geometry3Sharp:Unity C#で使えるポリゴン操作ライブラリ

Unityはポリゴンのオブジェクトを扱う割に、意外とポリゴンジオメトリを操作するAPIが貧弱。
でも、ポリゴンジオメトリ操作の有名なライブラリはC++かPythonに偏っており、直接C#で利用できるライブラリは少ない。

そんな中で有力な選択肢になるのがgeometry3Sharpなんだけど、すでにメンテナンスが止まっており、フォークプロジェクト geometry4Sharpの使用が公式に推奨されている。

とはいえ、geometry4Sharpの方はドキュメントや配布(NuGet Packageなど)がまだあまり整備されていないので、しばらくの間はgeometry3Sharpの方が小回りが効いて便利そう。長期プロジェクトへの採用はgeometry4Sharpを前提にした方が良さそうだけど。

geometry3Sharp



ジオメトリ計算のためのオープンソース(Boost-license)のC#ライブラリです。

geometry3SharpはUnityと互換性があります。UnityプロジェクトのScripting Define SymbolsG3_USING_UNITYを設定すれば、g3とUnityのVector型の間を透過的に相互利用できます。(本README最下部の詳細をご覧ください)
このライブラリはC# 4.5向けに開発されていますが、.NET 3.5 Unityランタイムでも一部機能を除いて動作します。

現状、一部unsafeコードが含まれていますが、このコードはごく限られた高速バッファコピー処理でのみ使用されており、safeバージョンが必要な場合は削除できます。(例:Unity Webプレーヤー用など)

NuGet Packageを利用できます。このパッケージはgithubのmaster ブランチからほぼ毎月更新されため、「より」安定しています。
現在、このパッケージには.NET 4.5と.NET Standard 2.0のdllが含まれています。他にご希望がありましたら、メールにてご連絡いただければ追加可能です。


スポンサーリンク

作者のWebサイトでデータ構造の説明チュートリアルが公開されている。
http://www.gradientspace.com/

また、geometry3Sharpを使用して作られたGUIツール COTANGENTがある。


スポンサーリンク


geometry3SharpをUnityで利用するには↓

Unity Interop

geometry3Sharpは、Unityの型との透過的な変換をサポートしています。これを有効にするには、UnityプロジェクトのPlayer Settings > Playerの Scripting Define SymbolsG3_USING_UNITYの定義を追加してください。

有効にすると、以下のようなコードが透過的に機能します。

Vector3 unityVec;
Vector3f g3Vec;
unityVec = g3vec;
g3vec = unityVec;

float型からdouble型への変換は透過的に機能しますが、double型からfloat型への変換には明示的なキャストが必要です。

Vector3d g3vecd;
g3vecd = gameObject.transform.position;
gameObject.transform.position = (Vector3)g3vecd;

この機能は、Vector2、Vector3、Quaterion、Ray、Color、Bounds (w/ AxisAlignedBox3f)で機能します。
これらの変換が等式では機能しないことに注意してください。したがって、Vector3fとVector3を追加するには、一方を明示的にもう一方へキャストする必要があります。

そして後継のフォークプロジェクト geometry4Sharp

geometry4Sharp

ジオメトリ計算のためのオープンソース(Boost-license)のC#ライブラリです。
geometry4Sharpはgeometry3sharpをフォークしたプロジェクトです。

まだNuGetパッケージは利用できません。パッケージはmainブランチから更新される予定です。

仕様はまだほとんどgeometry3Sharpと変わらないようだが、namespaceがg3からg4に変更されてる(笑)


スポンサーリンク

関連記事

注文してた本が届いた
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
この本読むよ
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrushでアマビエを作る その2
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
ZBrushで仮面ライダーBLACK SUNを作る 頭部~バストの概形
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
OpenMayaRender
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
MFnDataとMFnAttribute
ディープラーニング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Oculus Goを購入!
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
映像ビジネスの未来
HerokuでMEAN stack
このブログのデザインに飽きてきた
pythonもかじってみようかと
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』

コメント