顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』

Amazonの新しいスマホに搭載されてちょっと話題になったけど、カメラから画像認識技術を使ってユーザーの視線を計算すれば、2Dの普通のディスプレイでも疑似的に3D映像を表示することができる。Amazonはこの疑似表示方法をDynamic Perspectiveと呼んでいる。
これは、対象ユーザーが1人の場合に可能な方法で、ユーザーの目の移動に合わせてディスプレイに表示する映像を変化させることで、奥行きを感じさせるもの。スマホのように手に持つなど、目とディスプレイの位置関係が手振れなどで常に変動する環境が前提。両者の位置が静止した関係では立体感を表現できない。


スポンサーリンク


https://www.youtube.com/watch?v=RvOIpN7ZiVg

個人的にこの考え方は非常に好き。この考え方というのは、表示を3Dにすることでよりリッチにしようって考えのこと。3Dテレビが盛り上がらなかったせいなのか、割と「3Dは無意味」って認識が根強いんだけど、コンテンツを作りづらいのが普及の一番の足かせだったと思う。日常生活で空間認識している状態に近い情報提示手段の方が、より直観的なUIだとオイラは考えている。
もちろん2Dの方が相応しい場合もあるとは思うけど、3Dだから可能になることもたくさんあるんじゃないだろうか。文書みたいなデスクトップのパラダイムで生まれた情報は確かに2Dの方が良いんだけどさ。

アマゾン初のスマートフォン「Fire Phone」レビュー(前編)–3D効果やデザインなど
アマゾン初のスマートフォン「Fire Phone」レビュー(後編)–アプリや機能、性能など

ちなみに、カメラ画像からの顔追跡には日本のオムロン社のエンジンが使われているらしい。同じ原理でiPadでもソフトウェア的に3D表示を実装することができる。
iPadで実装した例↓


スポンサーリンク
i3D — Head Tracking for iPad: Glasses-Free 3D Display

顔や視線でコントロール コンピュータビジョンのセカイ – 今そこにあるミライ


スポンサーリンク

関連記事

3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
PolyPaint
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
顔モデリングのチュートリアル
ZScript
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Mayaのレンダリング アトリビュート
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
立体視を試してみた
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
CGのためのディープラーニング
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ゴジラ(2014)のメイキング
CreativeCOW.net
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
この本読むよ
顔のモデリング
マジョーラ
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
マイケル・ベイの動画の感覚
Houdiniのライセンスの種類
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
テスト
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
CEDEC 3日目
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
無料で使える人体3DCG作成ツール

コメント