BlenderでPhotogrammetryできるアドオン

最近、Blenderのアドオンを色々と調べてる。

blender-photogrammetry

Blender Photogrammetry Addon v1.0

Blender 2.79と2.80用のphotogrammetryアドオンです。複数のphotogrammetryフォーマット間の変換処理に加え、Blenderのcamera trackerから直接密な再構築を行うこともできます。

ユーザーフレンドリーを維持するために、このアドオンにはデータの処理に必要な全てのプリコンパイル済みバイナリが付属しています。

このアドオンを有効にすると、Propertiesパネル → Sceneタブにphotogrammetryの設定が追加されます。

GitHubでバージョン1.0が配布されている。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

対応フォーマット

入力:
  • Blenderのmotion tracker: 動画トラッキングからtrackerと再構築データを読み込むことができます。これはリファレンスやレンダリング、シミュレーションなどに使う密な点群を生成するのに適しています。
  • Bundler: bundle.outファイルとlist.txtファイルで構成されるBundlerフォーマットを読み込みます。
  • ImageModeler: Autodesk ImageModelerの.rziファイルを読み込みます。

出力:
  • Blender: カメラと頂点を点群で表したmeshを出力します。
  • Bundler: bundle.outとlist.txt、そして他のphotogrammetryツールで利用できる画像を出力します。
  • PMVS: Bundlerフォーマットを出力後、PMVS2で密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。
  • COLMAP: PMVSのワークスペースを出力後、COLMAPで密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。(Windows CUDA GPU環境でのみ利用可能)

ノート: 入力と出力の形式は同一でも別々でも利用できるため、このアドオンを異なるphotogrammetryフォーマット間の変換ツールとしても使用できます。(Blenderを統合環境として利用する利点)

2020年4月 追記:その他、様々なPhotogrammetryツールのデータをBlenderにインポートするためのアドオンもある↓
https://github.com/SBCV/Blender-Addon-Photogrammetry-Importer

Fully Automatic Camera Tracking for Blender using Photogrammetry (Structure from Motion)


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
CEDEC 3日目
Raspberry Pi 2を買いました
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
ラクガキの立体化
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
pythonもかじってみようかと
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
Boost オープンソースライブラリ
adskShaderSDK
PythonでBlenderのAdd-on開発
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
3Dグラフィックスの入門書
ゴジラ三昧
clearcoat Shader
アニゴジ関連情報
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Adobe Photoshop CS5の新機能
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Unityで360度ステレオVR動画を作る
海外ドラマのChromaKey
Maya LTのQuick Rigを試す
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
3DCGのモデルを立体化するサービス

コメント