『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された

久しぶりに映画「シン・ゴジラ」関連情報。

シン・ゴジラの第二、第三形態のコンセプトアニメーションを担当したBIG FOOTのページでメイキング動画が公開された。

About | BIG FOOT

映画『シン・ゴジラ』で制作されたコンセプトアニメーションの一部です。
各形態の動きは脚本から作品のコンセプトを読み解き、動きを決めていきました。
さらに、監督陣からの様々なコメントを元にコンセプトを固め、第二形態の動きは”津波・地震プレート・無垢”をコンセプトに仕上げました。
第三形態は”進化・生まれたて・無垢”をコンセプトに動きを付けました。これらの動きは今回プレビズを通して本編にほぼ使われており、コンセプトアニメーションの有用性を証明出来たかと思います。


スポンサーリンク

BIG FOOTの熊本周平さんは先日のCGWORLDのニコ生にも登場していましたね。




スポンサーリンク


BIG FOOTのページでは「『演技・動きの方向性』を統一させる」役割を持つコンセプトアニメーションという概念の重要性について説明されている。

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ


スポンサーリンク

関連記事

CEDEC 3日目
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 眼の塗装
ゴジラ誕生祭 スピンオフ 池袋HUMAXシネマズ ゴジラまつり
S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) は7月1日予約開始
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
映画『ゴジラ-1.0』を4DX SCREENで鑑賞 (ネタバレあり)
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
サンプルコードにも間違いはある?
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュアが新たなカラーリングで登場
ゴジラ トレーディングバトル
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
映画『ゴジラxコング 新たなる帝国』を観た
UnityのAR FoundationでARKit 3
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
NICOGRAPHって有名?
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
UnityでARKit2.0
S.H.MonsterArts ゴジラ(2014)
海外ドラマのChromaKey
MeshroomでPhotogrammetry
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
映画『大怪獣のあとしまつ』を観た (ネタバレ無し)
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
シン・ゴジラの最新予告篇映像が解禁されたぞ!
積みキット進捗
2016年 観に行った映画振り返り
ゴジラムービースタジオツアー
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
今年も怪獣大進撃

コメント