BlenderでPhotogrammetryできるアドオン

最近、Blenderのアドオンを色々と調べてる。

blender-photogrammetry

Blender 2.79と2.80用のphotogrammetryアドオンです。複数のphotogrammetryフォーマット間の変換処理に加え、Blenderのcamera trackerから直接密な再構築を行うこともできます。

ユーザーフレンドリーを維持するために、このアドオンにはデータの処理に必要な全てのプリコンパイル済みバイナリが付属しています。

このアドオンを有効にすると、Propertiesパネル → Sceneタブにphotogrammetryの設定が追加されます。

GitHubでバージョン1.0が配布されている。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

対応フォーマット

入力:
  • Blenderのmotion tracker: 動画トラッキングからtrackerと再構築データを読み込むことができます。これはリファレンスやレンダリング、シミュレーションなどに使う密な点群を生成するのに適しています。
  • Bundler: bundle.outファイルとlist.txtファイルで構成されるBundlerフォーマットを読み込みます。
  • ImageModeler: Autodesk ImageModelerの.rziファイルを読み込みます。

出力:
  • Blender: カメラと頂点を点群で表したmeshを出力します。
  • Bundler: bundle.outとlist.txt、そして他のphotogrammetryツールで利用できる画像を出力します。
  • PMVS: Bundlerフォーマットを出力後、PMVS2で密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。
  • COLMAP: PMVSのワークスペースを出力後、COLMAPで密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。(Windows CUDA GPU環境でのみ利用可能)

ノート: 入力と出力の形式は同一でも別々でも利用できるため、このアドオンを異なるphotogrammetryフォーマット間の変換ツールとしても使用できます。(Blenderを統合環境として利用する利点)

2020年4月 追記:その他、様々なPhotogrammetryツールのデータをBlenderにインポートするためのアドオンもある↓
https://github.com/SBCV/Blender-Addon-Photogrammetry-Importer



スポンサーリンク

関連記事

Physics Forests:機械学習で流体シミュレーションを近似する
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
MFnDataとMFnAttribute
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
タマムシっぽい質感
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ZBrushでアマビエを作る その2
ベイズ推定とグラフィカルモデル
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ZBrush 2018での作業環境を整える
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Kinect for Windows v2の日本価格決定
OpenGVの用語
Unreal Engine 5の情報が公開された!
UnityからROSを利用できる『ROS#』
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ZBrushのUV MasterでUV展開
顔画像処理技術の過去の研究
オープンソースの取引プラットフォーム
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
UnityのGlobal Illumination
ラクガキの立体化 モールドの追加
ZBrush 2018へのアップグレード
3D復元技術の情報リンク集
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
フルCGのウルトラマン!?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
デザインのリファイン再び
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
参考になりそうなサイト

コメント