酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアムの爪の塗装

酒井ゆうじ造型工房の20cm ゴジラ2000ミレニアムの塗装作業、前回の眼の周りの塗装から1年弱も時間が空いてしまったけど、今回やっと爪の塗装です。

酒井ゆうじ造型工房の20cm ゴジラ2000ミレニアムの制作は地味に続いております。 前回、接着してベース塗装した下あごに暗緑色をドライブラシして馴染ませた。はみ出していた目の周りもレタッチ。

この間GMKゴジラの爪を塗って何となく感覚が分かってきた気がする。上手くムラを作って情報量を増やしてやった方が生物感が出ていい感じになるっぽい。不器用な自分でもできそうなやり方が見つかって良かった。
長らく放置してたけど、全身にフラットブラックを塗ったGMKゴジラの爪部分の塗料を溶剤で拭き取った。 前回まで、パーティングライン処理の目印にしてた赤いペンのインクがなかなか落とせなくて放置していたのでした。


スポンサーリンク



では、爪部分の塗料・サーフェイサーを溶剤で落とした状態からスタート。

手の爪の初期状態足の爪の初期状態

塗料を落とすのに使った溶剤は強力なMr.ツールクリーナー。これはレジンだからできるやり方で、プラモデルならキット自体が溶けちゃいます。



これにMr.カラーのブラウン + ブラックを塗りたくる。皮膚の側にあえてはみ出すように塗っておく。

手の爪にブラウン+フラットブラック足の爪にブラウン+フラットブラック

思ってたよりちょっと明る過ぎたのでブラックをさらに足して暗くした。あ、手の画像の左右間違えた。。。

さらにブラックを増やした手の爪さらにブラックを増やした足の爪

そして、塗った塗料を皮膚との境界付近に残し、墨入れの要領で拭き取る。筋彫り部分に暗い色の塗料が上手く残るようにする。

際以外の塗料を拭き取った手の爪際以外の塗料を拭き取った足の爪

その上からアクリル塗料のクリアオレンジ + レッドブラウンを塗り、爪全体に色味を足す。

アクリルのクリアオレンジ+レッドブラウンを乗せた手の爪アクリル塗料のクリアオレンジ+レッドブラウンを乗せた足の爪

今塗ったアクリル塗料を、爪の先端部を中心にアクリル系の溶剤で拭き取り、際に向かって色味が増え、暗くなって行くようなグラデーションを作る。ここでアクリル系を使っているのは、最初に塗った塗料が溶けちゃわないようにするため。

先端部を中心にアクリル塗料を拭き取った手の爪アクリル塗料を拭き取った足の爪

その上からエナメル塗料のスモーク + フラットブラックを、爪の際部分を中心に塗る。これで際部分の影を作りたいのです。

エナメル塗料のスモーク+フラットブラックを乗せた手の爪エナメル塗料のスモーク+フラットブラックを乗せた足の爪

と、ここまで皮膚の側にはみ出すのを気にせず塗ってきた。今度はこの爪と皮膚の境界を馴染ませていく。
今回初めて際のなじませに綿棒を使ってみた。エアブラシを使わずにぼかし塗装ができるかと思ったんだけど、上手くいかなかったので結局細い筆でレタッチしたよ。。。

際を馴染ませた手の爪際を馴染ませた足の爪

まだ微妙だったので、もう少し丁寧にMr.カラーの暗緑色(中島系)を塗って馴染ませた。

皮膚側に暗緑色を塗った手皮膚側に暗緑色を塗った足

ゴジラ2000ミレニアムに登場するゴジラは、ゴジラシリーズでは珍しく色味の多いデザインなので、爪部分がこれぐらい色味が強くても違和感なくまとまる気がする。

次は全身にドライブラシをかけようと思う。体色がすでにだいぶ明るいからどうしようかな。

追記:制作記事まとめページを作った↓
https://blog.negativemind.com/portfolio/%E9%85%92%E4%BA%95%E3%82%86%E3%81%86%E3%81%98%E9%80%A0%E5%BD%A2%E5%B7%A5%E6%88%BF-20cm-%E3%82%B4%E3%82%B8%E3%83%A92000%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%A0/


スポンサーリンク

関連記事