海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ

前回は眼を描き込みました。

前回で口内の塗装は終えた。 次は眼を塗っていく。 84ゴジラの目は昭和ゴジラの中ではかなり凝っていて、劇中でも目のドアップが印象的。84ゴジラの目には虹彩があって毛細血管も描かれている。 そういえば最近、84ゴジラの公式のヴィジュアル...

眼の塗装が乾いた状態で眺めてみると、雰囲気は結構良い感じじゃないでしょうか。



今回は口や目の塗装ではみ出した箇所をレタッチしていきます。このままだと歯茎の面積が広くてキンゴジみたいですね。


スポンサーリンク


レタッチに使用するのはベースの黒塗装で使ったのと同じガイアノーツのサーフェイサー エヴォ ブラック。あくまでまだ皮膚のベース塗装の延長なのです。

ガイアノーツ GS-03 サーフェイサー エヴォ ブラック 50ml

大して難しいこともなく、細い面相筆で少しずつ歯茎の際を狭めたり、眼の周りに黒を塗っていきます。



84ゴジラの独特な三白眼の雰囲気を出したかったんだけど、正面から見ると視線云々以前に、左右で虹彩の大きさが違ってしまった。。。
まあ、今回はこれで我慢…眼の塗装は難しい。



皮膚と目・歯茎の境界領域に黒を塗っておくと、後に皮膚にドライブラシで明るい色を乗せていったときにクッキリとした影の効果が得られて引き締まります。隈取みたいなものですね。



眼の毛細血管風の血走り塗装はかろうじて見える程度になってしまった。。。

今回はここまでで、次は皮膚と背びれの塗装を進めよう。


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.