ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活

ホビージャパンのムック「怪獣大進撃」は特撮系のガレージキット&トイカタログで、昔は毎年刊行されていた。このムック本はオイラがガレージキットというものの存在を知るきっかけだったんだけど、GMKの頃を最後に終了してしまった。その後、ファンによる非公式のWeb版というのもあったな。
後年はホントにただのカタログみたいな内容ばっかりでHowToが少なかったけど、オイラは古本屋を巡ってバックナンバーを集めたりしたのである。初期の頃はフルスクラッチやガレージキット制作の記事が結構あったのだ。

そして今年、ゴジラの復活とともについに新刊登場ですよ。

怪獣大進撃 The Modeling of GODZILLA (ホビージャパンMOOK 579)


スポンサーリンク


スポンサーリンク

ゴジラ誕生 60 周年、そして待望の新作ゴジラ映画『GODZILLA』の公開を記念して、ホビージャパンが誇る怪獣専門 MOOK「怪獣大進撃」が復活。
今回は「The Modelling of GODZILLA」と題し、少数生産ながらハイクオリティーな造型が魅力のガレージキット、多彩なラインナップがコレクター心をくすぐるアクションフィギュア、懐かしのソフビ人形など、さまざまな立体物を通して、半世紀以上も日本人に愛され続けるゴジラと東宝怪獣の魅力に迫ります。

今回はホントにゴジラだらけの一冊になっている。ゴジラのフィギュアを使ったジオラマ制作記事では、モデラーの思い出話も充実(笑)
最後に各原型師達の作業場写真が載っていて、表紙を飾っている酒井ゆうじさん原型制作の初代ゴジラができるまでの連写もある。


スポンサーリンク

関連記事

イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
溶剤
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』を見た (ややネタバレ)
ゴジラ・フェス オンライン 2020
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ゴジラの音楽
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
実写版『進撃の巨人』の後篇を観た(ネタバレあり)
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの接着・パテ埋め
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 全身・腹甲のベース塗装
映画『シン・ウルトラマン』を観た! (ネタバレ有り)
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示
六本木ヒルズの『空想脅威展』を見てきた
書籍『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』の発売日が2016年12月30日(金)に決定
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装 やり直し
バンダイ 1/12 グリーヴァス将軍 サフレス塗装
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
ムービー・マジック:SFX技術のドキュメンタリー番組
S.H.MonsterArtsから『ゴジラ(2016)第4形態覚醒Ver.』が出るぞ~!
Zウィングマグナム
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
シフトカーを改造する人達
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』ベース塗装
酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアムの爪の塗装
2021年 観に行った映画振り返り
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 首パーツの接着・爪と全身のベース塗装
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム グラデーション塗装
第1回 ゴジラ検定を受けました
ゴジラムービースタジオツアー
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. LEDテープで面光源を作る
今年も怪獣大進撃

コメント