バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ

バンダイのメカコレクション 通称「メカコレ」のウルトラマンシリーズが発売されたので、完成品かと思って購入したらプラモデルだったでござるの巻。

シリーズ最初のラインナップはウルトラマンに登場する科学特捜隊のジェットビートル、ウルトラセブンに登場するウルトラ警備隊のウルトラホーク1号。

メカコレクション ウルトラマンシリーズ NO.01 ジェットビートル プラモデル

メカコレクション ウルトラマンシリーズ NO.02 ウルトラホーク1号 プラモデル

手のひらサイズでお値段もお手頃。今後このサイズでスターウォーズやマクロスなんかも展開していくらしい。


スポンサーリンク


組み立てキットだと知らずに箱を開けたらランナーとデカール状態で、どうりでお手頃価格なわけだと少し納得。(それでも出来は良いですけど)

メカコレ ジェットビートル開封

サイズや価格から漂う食玩っぽさと、水転写デカールから漂う古き良きプラモデル感。オイラの初めての水転写デカール体験はサンダーバード2号のプラモデルでしたね。

メカコレ ウルトラホーク1号開封

箱の上蓋の裏側が組立説明書になっているあたり、何とな食玩っぽい雰囲気。

ジェットビートルの組立説明書

ウルトラホーク1号の組立説明書

キットの成型色がシルバーなんだけど、ウエルドラインと呼ばれる色ムラが目立つので、ベースとなるシルバー単色は塗装した方が良さげ。

ジェットビートルのランナー状態のシルバーパーツ

その点、小さいしパーツ数も少ないので、塗装のプランも立てやすくてとっつきやすい。

塗装する際の色指定も箱裏に記載されている。

ジェットビートルの色指定

ジェットビートルの色指定



ウルトラホーク1号の色指定

ウルトラホーク1号の色指定



基本色は塗装して、マーキングはデカールを利用する方針で行こうと思う。幸い、デカールは色部分とマーキング部分が最初から別々になっている。

ジェットビートルのデカール

というか、全部デカールで仕上げようとしたら、デカールの上にデカールを貼ることになって逆に難しいんじゃないかな。

塗装も、説明書の色指定に従って混色するか、公式のこういう塗料を使う手もあるな。どうしようかな。↓

【ウルトラメカニックカラーセット 科特隊/ウルトラ警備隊 機体色】 #CTCS451// Mr.カラー 特色セット キャラクターカラー ULTRAMECHANIC 科特隊やウルトラ警備隊メカの塗装に Mr.ホビー

こういう500円ぐらいの価格帯で楽しめるとお財布にやさしくて良いね。昔のガンプラはこれぐらいの価格帯だったらしいけど、物価の上昇なのかターゲット年齢が上がったのか。
まずはジェットビートルから手を付けようと思う。

追記:制作記事のまとめページ作った。↓
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.1 ジェットビートル
バンダイの手のひらサイズ プラモデルシリーズから「ウルトラマン」に登場する科学特捜隊の主力メカ「ジェットビートル」が発売され、サイズもお値段もお手頃なので買ってみた。 初めてガイアノーツのガイアカラーを使って仕上げた。 ...

バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.2 ウルトラホーク1号
バンダイの手のひらサイズ プラモデルシリーズからウルトラマンシリーズの初期作品に登場するビークルが発売され、そのNo.2がこのウルトラホーク1号。 価格が500円で、パーツ数も少なくてお手軽なキット。なんだけど表面処理に気を遣...


スポンサーリンク

関連記事

S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) は7月1日予約開始
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
ジュラシック・パークのメイキング
ワンダーフェスティバル2016[夏]に行ってきた
顔モデリングのチュートリアル
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型を作る
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 口内の改造・塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 腹甲・甲羅の塗装
『シン・ゴジラ第4形態 雛型レプリカフィギュア』が届いた!
機動武闘伝Gガンダム
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 頭部の加工・口内の塗装
劇場版 『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』を観た
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュアが新たなカラーリングで登場
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 爪の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして接着
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』墨入れ・ウェザリング
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 エポキシ接着剤でパーツの接着
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
東京おもちゃショー2017
レジンキットの組み立て:パーツの洗浄〜バリ取り・接着まで
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼の塗装
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 眼の塗装
模型制作の環境を考える
手持ちの模型塗料を管理できるスマホアプリ『プラカラーストック』
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) ソフビ組立キット
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ウルトラ×ライダー
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マーキング塗装
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マスキング・表面処理
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人

コメント