BlenderでPhotogrammetryできるアドオン

最近、Blenderのアドオンを色々と調べてる。

blender-photogrammetry

Blender 2.79と2.80用のphotogrammetryアドオンです。複数のphotogrammetryフォーマット間の変換処理に加え、Blenderのcamera trackerから直接密な再構築を行うこともできます。

ユーザーフレンドリーを維持するために、このアドオンにはデータの処理に必要な全てのプリコンパイル済みバイナリが付属しています。

このアドオンを有効にすると、Propertiesパネル → Sceneタブにphotogrammetryの設定が追加されます。

GitHubでバージョン1.0が配布されている。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

対応フォーマット

入力:
  • Blenderのmotion tracker: 動画トラッキングからtrackerと再構築データを読み込むことができます。これはリファレンスやレンダリング、シミュレーションなどに使う密な点群を生成するのに適しています。
  • Bundler: bundle.outファイルとlist.txtファイルで構成されるBundlerフォーマットを読み込みます。
  • ImageModeler: Autodesk ImageModelerの.rziファイルを読み込みます。

出力:
  • Blender: カメラと頂点を点群で表したmeshを出力します。
  • Bundler: bundle.outとlist.txt、そして他のphotogrammetryツールで利用できる画像を出力します。
  • PMVS: Bundlerフォーマットを出力後、PMVS2で密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。
  • COLMAP: PMVSのワークスペースを出力後、COLMAPで密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。(Windows CUDA GPU環境でのみ利用可能)

ノート: 入力と出力の形式は同一でも別々でも利用できるため、このアドオンを異なるphotogrammetryフォーマット間の変換ツールとしても使用できます。(Blenderを統合環境として利用する利点)

2020年4月 追記:その他、様々なPhotogrammetryツールのデータをBlenderにインポートするためのアドオンもある↓
https://github.com/SBCV/Blender-Addon-Photogrammetry-Importer



スポンサーリンク

関連記事

Google App EngineでWordPress
UnityでLight Shaftを表現する
ZBrushのUV MasterでUV展開
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
MFnMeshクラスのsplit関数
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
ZBrushで基本となるブラシ
UnityからROSを利用できる『ROS#』
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
BlenderのRigifyでリギング
ZBrush 2018での作業環境を整える
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
OpenCV
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
ガメラ生誕50周年
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
ZBrushのZScript入門
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
NICOGRAPHって有名?
素敵なパーティクル
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています

コメント