海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれの塗装

84ゴジラの記録。



次は背びれの塗装について。
背びれをいじるのはこの時以来か↓
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
引き続き、まだ気泡と戦っています(笑)そろそろ、軸打ち加工してからしばらく放置していた背びれパーツの気泡も埋めていく。すでに赤ペンで気泡箇所のマーキングは済ませている。背びれパーツの気泡はそれほど数が多くないので1つ1つ...


いったん背びれにもメカサフ スーパーヘビィを吹いたけど、




スポンサーリンク


吹いた後で気泡の存在に気づいて表面処理に戻った。
背びれ1つ1つをエアブラシ塗装したいので、割りばしとダブルクリップを駆使して持ち手を作った。(ここで互換ブース登場)



そして気泡を埋めて溶きパテで表面処理を終えたら、再びメカサフ スーパーヘヴィを吹いた。このメカサフ スーパーヘヴィの色をベース色として、ここから色を塗り重ねていく。



皮膚側の色として、Mr.カラー ウィノーブラックを吹いた。



背びれの先端部分にエアブラシで色を乗せていくつもりだったけど、上手くできずに結局タミヤカラー アクリル塗料のデッキタンをドライブラシ。。。



この辺から妥協の歯止めが効かなくなって、皮膚側にメカサフ スーパーヘヴィをドライブラシ。



ちなみに、こんな感じで背びれにパーツ番号を付けて作業していた。



ここで、いつもの背びれ塗装とはちょっと変えたいので、Mr.カラーのホワイトパールを吹いてみた。



中央列を本体にはめてみて様子を見る。



だいぶやけくそになってきて、勢いで全部の背びれを接着。



もうほぼ完成じゃないか?


スポンサーリンク

関連記事

酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアムの爪の塗装
まだまだ積んでるキット達
ゴジラのプラモデルの組立動画
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
ジュラシック・パークのメイキング
『株式会社カラー10周年記念展』を見てきた
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 口内の改造・塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
ゴジラのガレージキットの塗装
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
アニゴジ関連情報
映画『GODZILLA 星を喰う者』を観た (ややネタバレ)
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その1
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その1
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』墨入れ・ウェザリング
ミニ四駆ブーム?
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 エポキシ接着剤でパーツの接着
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが7月に再販
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 欠けた牙の修復・口内の塗装
第1回 ゴジラ検定を受けました
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ
今年も怪獣大進撃
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 甲羅の接着とパテ埋め
『酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアム』のドライブラシ
世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
レジンキットの組み立て:パーツの洗浄〜バリ取り・接着まで
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
ゴジラ(2014)のメイキング
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミア イベント
メカコレクション ジェットビートル 一部組立・表面処理
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
1/7 サイズのゴジラが六本木に登場『MIDTOWN meets GODZILLA』
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
メカコレクション ジェットビートル 墨入れ・窓塗装

コメント