模型用塗料の収納問題

模型趣味でちょっと頭を悩ませるのが、物理的に場所を取ってしまう工具や材料の収納。
(もちろん完成した模型の取り回しも問題ではあるんだけど。。。)

気づいたら増えてしまっている塗料の取り回しについて以前これを購入したけど、使ってみて過ちに気づいた。↓



お店の陳列台と似た感じのちょっと本格派なイメージだったんだけど、オイラの手持ちの塗料とお店には決定的な違いがあった。オイラは同じ色を何個もまとめ買いしたりしないのだ。というか、お店の売り場のように同じ色を何個もストックすることが、個人の模型趣味ではほぼありえない。
違う色のビンを収めるには、このラックはとても取り出しにくく、一覧性も悪いのです。。。


スポンサーリンク


次に試したのがコレ。




最近よく見かけるようになったので買ってみたんだけど、これはこれで、重ねられないという問題が。。。

そんで、ホビージャパンを読んでたら、広告ページに「GT94 Mr.収納スタンド (棚3段)」というものが載っていた。12月発売だという。↓



これ、かなり良いんじゃない?12月と言わず、今すぐに発売してほしいぐらい。


スポンサーリンク

関連記事

ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 洗浄
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 透明化した耳パーツの加工
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 表面処理
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれの塗装
模型制作の環境を考える
ミニ四駆のラジコン化情報
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
積みキット進捗
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
恐竜骨格のプラモデル
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 爪の塗装
ふなっしーのプラモデル
顔モデリングのチュートリアル
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
スター・ウォーズ ビークルモデル『レイザー・クレスト』 キャノピー部のレタッチ
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 表面処理
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ウェザリング
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 歯茎の境界に影を入れる
トレジャーフェスタ・オンライン
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 表面処理
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 影のベース塗装
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マーキング塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 完成!
恐竜造形の指南書
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 背びれの接着
酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) の予約受付開始
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
ゴジラ 2000ミレニアム 完成
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 腕・肩の後ハメ加工
ゴジラの口の色
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』完成
ゴジラの造形
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸

コメント