S.H.MonsterArts ゴジラ (2016) 発売

予約してたS.H.MonsterArts ゴジラ(2016)が届いたぞ。
映画シン・ゴジラ」に登場するゴジラを再現した可動フィギュアです。

S.H.モンスターアーツ シン・ゴジラ ゴジラ (2016) 約180mm PVC製 塗装済み可動フィギュア

結構長く待ったような気がするけど、実は発表からまだ半年も経ってないんですね。


S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) は7月1日予約開始
先日東京おもちゃショー2016で発表されたS.H.MonsterArtsシリーズのシン・ゴジラ「S.H.MonsterArts ゴジラ(2016)」の詳細情報が発表された。 店頭予約開始は2016年7月1日~。 S.H.Mons...



スポンサーリンク


パッケージデザインがティザーポスター風になっててテンション上がる。

独特のパッケージ

竹谷氏のメッセージ記載されている

竹谷隆之氏のコメントも載っている。

今回の映画用に僕らが作ったヒナ型をスキャンして、さらにそのデータにCGチームが手を加えて出来上がったものが「シン・ゴジラ」劇中に登場します。そのデータから3D出力したものにバンダイのスタッフさんが関節を仕込み、僕らが表面のモールドの仕上げを担当しました。形状の区切りを見出すのが難しい箇所でも自然なつながりで活き活きと動かせる関節の仕込み方には脱帽です。お手頃なサイズでいろんなポーズが楽しめるので、劇場で映画を観たあとはあなたの脳内劇場でこれを思う存分暴れさせてみるのも楽しいかと。じっくりとお楽しみください。(竹谷隆之)

ホビージャパン2016年10月号に載っていた通り、映画用の3Dデータを基に玩具化されている。CG時代の怪獣フィギュアはこうなっていくのだろうか。



サイズは今までのS.H.MonsterArtsシリーズよりも大きめの全高約18cm。輝響曲より少し小さいくらい。
そして、S.H.MonsterArtsシリーズとしては珍しく、艶ありで仕上げられている。

バンダイ S.H.MonsterArts ゴジラ(2016)

もっとも、怪獣=艶消しというのは着ぐるみ時代の話ではある。

全身

白組のメイキングのCGゴジラのターンテーブル動画を見ると、結構Specularがあるので、艶あり仕上げも納得。(劇中ではあんまり感じなかったけど)


スポンサーリンク
『シン・ゴジラ』白組によるCGメイキング映像

尻尾の先端は割と硬質な素材でできており、形状の再現度抜群。また、尻尾の関節の保持力も高く、色々なポーズに変えてもへたらないのが有難い。

尻尾の先

顔っぽい

みんなが気にしている(?)口の開閉ギミックは、残念ながら下アゴが左右に割れるギミックは無いものの、口の開閉の可動軸・範囲はシン・ゴジラのために構造が考えられている。

口の開閉ギミック

上アゴが大きく上がった状態での背びれまでのラインはまさにシン・ゴジラ。

クライマックスシーンっぽい

デザイン上、嚙み合わせの悪い歯並びなこともあり、しっかり閉じようとするよりも半開きの方が雰囲気が出る。

口は半開き

下アゴは2つに割れないけど、ビームを出す前の紫色に光り始めるシーンまではなんとなく再現できる。

口は半開きがシン・ゴジラっぽい

背中、胴体は、前傾方向への可動範囲はかなり広い。前傾姿勢は得意なんですね。

前傾は得意

ただ、少し残念なのは、劇中の野村萬斎的な直立姿勢が上手くいかないこと。背中・腰の可動範囲が前傾方向に偏っていることと、尻尾の付け根の可動範囲が狭いために、上体を直立させてアゴを引いたポーズができない。

野村萬斎ポーズは難しい…

背びれの造形はシャープで、手で触れると痛いぐらいトゲトゲしている。

前傾

シン・ゴジラというキャラクターは、異形な身体バランスと圧倒的な情報密度で成り立っているデザインだと思うので、サイズダウンして情報密度が減ってしまうと結構印象が変わって見えてしまうというのはある。

異形な正面シルエット

特に、頭のモールドは劇中と比べるとかなりつぶれてしまっているので、だいぶ違う顔に見える。反射の入り方、影の落ち方の変化がモロに影響を受ける繊細なデザインなんですね。

反対側

http://tamashii.jp/t_item/101/
http://tamashii.jp/akiba_sr/?p=3921

モールドがダルくなっているのは塗装のせいもあるっぽい。



そして、シン・ゴジラに登場するゴジラの第二形態、第三形態もS.H.MonsterArts化されることとなり、現在プレミアムバンダイで予約受付中↓

S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) 第2形態&第3形態セット

映画『シン・ゴジラ』よりゴジラ(2016) 第2形態と第3形態がセットになってS.H.MonsterArtsに登場。
映画で使用された3Dデータを元に谷口順一氏、竹谷隆之氏、小関正明氏による原型彩色により立体化。緻密な造形により生まれる生物感を見事に再現。
設定資料を元に、2016年11月発売のS.H.MonsterArts ゴジラ(2016)とのサイズ感を劇中に合わせて設定。

S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) 第2形態&第3形態セット

■原型製作者(敬称略)
谷口順一・竹谷隆之・小関正明

■サイズ
第2形態 全高:約50mm
第3形態 全高:約130mm
※S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) 全高:約180mm

追記:現在、秋葉原にある魂ネイションズ AKIBAショールームで製品見本が展示されている。







追記:10月の魂ネイション2016で開催された「S.H.MA!大ゴジラ祭り! ~シン・ゴジラもあるよ~」の動画も公開された。

魂ネイション2016「S.H.MA!大ゴジラ祭り! ~シン・ゴジラもあるよ~」

今年はゴジライヤー!TAMASHII NATIONSで展開する様々なゴジアアイテムを一挙紹介する大ゴジラ祭り開催!
全高約192cmの驚きのアイテム「Human size ゴジラ(1991 北海道ver.)」や、大ヒット映画『シン・ゴジラ』のアイテムもご紹介!ゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏や、『シン・ゴジラ』にも出演した人気ライター・マフィア梶田氏など、各界のゴジラ大好きゲストが集結し、深く深く、ゴジラアイテムについて語ります。

追記:レビュー記事が公開された。
http://tamashii.jp/t_item/112/


スポンサーリンク

関連記事

Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
『特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮』を見てきた
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』眼の塗装のやり直し
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の注型
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観た (ネタバレ無し)
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
仮面ライダー4号
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ゴジラのプラモデルの組立動画
ゴジラ・フェス 2018
東京おもちゃショー2017
GODZILLA(2014)のBlu-Rayは2015年2月25日発売
バンダイ HG 1/144 ガンダムバルバトス 完成
自分を育てる技術
『GODZILLA ゴジラ』のBlu-Rayを買った
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 続・下地処理 ベース塗装
ボールペンに変形するトランスフォーマー『TRANSFORMERS コンボイペン』
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
書籍『絵はすぐに上手くならない』読了
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製
シフトカーを改造してラジコン化する人達
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装
映画『ブレードランナー 2049』を観た (ネタバレ無し)
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
メカコレクション ジェットビートル メタリック塗装
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 首パーツの接着・爪と全身のベース塗装
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
レジンキットの組み立て:パーツの洗浄〜バリ取り・接着まで
ゴジラムービースタジオツアー
ゴジラ2000ミレニアムのつや消し仕上げ
すてる英語学習本『ずるいえいご』
映画『ダウンサイズ』を観た
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 欠けた牙の修復・口内の塗装

コメント