ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活

ホビージャパンのムック「怪獣大進撃」は特撮系のガレージキット&トイカタログで、昔は毎年刊行されていた。このムック本はオイラがガレージキットというものの存在を知るきっかけだったんだけど、GMKの頃を最後に終了してしまった。その後、ファンによる非公式のWeb版というのもあったな。
後年はホントにただのカタログみたいな内容ばっかりでHowToが少なかったけど、オイラは古本屋を巡ってバックナンバーを集めたりしたのである。初期の頃はフルスクラッチやガレージキット制作の記事が結構あったのだ。

そして今年、ゴジラの復活とともについに新刊登場ですよ。

怪獣大進撃 The Modeling of GODZILLA (ホビージャパンMOOK 579)


スポンサーリンク


スポンサーリンク

ゴジラ誕生 60 周年、そして待望の新作ゴジラ映画『GODZILLA』の公開を記念して、ホビージャパンが誇る怪獣専門 MOOK「怪獣大進撃」が復活。
今回は「The Modelling of GODZILLA」と題し、少数生産ながらハイクオリティーな造型が魅力のガレージキット、多彩なラインナップがコレクター心をくすぐるアクションフィギュア、懐かしのソフビ人形など、さまざまな立体物を通して、半世紀以上も日本人に愛され続けるゴジラと東宝怪獣の魅力に迫ります。

今回はホントにゴジラだらけの一冊になっている。ゴジラのフィギュアを使ったジオラマ制作記事では、モデラーの思い出話も充実(笑)
最後に各原型師達の作業場写真が載っていて、表紙を飾っている酒井ゆうじさん原型制作の初代ゴジラができるまでの連写もある。


スポンサーリンク

関連記事

映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』を観た (ネタバレ無し)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
アニメーション映画『GODZILLA -怪獣惑星-』の予告編が公開された!
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツの継ぎ目をエポキシパテで埋める
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 甲羅の接着とパテ埋め
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 口内の改造・塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 全身・腹甲のベース塗装
シン・ゴジラの最新予告篇映像が解禁されたぞ!
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 爪の塗装
酒井ゆうじ造型工房 ゴジラ2000ミレニアム造形デザイン 口閉じバージョン 表面の洗浄
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 背びれの塗装・接着
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 腹甲・甲羅の塗装
ゴジラ(2014)のメイキング
メカコレクション ジェットビートル 一部組立・表面処理
日本でMakersは普及するだろうか?
ゴジラの口の色
エアブラシの思い出
薩摩剣八郎のゴジラ剣法
ゴジラ三昧
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
2016年 観に行った映画振り返り
映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を観た (ネタバレ無し)
HG 1/144 ガンダムバルバトス 塗装を想定した加工
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その4
シフトカーの改造
シン・ゴジラのDVD&Blu-ray発売
映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』を観た
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
ラクガキの立体化
Web配信時代のコンテンツ構成
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 全身のドライブラシ・爪の塗装
仮面ライダーの玩具
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める

コメント