バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 表面処理・下地塗装

大雑把な工作を終えたので、表面処理に入って行く。



まずはパーツにサーフェイサーを吹く。今回はMr.プライマーサーフェイサーをエアブラシで吹くことにした↓

Mr.プライマーサーフェイサー (ビンタイプ) 1000 SF287

手元にあったビンのサーフェイサーがたまたまプライマー入りだっただけで、別に普通のサーフェイサーで良いです。(エアブラシじゃなくて缶スプレーでも良い)

もともと、プラモデルはサーフェイサー無しで直接塗装してもちゃんと塗料が食いつきます。塗料の溶剤がプラモデル表面を少し溶かすので、そのまま溶着してくれる。
レジンのような素材はそのままでは塗料が食いつかないので、その下地処理としてサーフェイサーが重要な役割を果たします。

今回のようにプラモデルに吹くサーフェイサーの目的は、下地の色を均一にすること。
特に、表面の色をグレーに統一すると、人間の目で見て凹凸が分かりやすくなり、歪みや細かい傷を発見しやすくなる。また、下地の色を統一することでその上から塗る塗料の発色をコントロールできます。


スポンサーリンク


ということで、まずは全パーツにざっとサーフェイサーを吹いて表面の状態を確認しましょう。特に白いパーツは表面の状態が見えづらいので、グレーにして確認したい。




サーフェイサーを吹く

表面の状態を確認するために吹くサーフェイサーのことを「捨てサフ」と呼ぶ人もいますね。
サーフェイサーを何度も吹いてしまうと表面のモールドを潰してしまうこともあるけど、1000番ぐらいのきめの細かさならたぶん大丈夫。

プライマーサーフェイサーを吹いた↓





サフを吹いてみると、パーツ成形上発生してしまうヒケ、パーティングライン、ゲート跡、パーツ同士の接着の合わせ目が残っている箇所が結構見つかった。

ヒケや段差になっている合わせ目部分は、いったん溶きパテ(500番のサーフェイサー)を筆塗り。

【 サーフェイサー500 ビン入り 】 40ml csSF285/ 下地の目止め、キズの修正に適してます! Mr.ホビー

パーツ同士の段差が残っている合わせ目に溶きパテを塗る↓



溶きパテは、乾いて溶剤が揮発すると多少体積が減る(肉痩せする)ので、ちょっと多めに見えるぐらい塗っておきます。
パーツの接続ピン裏に発生したヒケ部分にも溶きパテを塗る↓



溶きパテが乾いたら、600番のサンドペーパーで削って均す。ゲート跡も合わせて削ってしまう。



この段階でのペーパーがけは、表面を磨くような感覚ですかね。



腕や脚パーツも結構ゲート跡や合わせ目が残っていた。









接着したパーツは大体磨く必要があった。サーフェイサーを吹かなければ気づかなかったな。



工作が丁寧な人は、この段階で浅くなっているモールドを彫り込んで深くする加工をするみたいです。(オイラはズボラなのでやりません)


スポンサーリンク

サーフェイサー・下地塗装

サンドペーパーをかけたので再びサーフェイサーを吹くわけですが、ここからはベースとなる下地塗装も兼ねたサーフェイサーを吹く。
今回は、グレーから白で立ち上げてその上からパール塗装したいので、暗いグレーのサーフェイサー メカサフ ヘヴィを使う。

ガイアノーツ モデラーズプロデュース NAZCAシリーズ メカサフ へヴィ 50ml 模型用塗料 NP001

このサーフェイサーの色をそのまま影色として利用する。

全パーツにメカサフ ヘヴィを吹く↓







一応、合わせ目跡などが消えていることも確認。(消えてなかったらまた表面処理からやり直しなので)







ん? うっすら残ってる? いや、これぐらいは気にしない(笑)



よし、下地塗装まで完了したので、次から本格的な塗装作業に入って行こう。

このキットの制作記事まとめページ↓



スポンサーリンク

関連記事

3DCGのモデルを立体化するサービス
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装
S.H.MonsterArtsから『ゴジラ(2016)第4形態覚醒Ver.』が出るぞ~!
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
ガレージキットのフィニッシャー
溶剤
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム パーツの接着・合わせ目消し
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの接着・パテ埋め
積みキットの下地処理
S.H.MonsterArtsをターンテーブルで
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 ベース塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼の塗装
変身ベルト
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
まだまだ積んでるキット達
S.H.MonsterArts GMKゴジラ(2001)届きました
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内の改造
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』ベース塗装
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
DeAGOSTINI『週刊 ゴジラをつくる』創刊
Photon Light Module System:スマホで制御できる照明・撮影ブースセット
バンダイ HG 1/144 ガンダムバルバトス 完成
アニゴジ関連情報
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 表面処理
ゴジラ三昧
デジタル写真のRAW現像と銀塩写真の現像の感覚
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 完成
『機動戦士ガンダム展』に行ってきた
各種サイズの初代ウルトラマン(Cタイプ)フィギュア
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 完成
ビリケン商会 メカゴジラⅡ メタルパーツの磨き上げ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
S.H.MonsterArts ゴジラ(2014)
『シン・ゴジラ第4形態 雛型レプリカフィギュア』が届いた!
S.H.MonsterArts 輝響曲 ゴジラ(1989)
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その1
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
GMKゴジラの口の塗装

コメント