BlenderでPhotogrammetryできるアドオン

最近、Blenderのアドオンを色々と調べてる。

blender-photogrammetry

Blender Photogrammetry Addon v1.0

Blender 2.79と2.80用のphotogrammetryアドオンです。複数のphotogrammetryフォーマット間の変換処理に加え、Blenderのcamera trackerから直接密な再構築を行うこともできます。

ユーザーフレンドリーを維持するために、このアドオンにはデータの処理に必要な全てのプリコンパイル済みバイナリが付属しています。

このアドオンを有効にすると、Propertiesパネル → Sceneタブにphotogrammetryの設定が追加されます。

GitHubでバージョン1.0が配布されている。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

対応フォーマット

入力:
  • Blenderのmotion tracker: 動画トラッキングからtrackerと再構築データを読み込むことができます。これはリファレンスやレンダリング、シミュレーションなどに使う密な点群を生成するのに適しています。
  • Bundler: bundle.outファイルとlist.txtファイルで構成されるBundlerフォーマットを読み込みます。
  • ImageModeler: Autodesk ImageModelerの.rziファイルを読み込みます。

出力:
  • Blender: カメラと頂点を点群で表したmeshを出力します。
  • Bundler: bundle.outとlist.txt、そして他のphotogrammetryツールで利用できる画像を出力します。
  • PMVS: Bundlerフォーマットを出力後、PMVS2で密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。
  • COLMAP: PMVSのワークスペースを出力後、COLMAPで密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。(Windows CUDA GPU環境でのみ利用可能)

ノート: 入力と出力の形式は同一でも別々でも利用できるため、このアドオンを異なるphotogrammetryフォーマット間の変換ツールとしても使用できます。(Blenderを統合環境として利用する利点)

2020年4月 追記:その他、様々なPhotogrammetryツールのデータをBlenderにインポートするためのアドオンもある↓
https://github.com/SBCV/Blender-Addon-Photogrammetry-Importer

Fully Automatic Camera Tracking for Blender using Photogrammetry (Structure from Motion)


スポンサーリンク

関連記事

フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Open Shading Language (OSL)
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
立体視を試してみた
BlenderのRigifyでリギング
UnityのGlobal Illumination
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
Paul Debevec
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
布地のシワの法則性
PCA (主成分分析)
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Subsurface scatteringの動画
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
3DCGのモデルを立体化するサービス
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
ディープラーニング
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ラクガキの立体化 目標設定
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
注文してた本が届いた
OpenGVのライブラリ構成
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
無料で使える人体3DCG作成ツール

コメント