酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入

15年前、中学生の頃に憧れだった酒井ゆうじ造型工房のガレージキット「ゴジラ2000ミレニアム」が大量生産の完成品ソフビフィギュアとして発売された。
もう、買わないはずがないわけです。

ギガンティックシリーズ 酒井ゆうじ 造形コレクション ゴジラ1999 (ゴジラ2000 ミレニアム)



これは確か映画「ゴジラ2000ミレニアム」公開後に発表された酒井氏オリジナルアレンジのゴジラ。当時、ホビージャパンのムック「怪獣大進撃8」の表紙も飾っていた。↓



本家のガレージキットの方も2012年に再販されたりしたんだけど、値段と取り回しの関係で中々手を出せなかったのです。全長70cmぐらいあるキットなので、レジンで組み立てると色々と現実問題にぶつかるのです。(工作スキルと保存スペースの問題)


スポンサーリンク



今回発売されたフィギュアは中空のPVC製なので、軽量だし丈夫で保存しやすくて有難い。
棚に置いても大丈夫だし、万が一棚から落っこちても尖ったパーツがポキッと折れたりしない。(はず)

今回、背びれがクリアーパーツ整形の限定版も発売されたんだけど、オイラは15年前に怪獣大進撃の記事で見たイメージに近い通常版を購入。
一般販売品なのでパッケージも凝っている。↓

ギガンティックシリーズ 酒井ゆうじ 造形コレクション ゴジラ1999 パッケージ

ユーザーが組み立てるのは尻尾のはめ込みのみ。パッケージには身体と、尻尾が2つに分割された状態で入っている。

ギガンティックシリーズ 酒井ゆうじ 造形コレクション ゴジラ1999 梱包状態

尻尾の間着部分をドライヤーで温めて、ソフビを柔らかくしてからはめ込んだ。
同梱の説明書にはドライヤー、またはお湯で温めて作業するようにちゃんと書かれているので知識が無くても安心。
(大きいのでちょっと手間取ったけどね)

色々と昔を思い出してきちゃったぞ。
怪獣大進撃の記事で元のキットを見た後、2001年の夏に福島県須賀川市で開催された「円谷英二展」を見に行った。日帰りだったけど、これがオイラの初めての一人旅。
そこで同じく福島県須賀川市在住の酒井ゆうじさんの作品コーナーがあって、このキットの実物(確か原型に塗装したもの)の展示を見たんだ。初めて実物のガレージキットを見た瞬間だった。
あまりに感動したので、学校の夏休みの宿題だった美術のレポートの題材を「酒井ゆうじのゴジラ造形」にした。(痛い子ですね…)

2000年当時のバンプレストのプライズ景品のゴジラ2000ミレニアム雛形フィギュアと並べて写真撮ろうかと思ったんだけど、サイズがデカすぎて撮影ブースにもおさまらないので撮影はとりあえず保留。
そのうちちゃんと写真撮ってGalleryページを作ろうかと思う。


スポンサーリンク

関連記事