ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 墨入れ

マーキングを含めた基本の塗装が終わったので、いよいよ演出的な塗装に入る。影や凹凸を強調したり、汚しを入れたりする作業ね。



これだけ細かいモールドだらけのスターウォーズメカなので、墨入れすると一気に情報量が増えて印象が大きく変わるはずなのです。一応、プランとしては墨入れで凹部分に影(1番暗い色)を入れて、その上から汚しをしていく予定。

ここではタミヤカラー エナメル塗料のフラットブラックを使用。ベース塗装のラッカー系塗料や、マーキング塗装に使ったアクリル系の塗料を溶かさずに済みます。
本来の墨入れは凹部分だけ塗ってから拭き取るんだけど、このミレニアムファルコンはもう全体的に細かい凹凸だらけなので全体的に塗ってしまう。

真っ黒だったのでカメラの露出がおかしくなって白飛びした。

全体にエナメル塗料のフラットブラックを塗る

注意点として、エナメル塗料の溶剤は他の溶剤と比べてプラスチックを侵食しやすいので、あんまりジャブジャブ使うとプラスチックにひびが入ってしまうので気をつけましょう。


スポンサーリンク


裏も同様にエナメル塗料のフラットブラックを塗りたくる。

裏面もエナメルのフラットブラックを塗る

エナメル塗料の溶剤を含ませた綿棒で拭き取っていく。拭き取りついでに大きなパーツも接着していく。パーツのつなぎ目付近にフラットブラックが残るようにしたいのです。

溶剤で拭き取っていく

いわゆるウォッシングなら、ある程度凹部分以外にも塗料が残るように粗く拭き取るんだけど、今回はベース塗装の時点でエアブラシによる陰影が入っているので、それを殺さないように凹以外の部分はしっかり拭き取る方向で。

裏も拭き取る

アンテナ等のパーツも個別に墨入れが済んだら接着して、パーツのつなぎ目に墨入れしていく。

アンテナも墨入れ

凹面以外に跡が残らないようにしっかり拭き取る。

裏面もしっかり拭き取る

ここでやっぱりマーキング塗装の失敗跡が気になってしまったので、ちょっとレタッチ。薄らとアクリル塗料のはみ出し後が残っている部分に、ハイライト色として使ったMr.カラー ライトグレー FS36495を、ドライブラシのような感じで凸面だけに乗るように塗る。

ちょっとレタッチ

ベースのグラデーション塗装と違うから逆に明るく目立ってしまった感もある。。。

むしろレタッチ跡が目立つような…

ここで、やっとキャノピーパーツが登場。

キャノピーの枠塗装

以前、付属のマスキング用シールでマスキングしたけど、結局塗装に失敗したので筆塗で窓枠だけ塗り直しました。。。
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マスキング・表面処理
前回は積んでたキットを発掘して現状を確認するだけで終わってしまった(笑)説明書をざっと最後まで読んで、どのパーツが最終的にはどうなるのかを大体把握した上で塗装プランを考える。幸い、このキットはディティールの割にパーツ数が少ないのと、ほ...


銃座のパーツにキャノピーを接着して墨入れ。窓枠の色がやたら明るいですね。。。

銃座にキャノピーを取り付ける

さらに銃を接着して墨入れ。銃の先が細いのでエナメル塗料の溶剤で割れたりしないように注意。窓枠の明るさは、ややウォッシング気味にしてごまかす。

細い銃

さて、まだ上側と下側のパーツは接着していないんだけど、ここでちょっとギミックを仕込んでみる。
このファインモールドのミレニアムファルコンは、着陸状態を再現するための5本の足と、飛行(足格納)状態を再現するためのカバーが選択式になっている。どうせならこの2つの状態を手軽に差し替えられるようにしたいので、カバーパーツを磁石で固定できるようにする。使用するのは模型用のネオジム磁石というもの。↓

ネオジム磁石角形 1mmー4mmー高さ1mm(10個入)

この磁石をミレニアムファルコンの裏面パーツの裏側の足部分に瞬間接着剤で接着する。↓

ネオジム磁石を仕込む

磁石を使うのは初めてだから上手く行くかどうかはわからないけど、上側と下側のパーツを接着しちゃった後に後悔するよりは、今のうちに仕込んでおいた方が良いと思って。

さて、墨入れは大体OKだと思うので次回はウェザリング(汚し)に入る。

スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン (1/144 プラスチックモデル組み立てキット SW11)

制作記事まとめページ↓
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン
学生の頃に購入してから5年ほど、サーフェイサーを吹いただけで積んでいたキット。新作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が公開され、テンションが再燃して制作を再開した。新作の公開に合わせて同スケールでもっと組み立てやすいバンダイのキ...


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 表面処理
恐竜造形の指南書
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
顔のモデリング
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その4
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. LEDテープで面光源を作る
東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) ソフビ組立キット
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 完成
メカコレクション ジェットビートル 一部組立・表面処理
GMKゴジラ完成!
円谷コンベンション2019の円谷ワンフェスに行ってきた
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
ゴジラ2000ミレニアム 完成 その2
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
ゴジラ2000ミレニアムのつや消し仕上げ
黒歴史
GMKゴジラの口の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内の改造
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
模型制作の環境を考える
『機動戦士ガンダム展』に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
トレジャーフェスタ・オンライン
映像ビジネスの未来
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの接着・パテ埋め
ワンダーフェスティバル2016[夏]に行ってきた
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが7月に再販
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 仕上げ
ゴジラの造形
プラカラーストック:模型塗料を管理できるスマホアプリ
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 完成
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ウェザリング
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 身体の電飾

コメント