酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装

前回の記事。↓

塗装途中で長らく放置していた酒井ゆうじ造型工房の「20cm ビオゴジ出現」です。1年以上経ってますね。 工作を終えて塗装に入ったけど、眼の塗装に失敗した状態で心が折れていたのです。 ビオゴジ独特の暗い虹彩が上手く...

この「20cm ビオゴジ出現」キットを長らく放置していた1番大きな理由は、平成VSシリーズのゴジラの眼の虹彩が複雑で難しかったから。実際、1度塗るのに失敗しましたからね。
プランを立て直してリベンジなのです。

眼の部分の塗料を落とし、地のレジンがむき出しになっている状態

眼の部分の塗料を落とし、地のレジンがむき出しになっている状態



眼だけでなく、その周りの塗料もちょっと落ちちゃったけど、後から塗り足すつもりなのであまり気にしない。


スポンサーリンク



前回立てたプランをベースに、仕上がりを見ながら色のバランスを調節しながら塗っていく。レジンの地の色を白目として、まず虹彩のベース色(最も明るい色)を塗る。
Mr.カラー(ラッカー系)のクリアーオレンジ + ブラウン + ブラックでややにごったクリアーブラウンを作ってみる。

虹彩のベース色

これを虹彩のベース色として眼の瞳にあたる部分に塗る。例のごとく、溶剤少な目で塗料にやや粘りを持たせ、筆ではなく極細タイプの綿棒でポテッと塗りました。

虹彩のベース色をのせる

あんまり透明感が出なかったな。ブラックじゃなくてスモークグレーを使えばよかったかも。。。

2層目は虹彩の縁を作る。タミヤカラーアクリル塗料(アクリル系)のクリアーオレンジ + レッドブラウン + ブラックで暗いけどブラックじゃない色を作り、さっき塗った色よりも一回り大きめに瞳を描く。

瞳の縁となる色を塗る

それが乾いたら瞳の中心部分をアクリル系の溶剤で溶かし、ベース色が露出するように拭き取る。ここで、虹彩と縁の境界が良い感じにボケるように、少しにじんだ感じに塗料を溶かす。

虹彩と縁の境界がボケるように溶かす

あれ、ちょっと両目の焦点がズレてるか?

タミヤカラーアクリル塗料(アクリル系)のブラックで瞳を塗る。

瞳にブラックを塗る

タミヤカラーエナメル塗料(エナメル系)のスモーク + クリアーオレンジ + クリアーレッドでクリアーブラウンを作り、眼全体をコーティング。

クリアーブラウンでコーティング

まだちょっと明るい感じだな。もっと暗くして、眼の表情が分かりにくいぐらいがビオゴジ感が出る気がするので、さらに眼全体にタミヤカラーエナメル塗料(エナメル系)のスモークを塗る。

さらにスモークを塗る

というか両目の焦点が合ってないのがやっぱり気になるな。角度を変えて見ても、何か正面を見ているように見えない。。。

別の角度から

白目の範囲が多過ぎる気もする。これは、また失敗か。。。
色味ももっと水彩法っぽい感じで色を重ねて深みを出す感じにしたい。クリアー系の塗料だけを使ってまたやり直そう。クリアー系を前提にしたら、ベースはもっと明るい色で始めた方が良いか。

次はもっとしっかりと資料を見て虹彩の大きさのバランスを取りながら塗ろうと思う。ゴジラVSビオランテだけに特化した書籍が12月に出るらしいし、それまで待とうかな。


スポンサーリンク

関連記事