メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理

前回は大雑把に仮組して、主翼(?)のパーツだけ接着した。



接着したパーツの合わせ目はプラ用接着剤で溶着されるはずだけど、凹んだ箇所がまだ残っていたので溶きパテも上塗りした。



この手のプラ工作は経験不足で下手クソなのです。。。
というか、このパーツ同士の合わせ目、デカールを貼れば見えなくなるようにちゃんと設計されてるのね。


スポンサーリンク


完全に乾いたら接着剤・溶きパテでできた段差をサンドペーパーで均す。600番を使いました。



接着剤の部分はやや透明なこともあって、肉眼では段差が消えたのかよく分からんので、とりあえずサーフェイサーを吹くことにした。
使うのはいつものサーフェイサー エヴォ ブラック。パーツそれぞれバラバラの状態のまま持ち手を付けてサーフェイサーを吹いた。

そして再び仮組み。



主翼の裏側の接着部分はやっぱり段差がだいぶ残っていたので再びやすり掛け。結構な段差だったので400番で粗く削ってから段々番号を上げていく。



溶きパテだと粒度が粗過ぎるので、今度はビン入りのプライマーサーフェイサーを筆塗りして段差を埋めた。

【 プライマーサーフェイサー1000 ビン入り 40ml 】 CSSF287/ 金属やレジンにも使用できる万能タイプの登場!Mr.ホビー



メカものの繊細な表面処理は未だに経験不足で作業効率が上がらない。。。

このキットの制作記事まとめページを作りました↓
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.10 ウルトラホーク3号
まだ組み立て途中… バンダイの手のひらサイズ プラモデルシリーズからウルトラセブンに登場するウルトラ警備隊の戦闘機 ウルトラホーク3号が発売された。 オイラはウルトラ警備隊の装備の中では滝から発進するウルトラホーク3号が1番好き。実際に滝の...


スポンサーリンク

関連記事

ビリケン商会 メカゴジラⅡ メタルパーツの磨き上げ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その2
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 エポキシ接着剤でパーツの接着
映画『シン・ウルトラマン』を観た! (ネタバレ有り)
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
ミニ四駆のラジコン化情報
模型制作の環境を考える
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 完成!
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 表面処理
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り 再挑戦
ゴジラ2000 ミレニアム ひな形のレプリカが発売されるぞ!
機動武闘伝Gガンダム
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 腹甲・甲羅の塗装
ウルトラマンシリーズもAmazonプライム・ビデオで観れるようになった!
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 爪の塗装・全身に黒のグラデーション塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれ・下アゴパーツの軸打ち加工
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マスキング・表面処理
『魂ネイション2015』に行ってきた
模型をターンテーブルで撮影
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
ゴジラ・フェス オンライン 2020
メカコレクション ウルトラホーク1号 完成!
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 パーツの継ぎ目・気泡のパテ埋め
PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン コックピットの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』全身のベース塗装
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして下アゴの加工
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 仕上げ
プレイステーション3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 表面処理
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
『きたぞ!われらのウルトラマン』を観てきた
恐竜骨格のプラモデル
ドリフトパッケージナノとシフトカー
ゴジラのプラモデルの組立動画

コメント