海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する

デスゴジの制作記事が1年半も空いてしまったね。



時間が経ち過ぎて、エポキシ樹脂で作った透明インナーパーツがすっかり黄ばんでしまっている(笑)



黄色い光で電飾する予定なので問題は無いはずだけど。




スポンサーリンク


制作が滞っている理由は色々とあるんだけど、そもそも電飾ギミックの組み込み方法もまだちゃんと解決していないのに、発煙ギミックも盛り込みたくなってしまったのです。

2年前にタカラトミーから発売された発煙ギミックを搭載したプラレールのきかんしゃトーマスみたいなことができないだろうかと↓

プラレール きかんしゃトーマス 蒸気がシュッシュッ! トーマスセット



要するに超音波加湿器の仕組みと同じで、水を細かいミストで噴射する様を煙に見立てるということ。
同様の仕組みでゴジラの火炎を模した加湿器もある↓

加湿王 ゴジラ

これをデスゴジの熱表現に応用できないだろうか。
と考えて調べていたら、Twitterでチャタラさんが模型用の擬似煙システムを作っていることを知った↓



超音波加湿器に使われている超音波振動子という部品を直接購入して工作しているらしい↓


スポンサーリンク

https://ameblo.jp/ver05729/entry-12335425840.html



電飾と上手く連動させると炎やバーニアからの噴射表現にもなるわけですね。





で、部品の調達や工作方法がよくわからなかったので、とりあえず量販店で買えるUSB給電の超音波加湿器を購入してみた。

トップランド ペットボトル加湿器 キューブ ホワイト

さて、どうやって分解しよう。



こちらのブログ記事で分解しているのと同じ機種のはずだけど↓
https://doggie2.blog.so-net.ne.jp/2016-02-18

ガッチリはまってて壊さずに開けられそうにないぞ。。。

このキットの制作記事まとめページを作りました↓



スポンサーリンク

関連記事

模型制作の環境を考える
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン コックピットの塗装
Optimus PrimeとJetfire
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その1
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
プラモデルのパチ組み
怪獣ガレージキット
顔モデリングのチュートリアル
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
『ゴジラと特撮美術の世界展』の公式図録
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼の塗装
変形ロボットのデザイン
バンダイ ミニプラ 特空機1号セブンガー パーツの接着・合わせ目消し
模型SNSまとめ
最近のフィギュアの製造工程
ゴジラ三昧
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』ベース塗装
2017年 観に行った映画振り返り
海洋堂の20cm ガメラ ソフビキットも再販
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 完成
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 甲羅の接着とパテ埋め
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 パーツの継ぎ目・気泡のパテ埋め
映画『ゴジラvsコング』を観てきた! (一応ネタバレ無し)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
映画『GODZILLA 怪獣惑星』を観た (ネタバレ無し)
アニゴジ関連情報
Artty Station:模型作業用のモジュール式収納システム
機動武闘伝Gガンダム
ホビージャパン2016年10月号はシン・ゴジラ特集
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 姿勢の変更
メカコレクション ジェットビートル メタリック塗装
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
『特撮のDNA 東京タワーSOS ゴジラ・モスラ・東宝特撮』を見てきた
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの接着・パテ埋め
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り 再挑戦
S.H.MonsterArts ゴジラ(2017)は8月1日予約開始!

コメント