OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び

性懲りもなくまだやってます。(作業メモ的な記事なので読みづらいです)



前回、sfmモジュールのビルドでgflagsのリンクが上手くいかったので、その対処を考える。
前回はglogをビルドする時にgflagsが有効になっていなかった。glog同梱のVisual Studioソリューションファイルを使ってしまうと、gflagsが無効のままビルドされてしまうようだ。同梱のソリューションファイルは無視して、自分でcmakeしてビルドしないとダメだ。

ただ、GitHubで配布されているglog v0.3.4にはなぜかCMakeLists.txtが入っていなかったので、現在の最新masterをダウンロードしてきた。(なのでバージョンは明記できず…)
cmakeの変数設定でWITH_GFLAGSにチェックを入れてslnファイルをGenerateした。
最新のmasterだからか、今回は特にコードの修正をしなくても普通にビルドまで通ったしまったぞ。


スポンサーリンク


前回のビルドでは、sfmモジュールのサンプル実行時にvizモジュール関係のエラーで止まってしまったので、今回はVTK-7.1.0ではなく、安全な(?)VTK-6.3.0を使う。また、Ceres-Solverはバージョン1.12.0が正式リリースされていたのでそれを使う。
ということで、ビルドする順番として以下。

  1. Eigen3.2.10cmakeEigen.sln
  2. Gflags2.2.0→cmake→gflags.sln
  3. Glog-master→cmake→google-glog.sln
  4. suitesparse-metis-for-windows1.3.1→cmake→SuiteSparseProject.sln
  5. Ceres-Solver1.12.0→cmake→Ceres.sln
  6. VTK-6.3.0→cmake→VTK.sln
  7. opencv-3.1.0opencv_contrib-3.1.0→cmake→OpenCV.sln

と、ここまでやって今頃気づいたけど、前回Qiita記事にあったこれやるのを忘れてたからgflagsのリンクとsfmモジュールの有効化に失敗したんだな↓


スポンサーリンク

さらに新たな変数として

GFLAGS_INCLUDE_DIRS
GFLAGS_LIBRARIES

を”Add Entry“ボタンから追加して,それぞれ,”/include/”と,”/lib/gflags.lib”を設定してみてください.

ということで(笑)、OpenCVのcmake設定でgflagsのリンクを追加すると、sfmモジュールが有効になるんですね。(元記事ちゃんと読め!)

これでOpenCV.slnのALL_BUILDをビルドしたんだけど、opencv_sfm310.dllとopencv_sfm310d.dllだけビルドに失敗してしまった。
ダメ押しでOpenCVのcmake変数に
CERES_INCLUDE_DIR
CERES_LIBRARY
も明示的に”Add Entry“ボタンから追加して再びビルドしたら通った。

そして、再びサンプルコードを動かす準備。
http://qiita.com/ChaoticActivity/items/178d23508b92a09e59ea

オイラはopencv2/sfm.hppに

#define CERES_FOUND 1

を追加して対処した。

あれ、今度はエラーでウィンドウすら出ない。。。

ちくしょう!台無しにしやがった!お前はいつもそうだ。誰もお前を愛さない。

やっぱりVTK関係なのかな。ビルド設定の問題というより、実行環境のハードウェア的な問題だったりして…

GitHub上のsfmモジュールのリポジトリを見てみると、5ヶ月前に”Fix for SFM module build on Windows”ってなってるけど、最新版を使えばすんなり行くのだろうか。
https://github.com/opencv/opencv_contrib/tree/master/modules/sfm

この画を早く見たい。。。


スポンサーリンク

関連記事

写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
Raspberry PiでIoTごっこ
OpenCVで動画の手ぶれ補正
Raspberry Pi
動的なメモリの扱い
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
UnityでLight Shaftを表現する
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
オープンソースの取引プラットフォーム
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Amazon Web ServicesでWordPress
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
OpenGVのライブラリ構成
Photogrammetry (写真測量法)
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
顔画像処理技術の過去の研究
参考書
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
Maya API Reference
Managing Software Requirements: A Unified Approach

コメント