ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マーキング塗装

ベース塗装が終わったので、次はマーキングの処理。



このファインモールドのキットはマーキング用のデカールも付属しているけど、ここは塗装でチャレンジしたい。
説明書には、マーキング色にMr.カラーのニュートラルグレー、赤2号、イエローが指定されているけど、今回オイラはMr.カラーのベース塗装を溶かさないようにアクリル系の塗料でマーキング塗装するつもり。

説明書のマーキング色指定

ミスってもリカバーしやすいようにしておきたいのです。


スポンサーリンク


と、その前に1つ気づいちゃったんだけど、このキット、塗装仕上げの見本写真と、デカール仕上げの見本写真でマーキングが微妙に違うぞ。。。
こっちはデカール仕上げの見本。↓

説明書のマーキングデカールのページ

マーキングの数が違うのは再現したエピソードごとの違いだろうけど、位置が違うのもエピソードごとの違いなのかな?

マーキングに使う塗料を決める

まあ、深く考えずに行きましょう。雰囲気が大事です。
ニュートラルグレーとイエローはタミヤカラーのアクリル塗料でOKだけど、赤2号にあたる色は無いみたい。自分で混色して作っても良いんだが、クレオスの水性アクリル塗料にあずき色(赤2号)があるのでそっちを使う。

タミヤ アクリルミニ XF-53 ニュートラルグレイ

GSIクレオス Mr.HOBBY 水性ホビーカラー H33 あずき色 赤二号(光沢) (水溶性アクリル樹脂塗料)

タミヤカラー アクリルミニ XF-3 フラットイエロー つや消し

グレイ部のマーキング

まずはニュートラルグレーのマーキングから塗る。マスキングにはマスキングゾルを使ってみた。

【 Mr.マスキングゾル NEO 】 25ml 仕上げ材 液体マスキング材 ( ゴム系 ) #CMM132/ はがすのが楽なマスキング材です  Mr.ホビー

赤2号用のマスキング

小さい箇所なので筆塗りしました。多少アバウトでも後で墨入れが入れば引き締まるに違いない。

表側のニュートラルグレーのマーキングを塗る

裏側のニュートラルグレーのマーキングを塗る

銃座のニュートラルグレーのマーキングを塗る


スポンサーリンク

レッド部のマーキング

次に赤2号のマーキングを塗る。同じくマスキングゾルでマスキング。

赤2号のマーキング用のマスキング

裏側の赤2号用のマスキング

銃座も赤2号用にマスキング

同様に筆塗りした。

表側の赤2号のマーキングを筆塗りした

裏側の赤2号のマーキングを筆塗り

少しはみ出しちゃったから溶剤で拭いてみたけど、キレイに落ちなかった。。。アクリル系はリトライ効かんのかもな。

赤2号を塗り終わった銃座

イエロー部のマーキング

すでに失敗していますが、最後にイエローのマーキングを塗る。イエローのマーキングは裏面だけだ。
今度はマスキングテープとマスキングゾルの合わせ技でマスキングしてみる。

イエローのマーキング用のマスキング

盛大にはみ出してしまいました。。。溶剤で拭いてもやっぱり跡が残ってしまった。

イエローのマーキング、はみ出しました

今回、ちょっとアクリル系塗料を過信してしまったな。ラッカー系の上でも溶剤でキレイに拭き取れるものでもないようだ。ベース塗装がややつや消し状態だったのもまずかったな。
これをどこまでリカバーできるだろうか。

スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン (1/144 プラスチックモデル組み立てキット SW11)

制作記事まとめページ↓
https://blog.negativemind.com/portfolio/finemolds-1-144-millennium-falcon/


スポンサーリンク

関連記事

酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアムの爪の塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ ベースのシルバー塗装
黒澤映画
映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼の塗装
LMHG エヴァンゲリオン初号機 腕・肩の後ハメ加工
バンダイ HG 1/144 ガンダムバルバトス 完成
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 完成
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
ゴジラのプラモデルの組立動画
ゴジラの口の色
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 口内の改造・塗装
模型SNSまとめ
溶剤
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
ゴジラのガレージキットの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口の塗装と接着
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』眼の塗装のやり直し
仮面ライダーの玩具
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 完成
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
まだまだ積んでるキット達
バンダイ『Human size ゴジラ (1991北海道ver.)』の詳細が発表された
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理
ゴジラ2000ミレニアムのつや消し仕上げ
模型用塗料の収納問題
ゴジラの造形
ホビージャパン2016年10月号はシン・ゴジラ特集
メカコレクション ウルトラホーク1号 表面処理
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 歯茎の境界に影を入れる
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして接着
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれ・下アゴパーツの軸打ち加工
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 仕上げ
酒井ゆうじ造形コレクションにゴジラ 2001が登場
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 仮組み
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 瞬間接着剤でパーツの接着
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その2・尻尾の先端の塗装

コメント