ビリケン商会 メカゴジラⅡ 透明化した耳パーツの加工

前回、結局シリコーンゴムを使って複製したので、今度こそちゃんと耳パーツのディティールを写し取れた。



基本的に耳パーツは左右とも同形状のはずなので、同じ型を使ってクリアーパーツを2つ作成。今更ながら、これを耳と呼んで良いのでしょうか。

同じ型からパーツを2個作成した

注型材料は今までと同様に透明エポキシ樹脂です。


スポンサーリンク


とりあえず大まかにバリを切り取る。

バリを切り取った

それぞれ5つある砲身(?)部分は真鍮製のパイプに置き換えるので、ピンバイスで開口してしまう。

砲身部分を開口

耳パーツの輪郭については、頭のパーツへはめ込む関係もあるので少しずつすり合わせながら進めたい。

頭部パーツにはめ込むためのすり合わせを行う

まず、頭部パーツの左右両方の耳部分をデザインナイフでくり抜く。

頭部パーツの耳部分に穴を開ける

反対側も同様

様子を見ながら耳パーツの輪郭を400番のペーパーで削って穴の形にすり合わせた。

少しずつはめ込みながら400番のペーパーで削った

反対側もはめ込んでみる

耳パーツをやすりで削った跡は、当然ザラザラと白くなってしまったので、クリアーカラーを塗って復活させる。

裏面にクリアーカラーを塗る

次に、真鍮パイプを使って砲身を作り直す。ウェーブのC・パイプ(外形1.3mm)を使う。

ウェーブ  NEW C・パイプ【1.3】【OP-572】

とりあえず左右の耳に各5本ずつ、計10本を切り出す。切り出す長さは大体5mmにしておく。

真鍮製のCパイプを切り出す

ニッパーやラジオペンチで切ると、切断面がつぶれてしまうので、ここではデザインナイフでコロコロと何度も刃を入れて削り出すように切断した。

デザインナイフで切り出す

10本切り出した。長さが多少不揃いだけど問題ない。

真鍮パイプの長さは割と不揃い

透明耳パーツの裏からエポキシパテを押し付け、砲身用の穴に真鍮パイプを通す。砲身の長さはこの段階で調節すればいいのです。

エポキシパテに真鍮パイプを埋め込む

C・パイプの穴そのままだとちょっと小さすぎるので、パテが硬化して安定しててからピンバイスで穴を広げる予定。切断面のガタツキもその時やすりで整える予定。

続きは次回。

このキットの制作記事まとめページを作りました↓
ビリケン商会 メカゴジラⅡ ソフトビニールキット
まだ組み立て途中… ハマハヤオ氏原型のビリケン商会のソフビキット。映画「メカゴジラの逆襲」に登場するメカゴジラⅡを再現したキットで、下顎には開閉の可動ギミック用のアレンジが施されている。また、手の指(ミサイル)だけはメタルパーツ製。


スポンサーリンク

関連記事

ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれ・下アゴパーツの軸打ち加工
S.H.MonsterArtsから『ゴジラ(2016)第4形態覚醒Ver.』が出るぞ~!
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュアが新たなカラーリングで登場
DeAGOSTINI『週刊 ゴジラをつくる』創刊
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
まだまだ続く空想科学読本
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
バンダイスピリッツ EG 1/144 RX-78-2 ガンダム 基本工作
映画『ゴジラ-1.0』を観た (ネタバレ無し)
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装
円谷コンベンション2019の円谷ワンフェスに行ってきた
模型SNSまとめ
映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』を観た (ネタバレ無し)
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』墨入れ・ウェザリング
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 シルバー塗装・再び表面処理
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 完成
『シン・ゴジラ』観ました (ネタバレ無し)
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれの塗装
映画『GODZILLA VS. KONG』の予告編が公開された!
コトブキヤ 『エヴァンゲリオン初号機 TV Ver.』 接着・後ハメ加工
S.H.MonsterArts 輝響曲 ゴジラ(1989)
初代ゴジラもS.H.MonsterArts化!
シン・ゴジラのDVD&Blu-ray発売
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型の型取り・複製
バンダイ メカコレクション 『ウルトラホーク1号-α号・β号・γ号』 接着・後ハメ加工
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装
海洋堂の20cm ガメラ ソフビキットも再販
シン・ゴジラ第四形態の造形
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 口内の塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
『株式会社カラー10周年記念展』を見てきた
シフトカーの改造
酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアムの爪の塗装
積みキット進捗
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング

コメント