geometry3Sharp:Unity C#で使えるポリゴン操作ライブラリ

Unityはポリゴンのオブジェクトを扱う割に、意外とポリゴンジオメトリを操作するAPIが貧弱。
でも、ポリゴンジオメトリ操作の有名なライブラリはC++かPythonに偏っており、直接C#で利用できるライブラリは少ない。

そんな中で有力な選択肢になるのがgeometry3Sharpなんだけど、すでにメンテナンスが止まっており、フォークプロジェクト geometry4Sharpの使用が公式に推奨されている。

とはいえ、geometry4Sharpの方はドキュメントや配布(NuGet Packageなど)がまだあまり整備されていないので、しばらくの間はgeometry3Sharpの方が小回りが効いて便利そう。長期プロジェクトへの採用はgeometry4Sharpを前提にした方が良さそうだけど。

geometry3Sharp



ジオメトリ計算のためのオープンソース(Boost-license)のC#ライブラリです。

geometry3SharpはUnityと互換性があります。UnityプロジェクトのScripting Define SymbolsG3_USING_UNITYを設定すれば、g3とUnityのVector型の間を透過的に相互利用できます。(本README最下部の詳細をご覧ください)
このライブラリはC# 4.5向けに開発されていますが、.NET 3.5 Unityランタイムでも一部機能を除いて動作します。

現状、一部unsafeコードが含まれていますが、このコードはごく限られた高速バッファコピー処理でのみ使用されており、safeバージョンが必要な場合は削除できます。(例:Unity Webプレーヤー用など)

NuGet Packageを利用できます。このパッケージはgithubのmaster ブランチからほぼ毎月更新されため、「より」安定しています。
現在、このパッケージには.NET 4.5と.NET Standard 2.0のdllが含まれています。他にご希望がありましたら、メールにてご連絡いただければ追加可能です。


スポンサーリンク

作者のWebサイトでデータ構造の説明チュートリアルが公開されている。
http://www.gradientspace.com/

また、geometry3Sharpを使用して作られたGUIツール COTANGENTがある。


スポンサーリンク


geometry3SharpをUnityで利用するには↓

Unity Interop

geometry3Sharpは、Unityの型との透過的な変換をサポートしています。これを有効にするには、UnityプロジェクトのPlayer Settings > Playerの Scripting Define SymbolsG3_USING_UNITYの定義を追加してください。

有効にすると、以下のようなコードが透過的に機能します。

Vector3 unityVec;
Vector3f g3Vec;
unityVec = g3vec;
g3vec = unityVec;

float型からdouble型への変換は透過的に機能しますが、double型からfloat型への変換には明示的なキャストが必要です。

Vector3d g3vecd;
g3vecd = gameObject.transform.position;
gameObject.transform.position = (Vector3)g3vecd;

この機能は、Vector2、Vector3、Quaterion、Ray、Color、Bounds (w/ AxisAlignedBox3f)で機能します。
これらの変換が等式では機能しないことに注意してください。したがって、Vector3fとVector3を追加するには、一方を明示的にもう一方へキャストする必要があります。

そして後継のフォークプロジェクト geometry4Sharp

geometry4Sharp

ジオメトリ計算のためのオープンソース(Boost-license)のC#ライブラリです。
geometry4Sharpはgeometry3sharpをフォークしたプロジェクトです。

まだNuGetパッケージは利用できません。パッケージはmainブランチから更新される予定です。

仕様はまだほとんどgeometry3Sharpと変わらないようだが、namespaceがg3からg4に変更されてる(笑)


スポンサーリンク

関連記事

Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
サンプルコードにも間違いはある?
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
UnityからROSを利用できる『ROS#』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み
ZBrush 4R7
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
OpenGVのライブラリ構成
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
続・ディープラーニングの資料
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
Konashiを買った
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
VCG Library:C++のポリゴン操作ライブラリ
映画『シン・仮面ライダー』 メイキング情報まとめ
フルCGのウルトラマン!?
HD画質の無駄遣い その2
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』を観た
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ZBrushのお勉強
3DCG Meetup #4に行ってきた
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
Regard3D:オープンソースのStructure from Motionツール
無料で使える人体3DCG作成ツール
NeRF (Neural Radiance Fields):機械学習による未知視点合成
UnityのTransformクラスについて調べてみた
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ

コメント