海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する

デスゴジの制作記事が1年半も空いてしまったね。



時間が経ち過ぎて、エポキシ樹脂で作った透明インナーパーツがすっかり黄ばんでしまっている(笑)



黄色い光で電飾する予定なので問題は無いはずだけど。




スポンサーリンク


制作が滞っている理由は色々とあるんだけど、そもそも電飾ギミックの組み込み方法もまだちゃんと解決していないのに、発煙ギミックも盛り込みたくなってしまったのです。

2年前にタカラトミーから発売された発煙ギミックを搭載したプラレールのきかんしゃトーマスみたいなことができないだろうかと↓

プラレール きかんしゃトーマス 蒸気がシュッシュッ! トーマスセット

プラレール 蒸気がシュッシュッ!トーマスセット

要するに超音波加湿器の仕組みと同じで、水を細かいミストで噴射する様を煙に見立てるということ。
同様の仕組みでゴジラの火炎を模した加湿器もある↓

加湿王 ゴジラ

これをデスゴジの熱表現に応用できないだろうか。
と考えて調べていたら、Twitterでチャタラさんが模型用の擬似煙システムを作っていることを知った↓


スポンサーリンク
模型用の疑似煙システムを作成してみた

超音波加湿器に使われている超音波振動子という部品を直接購入して工作しているらしい↓

https://ameblo.jp/ver05729/entry-12335425840.html

擬似的な煙発生システムの試作1

電飾と上手く連動させると炎やバーニアからの噴射表現にもなるわけですね。

擬似的な煙発生システムの試作2



で、部品の調達や工作方法がよくわからなかったので、とりあえず量販店で買えるUSB給電の超音波加湿器を購入してみた。

トップランド ペットボトル加湿器 キューブ ホワイト

さて、どうやって分解しよう。



こちらのブログ記事で分解しているのと同じ機種のはずだけど↓
https://doggie2.blog.so-net.ne.jp/2016-02-18

ガッチリはまってて壊さずに開けられそうにないぞ。。。


スポンサーリンク

関連記事

シン・ゴジラ第四形態の造形
メカコレクション ジェットビートル メタリック塗装
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュアが新たなカラーリングで登場
ゴジラムービースタジオツアー
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 影のベース塗装
メカコレクション ジェットビートル クリアーホワイトを重ね吹き
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 ベース塗装
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
『ゴジラと特撮美術の世界展』の公式図録
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ ベースのシルバー塗装
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
変形ロボットのデザイン
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 頭部の加工・口内の塗装
書籍『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』の発売日が2016年12月30日(金)に決定
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型を作る
ドリフトパッケージナノとシフトカー
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
最近のフィギュアの製造工程
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
バンダイ HG 1/144 ガンダムバルバトス 完成
溶剤
メカコレクション ウルトラホーク1号 表面処理
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
2019年 観に行った映画振り返り
GMKゴジラの口接着
ホビージャパン2016年10月号はシン・ゴジラ特集
2016年 観に行った映画振り返り
大人の知識で玩具の改造
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その1
ビオゴジがついにS.H.MonsterArts化!
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成

コメント