ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製 やり直し

前回は3ヶ月以上前ですが、耳(?)パーツを透明化するための作業をまだ続けております。



で、前回の複製は微妙に歪んでたりディティールが甘かったので型取りからやり直し。

再び耳パーツの型取り

再びポリパテで注型してみたけど、やっぱり歪みやモールド欠けがある。溶きパテで埋めてみたけど。。。

ポリパテで注型し、溶きパテで修正

どうも型取りくんで型を取ると、モールドの基部が甘くなってしまうみたい。


スポンサーリンク


何度か型取りくんでやり直してみたけど、やっぱりちゃんとシリコーンゴムで型を取ることする。(結局手間かかるやり方)

プラ版の上に型取りブロックを積む

眼の型を取った時と同様に、型取りブロックと油粘土を使う。

型取りブロックで囲む

耳部分以外は油粘土で覆ってしまう。

油粘土で埋める

スプレータイプの離型剤を塗布してから、シリコーンゴムを流し込む。

シリコーンゴムを流し込む

型取り完了!気温が高かったせいか、シリコーンゴムの硬化が以上に早かった気がする。

型取り完了

できた型に透明エポキシ樹脂を流し込む。

透明エポキシ樹脂を流し込む

続きは次回(?)

このキットの制作記事まとめページを作りました↓
ビリケン商会 メカゴジラⅡ ソフトビニールキット
まだ組み立て途中…ハマハヤオ氏原型のビリケン商会のソフビキット。映画「メカゴジラの逆襲」に登場するメカゴジラⅡを再現したキットで、下顎には開閉の可動ギミック用のアレンジが施されている。また、手の指(ミサイル)だけはメタルパーツ製。...


スポンサーリンク

関連記事

メカコレクション ジェットビートル メタリック塗装
黒歴史
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ロボットクリエーター
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
GMKゴジラ完成!
模型制作の環境を考える
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
DeAGOSTINI『週刊 ゴジラをつくる』創刊
海洋堂の20cm ガメラ ソフビキットも再販
S.H.MonsterArtsをターンテーブルで
『大ゴジラ特撮王国』に行った話
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) は7月1日予約開始
最近のフィギュアの製造工程
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
三丁目ゴジラ
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
積みキット進捗
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』眼の塗装
模型用塗料の収納問題
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』完成
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 仕上げ
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 頭部の加工・口内の塗装
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
GMKゴジラの口接着
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン コックピットの塗装
9月15日(木)に全国26劇場で『シン・ゴジラ』一斉発声可能上映の開催決定!
メカコレクション ウルトラホーク1号 墨入れ・コクピット塗装 そしてデカール貼り
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身の塗装
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その1
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理

コメント