフォーマーロストエイジのメイキング

コメント