Zウィングマグナム

ついZウィングマグナムを買ってしまった。これはオイラが小学生の頃にコロコロコミックで連載していたマンガ「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の主人公 星馬兄弟の弟 豪の使うミニ四駆「マグナム」の最新の後継機なのだ。
オイラ昔からマグナム派で、マグナム系全部買ってたよ。

フルカウルミニ四駆 Zウイングマグナム(ARシャーシ)

価格:1,080円(税込)

シャフトドライブ四輪駆動を採用した高性能レーサーのプラスチックモデル組み立てキットです。ボディカラーはホワイト。マーキング用ステッカーはメタル調です。シャーシは強度が高いモノコック構造のARを採用。本体はメタリックグレイのABS樹脂製。アンダーパネルやディフューザーはブラックの低摩擦樹脂製。蛍光グリーンの5本スポークホイールに、直径26mmのローハイトタイヤを装着。3.5:1の超速ギヤ、モーターつき。



最新の後継機ってのはどういうことかっていうと、コロコロコミックを卒業した年代向けのコロコロアニキで「爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers!!」という続編が登場したのである。


スポンサーリンク


その続編に登場する新しいミニ四駆がZウィングマグナムなのだ。この続編、大人になった星馬豪(職業はレーサー)が登場し、豪の息子(!)翼の使うミニ四駆がZウィングマグナム

さて、商品の方は、シャーシに最新のARシャーシを採用し、ボディを外さずに電池交換が可能。ボディの成型色は白で、グレー部分はシールでの再現となる。また、ボディ内側のリブ根元にそってグレーの部分をカットすればマンガに登場する「ウイングマグナム」が再現可能。


スポンサーリンク
ミニ四駆】Zウイングマグナム&ウイングマグナム作ってみた

ミニ四駆って、今や大人しかやってないよね。

二ツ星駆動力学研究所(1) (ヤングジャンプコミックス)二ツ星駆動力学研究所 2 (ヤングジャンプコミックス)


スポンサーリンク

関連記事

酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口の塗装と接着
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 墨入れ・クリアーコート
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
マジョーラ
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理
顔のモデリング
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
『機動戦士ガンダム展』に行ってきた
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン コックピットの塗装
東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) ソフビ組立キット
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 眼の塗装
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
メカコレクション ジェットビートル クリアーホワイトを重ね吹き
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれの塗装
海洋堂の20cm ガメラ ソフビキットも再販
模型用塗料の収納問題
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 背びれの塗装・接着
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.01 科学特捜隊 ジェットビートル 完成
ゴジラのガレージキット組み立て動画
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 瞬間接着剤でパーツの接着
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 墨入れ
積みキットの下地処理
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』眼の塗装のやり直し
光学式マウスのセンサーを応用すると…
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 表面処理・下地塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 仮組み
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 眼の塗装
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 歯茎の境界に影を入れる
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』眼の塗装
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ウェザリング
ゴジラ2000ミレニアム 完成 その2
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型を作る
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
顔モデリングのチュートリアル
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ

コメント