ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割

ここまでトータル17時間作業した。



当初目標としていた20時間までは残りあと3時間ということになるけど、目標時間を超過したとしても作業は続けるだろうな。

頭から首にかけてのフォルムは大体出来上がっているけど、後頭部のディティールや口内は資料不足でまだ決め切れていない。アヴァンガメラの情報は少ないので、トトを参考に想像で補うことにする。

SubToolの分割

口内などの入り組んだ箇所を作り込みやすいように、頭部、下アゴ、首の3つにSubToolを分割した。



首の根本を延長して太らせたのは身体と繋ぐ兼ね合いです。


スポンサーリンク


最初はPolyGroup分けで口内の作り込みに対処しようかとも思ったけど、SubToolを分けた方がシンプルで操作しやすい気がしたので。


後頭部の修正

資料不足な後頭部は、トトの後頭部の資料と睨めっこした結果、以前作り込んでいたようなシワではなく、ウロコの流れが続いているだろうと想像して大きなウロコを配した↓



口内もなんとなく作り込み始めた。左右非対称な造形にはまだビビって着手できていない。
ZBrush関連の書籍に載っているセオリーに従うと、もうこれぐらいのディティールの段階では基本トポロジーはFIXしてレイヤー機能を使って細かいディティールを入れているところだが、オイラはずっとDynaMeshで押し通している。
PCのメモリにはかなり余裕があるのでこのままDynaMeshで進めてしまおう。



身体の方も本格的に意識し始める。



スポンサーリンク

作業の振り返り

有給休暇を消化中でまとまった時間が取れたので、3時間以上作業してしまった。当初目標だった20時間には到達したけど、残念ながら完成には至らなかった。昔から、こだわりが強過ぎてモデリング作業がいつまで経っても終えられず、全然その後の工程に進めない。

頭部

後頭部の基本ラインの突破口が開けたので、頭部のモデリングは山場を超えた気がする。



口内をもう少し作り込んで牙も揃えて、頬からのウロコの流れを整え、目元周りの左右非対称な作り込みに進もう。

身体

身体の方は、まだ甲羅の基本形状も捉え切れていない。



腕も脚もとりあえず別パーツ化したけど、手脚の造形は最も人間の骨格の理解がバレる範囲なので難航しそう。
脇の下あたりは資料でも影になっていてよく見えないので、腹甲と甲羅の繋がり部分の形状が分からない。
参考に、映画公開当時に発売されたトトのフィギュアを買ってみるか。

GE-09 超合金ガメラ

今頃になって、アヴァンガメラの後頭部の参考になりそうな画像をTwitterで見つけた↓



実際のアヴァンガメラスーツの表面は、ラテックスにオガクズを混ぜた通称「オガラテ」が使用されているらしく、粘土原型の型取りだけでは表現できないような独特のテクスチャがある。
そろそろ質感表現のためのZBrushのフリーのブラシを探してみよう。岩のような質感を再現できるブラシが良いかな。

1人で模倣してみようとすると、どんな材料が必要で何が不足しているのかがだんだん見えるようになる。
最初の20時間というのは、まだ「見る目」も備わっていない辛い段階を突破する目安なのかもな。やり抜くためのコツと言えるかもしれない。
どんなに鈍い人間でも、20時間続ければそれなりに見えてくるものがあり、「気づき」の入り口までは到達できる。

とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓



GMKゴジラも作ってみたいんだよな。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
adskShaderSDK
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
天体写真の3D動画
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 完成
マジョーラ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
布地のシワの法則性
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ワンダーフェスティバル2016[夏]に行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 パーツの継ぎ目・気泡のパテ埋め
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
3Dグラフィックスの入門書
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
Paul Debevec
注文してた本が届いた
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
3D復元技術の情報リンク集
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 完成
BlenderのRigifyでリギング
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』を観てきた
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Stanford Bunny
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
『ゴジラと特撮美術の世界展』の公式図録
Maya 2015から標準搭載されたMILA
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化

コメント