OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び

性懲りもなくまだやってます。(作業メモ的な記事なので読みづらいです)



前回、sfmモジュールのビルドでgflagsのリンクが上手くいかったので、その対処を考える。
前回はglogをビルドする時にgflagsが有効になっていなかった。glog同梱のVisual Studioソリューションファイルを使ってしまうと、gflagsが無効のままビルドされてしまうようだ。同梱のソリューションファイルは無視して、自分でcmakeしてビルドしないとダメだ。

ただ、GitHubで配布されているglog v0.3.4にはなぜかCMakeLists.txtが入っていなかったので、現在の最新masterをダウンロードしてきた。(なのでバージョンは明記できず…)
cmakeの変数設定でWITH_GFLAGSにチェックを入れてslnファイルをGenerateした。
最新のmasterだからか、今回は特にコードの修正をしなくても普通にビルドまで通ったしまったぞ。


スポンサーリンク


前回のビルドでは、sfmモジュールのサンプル実行時にvizモジュール関係のエラーで止まってしまったので、今回はVTK-7.1.0ではなく、安全な(?)VTK-6.3.0を使う。また、Ceres-Solverはバージョン1.12.0が正式リリースされていたのでそれを使う。
ということで、ビルドする順番として以下。

  1. Eigen3.2.10cmakeEigen.sln
  2. Gflags2.2.0→cmake→gflags.sln
  3. Glog-master→cmake→google-glog.sln
  4. suitesparse-metis-for-windows1.3.1→cmake→SuiteSparseProject.sln
  5. Ceres-Solver1.12.0→cmake→Ceres.sln
  6. VTK-6.3.0→cmake→VTK.sln
  7. opencv-3.1.0opencv_contrib-3.1.0→cmake→OpenCV.sln

と、ここまでやって今頃気づいたけど、前回Qiita記事にあったこれやるのを忘れてたからgflagsのリンクとsfmモジュールの有効化に失敗したんだな↓


スポンサーリンク

さらに新たな変数として

GFLAGS_INCLUDE_DIRS
GFLAGS_LIBRARIES

を”Add Entry“ボタンから追加して,それぞれ,”/include/”と,”/lib/gflags.lib”を設定してみてください.

ということで(笑)、OpenCVのcmake設定でgflagsのリンクを追加すると、sfmモジュールが有効になるんですね。(元記事ちゃんと読め!)

これでOpenCV.slnのALL_BUILDをビルドしたんだけど、opencv_sfm310.dllとopencv_sfm310d.dllだけビルドに失敗してしまった。
ダメ押しでOpenCVのcmake変数に
CERES_INCLUDE_DIR
CERES_LIBRARY
も明示的に”Add Entry“ボタンから追加して再びビルドしたら通った。

そして、再びサンプルコードを動かす準備。
http://qiita.com/ChaoticActivity/items/178d23508b92a09e59ea

オイラはopencv2/sfm.hppに

#define CERES_FOUND 1

を追加して対処した。

あれ、今度はエラーでウィンドウすら出ない。。。

ちくしょう!台無しにしやがった!お前はいつもそうだ。誰もお前を愛さない。

やっぱりVTK関係なのかな。ビルド設定の問題というより、実行環境のハードウェア的な問題だったりして…

GitHub上のsfmモジュールのリポジトリを見てみると、5ヶ月前に”Fix for SFM module build on Windows”ってなってるけど、最新版を使えばすんなり行くのだろうか。
https://github.com/opencv/opencv_contrib/tree/master/modules/sfm

この画を早く見たい。。。


スポンサーリンク

関連記事

フォトンの放射から格納までを可視化した動画
定数
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
Google App EngineでWordPress
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
UnityでARKit2.0
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
UnityでLight Shaftを表現する
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Adobe MAX 2015
ZBrush 2018での作業環境を整える
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
プログラミングスキルとは何か?
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
手を動かしながら学ぶデータマイニング
adskShaderSDK
HerokuでMEAN stack
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
Regard3D:オープンソースのStructure from Motionツール
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Point Cloud Utils:Pythonで3D点群・メッシュを扱うライブラリ
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
Mayaのシェーディングノードの区分
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』

コメント