バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 後ハメ加工

仮組みしながら大まかな段取りは決まった。



こちらの記事を参考に後ハメ加工していく↓
http://plamotukuruyo.blog65.fc2.com/blog-entry-254.html

後ハメ加工で、パーツの合わせ目を消すことと、塗装作業のやり易さを両立する。


スポンサーリンク

頭部パーツ

頭部は、前後分割の白いパーツが赤いフェイスパーツを挟み込む形になっている。



これを、白いパーツを先に接着・合わせ目を消して、後から赤いフェイスパーツを差し込めるように加工する。

赤いフェイスパーツは左右の突起を削り込む。



白いパーツは、下から赤いフェイスパーツを差し込めるように、下側の干渉部を削り落とす。


胴体パーツ

胴体は、前後分割の青い胸パーツが赤い腰パーツを挟み込む形になっている。
これを、青い胸パーツと赤い腰パーツを固定するピンを切断して固定は接着前提にし、青い胸パーツの前後を先に接着・合わせ目消しできるようにする。



スポンサーリンク

上腕パーツ

腕は、白い上腕パーツがグレーの肘パーツを挟み込む形になっている。
これを、白い上腕パーツ側のダボを削り、グレーの肘パーツ側のピンを切断して固定は接着前提にする。白い上腕パーツを接着・合わせ目消し後に、グレーの肘パーツを差し込んで接着固定する方式に変更。


スネパーツ

スネは、白い装甲パーツがグレーのフレームパーツを挟み込む形になっている。
これを、白い装甲パーツ側のダボを削り、グレーのフレームパーツ側のピンを短く切断して、白い装甲パーツの接着・合わせ目消し後にグレーのフレームパーツを差し込めるように加工する。





後ハメ加工ができるのはこれぐらいか。
あ!頭部パーツのボールジョイントの受けを気にせず切り飛ばしてしまった。
接着・表面処理の前にこれのリカバーを考えないと。。。

全工程をこちらの記事にまとめています↓



スポンサーリンク

関連記事

ゴジラ三昧
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
ミニ四駆ブーム?
HG 1/144 ガンダムバルバトス 塗装を想定した加工
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り 再挑戦
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型を作る
機動武闘伝Gガンダム
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが7月に再販
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 完成
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型の型取り・複製
S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンズ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製 やり直し
ワンダーフェスティバル2021[冬]はWeb開催
積みキットの下地処理
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 表面処理
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 影のベース塗装
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
デジタル写真のRAW現像と銀塩写真の現像の感覚
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
『魂ネイション2015』に行ってきた
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 眼の塗装
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 完成
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 爪の塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン コックピットの塗装
平成ガメラ
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
酒井ゆうじ造型工房 23cm シン・ゴジラ レジンキットが届いた!

コメント