顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』

Amazonの新しいスマホに搭載されてちょっと話題になったけど、カメラから画像認識技術を使ってユーザーの視線を計算すれば、2Dの普通のディスプレイでも疑似的に3D映像を表示することができる。Amazonはこの疑似表示方法をDynamic Perspectiveと呼んでいる。
これは、対象ユーザーが1人の場合に可能な方法で、ユーザーの目の移動に合わせてディスプレイに表示する映像を変化させることで、奥行きを感じさせるもの。スマホのように手に持つなど、目とディスプレイの位置関係が手振れなどで常に変動する環境が前提。両者の位置が静止した関係では立体感を表現できない。


スポンサーリンク




個人的にこの考え方は非常に好き。この考え方というのは、表示を3Dにすることでよりリッチにしようって考えのこと。3Dテレビが盛り上がらなかったせいなのか、割と「3Dは無意味」って認識が根強いんだけど、コンテンツを作りづらいのが普及の一番の足かせだったと思う。日常生活で空間認識している状態に近い情報提示手段の方が、より直観的なUIだとオイラは考えている。
もちろん2Dの方が相応しい場合もあるとは思うけど、3Dだから可能になることもたくさんあるんじゃないだろうか。文書みたいなデスクトップのパラダイムで生まれた情報は確かに2Dの方が良いんだけどさ。

アマゾン初のスマートフォン「Fire Phone」レビュー(前編)–3D効果やデザインなど
アマゾン初のスマートフォン「Fire Phone」レビュー(後編)–アプリや機能、性能など

ちなみに、カメラ画像からの顔追跡には日本のオムロン社のエンジンが使われているらしい。同じ原理でiPadでもソフトウェア的に3D表示を実装することができる。
iPadで実装した例↓



顔や視線でコントロール コンピュータビジョンのセカイ – 今そこにあるミライ


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Unreal Engineの薄い本
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Adobe MAX 2015
Physically Based Rendering
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
ZBrushの練習 手のモデリング
顔画像処理技術の過去の研究
今年もSSII
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
自前Shaderの件 解決しました
2012のメイキングまとめ(途中)
布地のシワの法則性
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
テスト
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
タマムシっぽい質感
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
Unityの薄い本
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
天体写真の3D動画
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
ポイントクラウドコンソーシアム
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
シン・ゴジラのファンアート

コメント