BlenderでPhotogrammetryできるアドオン

最近、Blenderのアドオンを色々と調べてる。

blender-photogrammetry

Blender Photogrammetry Addon v1.0

Blender 2.79と2.80用のphotogrammetryアドオンです。複数のphotogrammetryフォーマット間の変換処理に加え、Blenderのcamera trackerから直接密な再構築を行うこともできます。

ユーザーフレンドリーを維持するために、このアドオンにはデータの処理に必要な全てのプリコンパイル済みバイナリが付属しています。

このアドオンを有効にすると、Propertiesパネル → Sceneタブにphotogrammetryの設定が追加されます。

GitHubでバージョン1.0が配布されている。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

対応フォーマット

入力:
  • Blenderのmotion tracker: 動画トラッキングからtrackerと再構築データを読み込むことができます。これはリファレンスやレンダリング、シミュレーションなどに使う密な点群を生成するのに適しています。
  • Bundler: bundle.outファイルとlist.txtファイルで構成されるBundlerフォーマットを読み込みます。
  • ImageModeler: Autodesk ImageModelerの.rziファイルを読み込みます。

出力:
  • Blender: カメラと頂点を点群で表したmeshを出力します。
  • Bundler: bundle.outとlist.txt、そして他のphotogrammetryツールで利用できる画像を出力します。
  • PMVS: Bundlerフォーマットを出力後、PMVS2で密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。
  • COLMAP: PMVSのワークスペースを出力後、COLMAPで密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。(Windows CUDA GPU環境でのみ利用可能)

ノート: 入力と出力の形式は同一でも別々でも利用できるため、このアドオンを異なるphotogrammetryフォーマット間の変換ツールとしても使用できます。(Blenderを統合環境として利用する利点)

2020年4月 追記:その他、様々なPhotogrammetryツールのデータをBlenderにインポートするためのアドオンもある↓
https://github.com/SBCV/Blender-Addon-Photogrammetry-Importer

Fully Automatic Camera Tracking for Blender using Photogrammetry (Structure from Motion)


スポンサーリンク

関連記事

Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
ラクガキの立体化 反省
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
ガメラ生誕50周年
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
日本でMakersは普及するだろうか?
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
HD画質の無駄遣い その2
続・ディープラーニングの資料
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
Google App EngineでWordPress
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
なんかすごいサイト
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
デザインのリファイン再び
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
Pix2Pix:CGANによる画像変換
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』

コメント