Blenderでよく使うaddon

Blender 2.82がリリースされましたね。

Blender 2.82 – Features Showcase

アップデートのペースが速い。2.82からは流体シミュレーションのエンジンがMantaflowになったらしい。


スポンサーリンク


バージョンアップの度にアドオンをインストールし直しているので、いつも入れているアドオンをメモしておく↓

  • Maya Config:Blenderのビューポート操作をMaya風にするアドオン
  • TexTools for Blender:テクスチャのUV操作を拡張するアドオン
  • Bool Tool:ブール演算アドオン
  • GoB:ZBrushと連携するためのアドオン

Bool Toolは標準アドオンだし、GoBも結局そんなに使ってないけど。



ついでに初期設定の方法もメモしておく↓

起動時のスプラッシュを非表示にする

メニューからEdit → PreferencesでBlender Preferencesウィンドウを開き、Interfaceを選択、Display内のSplash Screenのチェックを外す。



スポンサーリンク

起動時のCubeを無効にする

Blender起動時の標準のシーンの状態から


Cubeを削除する。(ここではカメラやライト、コレクションも削除している)



メニューのFile → Defaults → Save Startup Fileで保存する。


UIの日本語化

Blender PreferencesウィンドウでInterfaceを選択、Translation内のLanguageをJapaneseに変更し、Tooltips, New Data, Interfaceにチェックを入れるとUIが日本語に切り替わる。


Python環境

あと、Python環境の話も↓



スポンサーリンク

関連記事

頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
clearcoat Shader
Mayaのシェーディングノードの区分
HD画質の無駄遣い その2
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Paul Debevec
CGのためのディープラーニング
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
PolyPaint
MeshroomでPhotogrammetry
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
生物の骨格
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
シン・ゴジラのファンアート
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
ZBrush 2018での作業環境を整える
立体視を試してみた
タマムシっぽい質感
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ラクガキの立体化 胴体の追加
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ファンの力
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』

コメント