スター・ウォーズ ビークルモデル『レイザー・クレスト』 キャノピー部のレタッチ

前回、全体にシルバーを吹いた。



乾いたので、さあキャノピー部分のマスキング(というかシール)を剥がそう。



マスキングテープを使わずに普通のシールを流用してしまったので、やはり粘着力が強くてはがすのに苦労する。


スポンサーリンク


そして、粘着部分が残ってしまい、凸凹してしまった。。。



粘着を隠すため、上からタミヤカラーアクリル塗料のブラックでレタッチしてみる↓



キャノピーが微妙だけど、とりあえずエンジン部を除いて胴体は全て組み上げてしまう↓



パーツ同士を接合するダボの精度が良いので、接着剤を使わなくてもしっかり固定される。
やっぱりキャノピー塗装の凸凹が気になるな。。。

800番の耐水ペーパーで、水を付けながらキャノピー表面を少し削ってみた↓



その後再びタミヤカラーアクリル塗料のブラックを塗り足す↓



う~ん、墓穴を掘ってしまったかな。。。
この後墨入れとかウォッシングでウェザリングを加えたら相対的に目立たなくなるだろうか。

気を取り直して、エンジンパーツのバーニア部分に色を乗せていこう。





タミヤカラーアクリル塗料のクリアーオレンジを少し溶剤多めで溶いて、エンジンの燃焼っぽさやオイル汚れ風に塗ってみる↓



そして、アクリル塗料の溶剤を含ませた綿棒で雑に拭き取り、凹部にだけ塗料を残す↓





後からさらにエナメル塗料でウォッシング・墨入れして、焼け錆、汚れの色味を足して複雑にして行く予定。

マーキングはシールを使おうか、塗装で再現しようかをどうしようか。

このキットの制作記事まとめページ↓
スター・ウォーズ ビークルモデル レイザー・クレスト
まだ組み立て途中… スター・ウォーズのスピンオフドラマシリーズ「マンダロリアン」に登場する主人公が乗る船 レイザー・クレストを再現したプラモデル。 通常版だけでなく、シルバーコーティングVer.も発売されたけど↓ 塗装で仕上げたいのでオイラ...


スポンサーリンク

関連記事

『酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアム』のドライブラシ
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
メカコレクション ウルトラホーク1号 墨入れ・コクピット塗装 そしてデカール貼り
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
S.H.Figuarts ウルトラマン シリーズ 始動!
映像ビジネスの未来
GMKゴジラの口の塗装
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
バンダイ 1/12 グリーヴァス将軍 サフレス塗装
酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアムの爪の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その3
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 完成!
シフトカーを改造する人達
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 爪の塗装・全身に黒のグラデーション塗装
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 墨入れ・クリアーコート
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
恐竜骨格のプラモデル
アオシマ 『MFS-3 3式機龍』 仮組み
まだまだ積んでるキット達
ゴジラのガレージキットの塗装
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マスキング・表面処理
積みキットの下地処理
ゴジラ 2000ミレニアム 完成
酒井ゆうじ造型工房 ゴジラ2000ミレニアム造形デザイン 口閉じバージョン 表面の洗浄
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
仮面ライダーの玩具
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
各種サイズの初代ウルトラマン(Cタイプ)フィギュア
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム グラデーション塗装
変身ベルト
メカコレクション ウルトラホーク1号 完成!
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の注型
ガワコス
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 背びれの塗装・接着
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 眼の周りのレタッチ
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュア
GMKゴジラ完成!
シン・ゴジラの雛型レプリカの予約受付開始
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 全身・腹甲のベース塗装
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 シルバー塗装・再び表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着

コメント