ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工

前回は真鍮パイプを切り出して、パテで固定位置を合わせるところまでやった。



何度も言うけど、これを耳と呼んで良いのだろうか。

基部のパテが固まったので、まずはまだちょっとガタガタな真鍮パイプの切断面を紙やすりで整える。400番のペーパーで様子を見ながら削っていった。真鍮の粉が舞うのは嫌なので、水をつけて削りました。

断面のガタガタは無くなった

長さ的に、元のソフビのモールドよりも迫り出しているような気もするけど、まあ良いでしょう。


スポンサーリンク


次に、直径1mmのドリル刃を使い、ピンバイスで真鍮パイプの穴を広げる。奥まで全部穴を広げるんじゃなくて、ちょとだけ彫り込むぐらいにした方が精密なモールドっぽくなって良い感じ。奥まで全部やると脆くなっちゃうし。

穴をピンバイスで開口

ここで、パテで作った基部から透明アクリルのパーツを外す。(離型処理してなかったから外すのが意外と大変だった)
そして、パテと真鍮パイプの隙間に瞬間接着剤を流し込み、しっかりと固定。

ペリッと外す

基部と真鍮パイプの方には塗装に備えてメタルプライマーを塗る。

メタルプライマーを塗る

ここで使ったメタルプライマーはMr.メタルプライマーの「改」じゃない古い方。

Mr.メタルプライマー (ビンタイプ) MP242

手持ちのものがずーっと残ってるんですよ。メタルプライマーってそうそう減らないよね?

透明アクリルのパーツの方は、もう塗装に入ってしまう。

塗装の準備

ガイアカラーのクリアーレッドを目いっぱい吹いた。

ガイアカラーのクリアーレッドを吹いた

透明パーツを自作しようと決意しちゃったからだいぶ遠回りな工作も多かったけど、もうそろそろ普通の塗装作業に帰ってくる感じだな。
ここ最近天気が悪くて全然塗装日和じゃないのがちょっと困るけど。

続きは次回。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれ・下アゴパーツの軸打ち加工
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
ホビージャパン2016年10月号はシン・ゴジラ特集
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
ビリケン商会 メカゴジラⅡ ベースのシルバー塗装
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ゴジラ2000ミレニアム 完成 その2
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 欠けた牙の修復・口内の塗装
MeshroomでPhotogrammetry
まだまだ積んでるキット達
ミニ四駆ブーム?
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 眼の塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 瞬間接着剤でパーツの接着
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツの継ぎ目をエポキシパテで埋める
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
2017年 観に行った映画振り返り
ゴジラムービースタジオツアー
模型SNSまとめ
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 続・下地処理 ベース塗装
ゴジラの日
シフトカーの改造
GMKゴジラの口接着
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.01 科学特捜隊 ジェットビートル 完成
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
初代ゴジラもS.H.MonsterArts化!
今年も怪獣大進撃
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製 やり直し
小説『GODZILLA プロジェクト・メカゴジラ』読了(ネタバレ無し)
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
ワンダーフェスティバル2016[夏]に行ってきた
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
映像ビジネスの未来
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 墨入れ

コメント