バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 後ハメ加工

仮組みしながら大まかな段取りは決まった。



こちらの記事を参考に後ハメ加工していく↓
http://plamotukuruyo.blog65.fc2.com/blog-entry-254.html

後ハメ加工で、パーツの合わせ目を消すことと、塗装作業のやり易さを両立する。


スポンサーリンク

頭部パーツ

頭部は、前後分割の白いパーツが赤いフェイスパーツを挟み込む形になっている。



これを、白いパーツを先に接着・合わせ目を消して、後から赤いフェイスパーツを差し込めるように加工する。

赤いフェイスパーツは左右の突起を削り込む。



白いパーツは、下から赤いフェイスパーツを差し込めるように、下側の干渉部を削り落とす。


胴体パーツ

胴体は、前後分割の青い胸パーツが赤い腰パーツを挟み込む形になっている。
これを、青い胸パーツと赤い腰パーツを固定するピンを切断して固定は接着前提にし、青い胸パーツの前後を先に接着・合わせ目消しできるようにする。



スポンサーリンク

上腕パーツ

腕は、白い上腕パーツがグレーの肘パーツを挟み込む形になっている。
これを、白い上腕パーツ側のダボを削り、グレーの肘パーツ側のピンを切断して固定は接着前提にする。白い上腕パーツを接着・合わせ目消し後に、グレーの肘パーツを差し込んで接着固定する方式に変更。


スネパーツ

スネは、白い装甲パーツがグレーのフレームパーツを挟み込む形になっている。
これを、白い装甲パーツ側のダボを削り、グレーのフレームパーツ側のピンを短く切断して、白い装甲パーツの接着・合わせ目消し後にグレーのフレームパーツを差し込めるように加工する。





後ハメ加工ができるのはこれぐらいか。
あ!頭部パーツのボールジョイントの受けを気にせず切り飛ばしてしまった。
接着・表面処理の前にこれのリカバーを考えないと。。。

全工程をこちらの記事にまとめています↓



スポンサーリンク

関連記事

酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装
バンダイ 1/12 グリーヴァス将軍 サフレス塗装
プラモデルのパチ組み
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身の塗装
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム グラデーション塗装
S.H.MonsterArts 輝響曲 ゴジラ(1989)
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 エポキシ接着剤でパーツの接着
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
ミニ四駆のラジコン化情報
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
Zウィングマグナム
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
ビオゴジがついにS.H.MonsterArts化!
ふなっしーのプラモデル
海洋堂の20cm ガメラ ソフビキットも再販
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 眼の周りのレタッチ
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
大人の知識で玩具の改造
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内の改造
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その2
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツのバリ取り・脱脂
ゴジラ三昧
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
バンダイ『Human size ゴジラ (1991北海道ver.)』の詳細が発表された
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 つや消し失敗!?
最近のフィギュアの製造工程
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の注型
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
トレジャーフェスタ・オンライン
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く
GMKゴジラの口接着
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. LEDテープで面光源を作る
エアブラシの思い出
スター・ウォーズ ビークルモデル『レイザー・クレスト』 マスキング・シルバー塗装

コメント