シン・ゴジラ第四形態の造形

先日、CGのメイキング動画が公開され、映画に登場するCGのゴジラの全身像をじっくり見れるようになった。



こういうCGのゴジラのターンテーブル的な動画は原型師の皆さんにとって、最高の資料だと思う。

シン・ゴジラの雛型、CG、そして雛型のレプリカの造形について、ちょっと前にタナカケンイチさんが以下のようなツイートをしていた。



このツイートを見て、オイラもそれぞれの違いがちょっと気になってきた。


スポンサーリンク


ホビージャパン10月号の竹谷隆之氏インタビュー記事によると、竹谷氏が映画「シン・ゴジラ」のために手がけたゴジラ第四形態の造形物は以下の6つらしい。

  1. 形状検討用の1号雛型
  2. カラーリング検討用の2号雛型
  3. 目、後頭部の棘、首の肉盛りを修正した上半身雛型
  4. 口を開けた上半身雛型
  5. 演出検討用のスポンジ製ふにゃふにゃ人形
  6. ラストカット用の尻尾の先

上記のうち、1~4はその姿が公開されている。
1, 2は実物の展示、3, 4は公式記録集「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」のページ見本に写真が載っていた。

それらに加えて、1号雛型に対しての庵野総監督からのコメントを反映した造形物が、雛型レプリカの原型ということのようだ。あくまで監督のコメントを反映したもので、劇中に登場するCGモデルに近づけたわけではなさそう。
レプリカ商品は1号雛型風塗装のレジン版と、2号雛型風塗装のソフビ版の2種類あるけど、おそらく原型は同一のもの。

形状検討用の1号雛型

1号雛型は何度か展示される機会があったけど、ドコモラウンジの展示が1番見やすかったな。

シン・ゴジラ 1号雛型

シン・ゴジラ 1号雛型

カラーリング検討用の2号雛型

2号雛型も何度か展示されている。

シン・ゴジラ 2号雛型

シン・ゴジラ2号雛型 in ワンフェス

シン・ゴジラ2号雛型 in 横浜

新宿の伊勢丹で展示されてた2号雛型

目、後頭部の棘、首の肉盛りを修正した上半身雛型

こちらはまだ1度も展示されていない上半身雛型。

目、後頭部の棘、首の肉盛りを修正した上半身雛型

口を開けた上半身雛型

こちらも展示されたことがない口開け雛型。

口を開けた上半身雛型


スポンサーリンク

レジンキャスト製雛型レプリカ(1号雛型仕様)

こちらは夏のワンフェスで1度展示された。

シン・ゴジラ 1号雛型レプリカ




ソフトビニール製雛型レプリカ(2号雛型仕様)

ソフビ製の雛型レプリカについては、まだレジン製の塗装見本しか公開されていないので、実際にどこまで造形が再現されるのかは不明。

シン・ゴジラ 2号雛型 レプリカ

シン・ゴジラ2号雛型レプリカ 塗装見本



映画に登場するCGモデル

ちょっとおまけで、映画に登場するCGモデルについて。



映画に出てくるCGモデルは、1号雛型のスキャンデータをベースに、CG上でデザインの微修正や、スキャンでは拾えなかった表面のディティールや欠けた穴の修復が行われている。

雛型スキャンモデル~首太さ修正

おそらく、ZBrush上で表面のディティールを入れ直す過程で、スキャン元の雛形以上の情報密度の造形になったんだと思う。眼球のサイズも、雛型のバランスに比べてCGモデルの方は少し小さくなってるよね?
追記:公式記録集「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」によると、CGデータ上でもデザインの修正が続いたらしい。(眼球のサイズもそこで小さく修正された)
書籍『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』の発売日が2016年12月30日(金)に決定
7月29日公開の映画「シン・ゴジラ」の全てがわかるという公式記録集「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」の発売予定日が変更になり、当初の8月10日から8月29日へ延期となった。追記:さらに延期となり、9月20日発売になった(笑)その代わり(...




雛型の造形と劇中のCGゴジラを見比べると、情報密度だけでなく、その独特の立ち姿勢でかなり印象が違って見えている気がする。雛型の方はやや前傾姿勢で1歩前へ踏み出したポーズに造形されているけど、映画に登場するゴジラはかなり背筋(?)を伸ばした直立姿勢をしている。
歩く際も、上半身がほとんどブレずに姿勢を保っていて、雛型のポーズよりも足の踏ん張り感が印象的。これが野村萬斎の動きなのか。手のひらを上に向けるポーズが良く真似されてるけど、1番の特徴はこの重心移動だと思う。





直立姿勢で顔がやや下向きの視線なので、下あごが少し首に埋まる感じになって、首の太さ・長さが違って見える。そういえばGMKも仁王立ち姿勢で首がこんな感じになってたな。ギャレゴジも姿勢によって首まわりが太っちょに見えたりしてた。

直立姿勢になったことで首の角度が変わった

従来から怪獣デザインの課題として、肉食恐竜みたいな厚くガッシリとした下あごだと、人間のように直立姿勢にした場合にアゴが首と干渉して可動範囲がかなり狭くなってしまう問題があったけど、シン・ゴジラはこの姿勢でほとんど口動かさなかったからまるで気にならなかったな。咆哮やビームの時は姿勢が大きく変わってたし。あれは動と静のメリハリだったのかも。


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その4
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身の塗装
『株式会社カラー10周年記念展』を見てきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
ゴジラ トレーディングバトル
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 完成!
映画『GODZILLA』のゴジラ登場シーンだけをまとめた8分の動画
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
2016年 観に行った映画振り返り
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その2・尻尾の先端の塗装
アニメーション映画『GODZILLA』
ゴジラの口の色
アニメ版ゴジラのフィギュア情報が続々解禁
映画『ゴジラvsコング』を観てきた! (一応ネタバレ無し)
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
ゴジラ2000ミレニアムの眼の塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 爪の塗装・全身に黒のグラデーション塗装
GMKゴジラの爪の塗装
ワンダーフェスティバル2016[夏]に行ってきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その2
変形ロボットのデザイン
2018年 観に行った映画振り返り
シン・ゴジラのDVD&Blu-rayは2017年3月22日発売
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 完成
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. LEDテープで面光源を作る
酒井ゆうじ造型工房 23cm シン・ゴジラ レジンキットが届いた!
ぼくたちのトクサツ!
S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) は7月1日予約開始
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして接着

コメント