ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた

今回もワンフェスに行ってきました。
数日前までの天気予報では台風が直撃する可能性もありましたが、幸い台風は消滅して、当日は曇りのち晴れ。暑かった。

ワンダーフェスティバル2019[夏]



前回の冬の時は雪の心配してたな。



1年前の夏は前日が台風で似たような心配をしてたっけ。
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
ワンダーフェスティバル2018に行ってきた。今回は前日が台風だったからなのか、会場である幕張メッセの入り口におなじみの看板が設置されていなかった。なので、公式ガイドブックの写真↓ワンダーフェスティバル2018ということで、...


事前にガイドブックを購入しているので、当日行けなくなっちゃうと結構ダメージが大きいのである。


スポンサーリンク

酒井ゆうじ造型工房

今回1番の目当ては、酒井ゆうじ造型工房の新作「30cm ゴジラ2016 第4形態覚醒Ver.
紫の発光はメタリック塗装で表現しているそうです。



ヤシオリ作戦の劇中カットと同じアングルから。



無事予約できた。(30cm シン・ゴジラもまだ積んでるのにな)
今回、予約の列に女性が並んでいるのも見かけた。ファンの裾野が広がっているのを感じる。

ゴジラとは別に、「海洋堂×酒井ゆうじ」平成ガメラ3部作の塗装済み完成品のプロジェクトが始動するらしい。エクスプラスみたいな感じかな?


DeAGOSTINI

その勢いで企業ゾーンへ行って、同じく酒井ゆうじ氏が原型を制作したDeAGOSTINIブースの週刊「ゴジラをつくる」の展示も見に行った。



全号揃えると完成するラジコンを使ったジオラマと、原型モデルが展示されていた。

全号集めると完成するラジコン



こちらは原型モデル



毎号付属するパーツを実際に触って確かめることもできた。


Wonder Showcase

ちょっと会場が前後するけど、Wonder Showcaseでしぃた氏原型の「ゴジラ第4形態”覚醒ver.”」のキットを購入。



小さいサイズなのに凄まじい精密さ。



また、しぃた氏の卓では次回販売予定の映画「ヤマトタケル」に登場するヤマタノオロチが展示されていた。こちらも小さくて精密。


すいかクラブ

前回水中モードモスラを購入したすいかクラブさんは、塗装見本を塗り直してよりクールな展示になってた。



塗装の参考にさせていただこう。(まだ積んでる)

琉球銀行×ロボマニアックス



アルゴファイルジャパン

今Twitterでジワジワと話題になっているアルティマ5を試用させてもらった。



プラモデルのゲート跡の処理や、3Dプリントしたパーツの研磨に便利そうなので購入してしまった。

今回ちょっとお金を使い過ぎた感…

事前の卓番チェックと巡回ルート

ここ最近、ワンフェスに行く前に見たい卓番をちゃんとチェックして、ガイドブックの会場地図に印を付けておくようになった。終わってから「あ、アレを見逃した」ということが増えたので。だが、この作業が回を重ねるごとに重くなっている気がする。。。

普段の生活では検索やレコメンドに頼って情報を得ているので、こういう作業への耐性がほとんど無くなっていてることに気づかされる。Twitterで卓番付きで告知されているツイートと地図を照らし合わせて印を付ける作業に結構時間がかかった。



企業ゾーンは各ブースが大きくて数も少ないから分かりやすいけど、実は地図を見ていたのも関わらず、DeAGOSTINIブースをなかなか見つけられなかったのだ。

大手のブースはバルーンが目印になるけど、そうでない企業ブースも結構ある。



ARで各卓の位置をバルーン表示できる会場地図アプリを作れないかとちょっと妄想した。セカイカメラみたいな感じで。
スマホの画面を見ながら歩くのは危険だから、メガネ型のARデバイスでないと上手くいかないだろうけど。

少し調べてみたら、以前はTINAMIが運営するWfMapというサービスが存在していたらしい。現在はeventmeshというサービスを利用する形へ移行している↓



eventmeshは、ワンフェスに限らず即売会・展示会の会場地図を共有できるサービス。
ワンフェス2019[夏]の会場マップはここにあったみたい↓
http://eventmesh.net/wf2019summer

気づくのがだいぶ遅かったな。。。
まあ、マップ上の卓とアカウントの紐づけはディーラーの任意なので、登録者が少ないと地図としてあんまり機能しないわけですが。

ちょっと自分のこと

オイラは2016[冬]から毎回ワンフェスを見に行くようになったけど、その間オイラ自身は大して進歩していない。



3年半でもう8回も開催されていて、その間に原型師デビューした人達もたくさんいるのにな。
自信はないけど、思い切ってディーラー参加してみようかな。最悪以前作ったやつを展示するだけで。
CGから3Dプリント (クリミア・エンゲルス)
近年流行りの3Dプリントサービスを利用して、ZBrushでモデリングした怪人っぽいキャラクターを3Dプリントしてみた。このページは3D出力物を模型として仕上げるまでの記録。DMM.Makeの3Dプリントサービスを利用し、この3...


次のワンダーフェスティバル2020[冬]は2020年2月9日(日)開催で、ディーラー参加申し込みの締め切りは2019年8月30日(金)の23:59までらしい。
申し込み受付開始は8月中旬頃とのこと。ネット申し込みなのか。

また、来年は夏のワンフェスが無くて、秋にズレ込んで11月開催らしい。(東京オリンピックの関係?)
ワンダーフェスティバル2020[秋]が2020年11月1日(日)に開催される。
ん?ということは、2020[冬]からだいぶ時間が空くから、準備期間は多くとれるということになるのか? 2020[秋]を目標にしてみるか?


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 口内の塗装
模型用塗料の収納問題
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口の塗装と接着
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
ゴジラ2000ミレニアムのつや消し仕上げ
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
怪獣ガレージキット
シン・ゴジラの全身ビジュアルがついに公開!
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
ハリウッド版ゴジラ 最新クリップ
GMKゴジラの口接着
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
Photon Light Module System:スマホで制御できる照明・撮影ブースセット
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 歯茎の境界に影を入れる
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型の型取り・複製
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 眼の周りのレタッチ
S.H.MonsterArts ゴジラ (2016) 発売
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装
六本木ヒルズの『空想脅威展』を見てきた
DeAGOSTINI『週刊 ゴジラをつくる』創刊
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
『特撮のDNA』を見てきた
酒井ゆうじ造型工房 23cm シン・ゴジラ レジンキットが届いた!
Artty Station:模型作業用のモジュール式収納システム
HG 1/144 ガンダムバルバトス 塗装を想定した加工
ゴジラのガレージキットの塗装
Amazon プライム・ビデオでゴジラシリーズが全作見れるぞ!
S.H.MonsterArtsをターンテーブルで
ゴジラ2000ミレニアム 完成 その2
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 腕・肩の後ハメ加工
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
シン・ゴジラのティザーポスターが公開された!
ふなっしーのプラモデル
『大ゴジラ特撮王国』に行った話
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身の塗装

コメント