ビリケン商会 メカゴジラⅡ 透明化した耳パーツの加工

前回、結局シリコーンゴムを使って複製したので、今度こそちゃんと耳パーツのディティールを写し取れた。

前回は3ヶ月以上前ですが、耳(?)パーツを透明化するための作業をまだ続けております。 で、前回の複製は微妙に歪んでたりディティールが甘かったので型取りからやり直し。 再びポリパテで注型してみたけど、やっぱり歪みやモー...

基本的に耳パーツは左右とも同形状のはずなので、同じ型を使ってクリアーパーツを2つ作成。今更ながら、これを耳と呼んで良いのでしょうか。

同じ型からパーツを2個作成した

注型材料は今までと同様に透明エポキシ樹脂です。


スポンサーリンク



とりあえず大まかにバリを切り取る。

バリを切り取った

それぞれ5つある砲身(?)部分は真鍮製のパイプに置き換えるので、ピンバイスで開口してしまう。

砲身部分を開口

耳パーツの輪郭については、頭のパーツへはめ込む関係もあるので少しずつすり合わせながら進めたい。

頭部パーツにはめ込むためのすり合わせを行う

まず、頭部パーツの左右両方の耳部分をデザインナイフでくり抜く。

頭部パーツの耳部分に穴を開ける

反対側も同様

様子を見ながら耳パーツの輪郭を400番のペーパーで削って穴の形にすり合わせた。

少しずつはめ込みながら400番のペーパーで削った

反対側もはめ込んでみる

耳パーツをやすりで削った跡は、当然ザラザラと白くなってしまったので、クリアーカラーを塗って復活させる。

裏面にクリアーカラーを塗る

次に、真鍮パイプを使って砲身を作り直す。ウェーブのC・パイプ(外形1.3mm)を使う。

ウェーブ  NEW C・パイプ【1.3】【OP-572】

とりあえず左右の耳に各5本ずつ、計10本を切り出す。切り出す長さは大体5mmにしておく。

真鍮製のCパイプを切り出す

ニッパーやラジオペンチで切ると、切断面がつぶれてしまうので、ここではデザインナイフでコロコロと何度も刃を入れて削り出すように切断した。

デザインナイフで切り出す

10本切り出した。長さが多少不揃いだけど問題ない。

真鍮パイプの長さは割と不揃い

透明耳パーツの裏からエポキシパテを押し付け、砲身用の穴に真鍮パイプを通す。砲身の長さはこの段階で調節すればいいのです。

エポキシパテに真鍮パイプを埋め込む

C・パイプの穴そのままだとちょっと小さすぎるので、パテが硬化して安定しててからピンバイスで穴を広げる予定。切断面のガタツキもその時やすりで整える予定。

続きは次回。


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.