BlenderでPhotogrammetryできるアドオン

最近、Blenderのアドオンを色々と調べてる。

blender-photogrammetry

Blender 2.79と2.80用のphotogrammetryアドオンです。複数のphotogrammetryフォーマット間の変換処理に加え、Blenderのcamera trackerから直接密な再構築を行うこともできます。

ユーザーフレンドリーを維持するために、このアドオンにはデータの処理に必要な全てのプリコンパイル済みバイナリが付属しています。

このアドオンを有効にすると、Propertiesパネル → Sceneタブにphotogrammetryの設定が追加されます。

GitHubでバージョン1.0が配布されている。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

対応フォーマット

入力:
  • Blenderのmotion tracker: 動画トラッキングからtrackerと再構築データを読み込むことができます。これはリファレンスやレンダリング、シミュレーションなどに使う密な点群を生成するのに適しています。
  • Bundler: bundle.outファイルとlist.txtファイルで構成されるBundlerフォーマットを読み込みます。
  • ImageModeler: Autodesk ImageModelerの.rziファイルを読み込みます。

出力:
  • Blender: カメラと頂点を点群で表したmeshを出力します。
  • Bundler: bundle.outとlist.txt、そして他のphotogrammetryツールで利用できる画像を出力します。
  • PMVS: Bundlerフォーマットを出力後、PMVS2で密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。
  • COLMAP: PMVSのワークスペースを出力後、COLMAPで密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。(Windows CUDA GPU環境でのみ利用可能)

ノート: 入力と出力の形式は同一でも別々でも利用できるため、このアドオンを異なるphotogrammetryフォーマット間の変換ツールとしても使用できます。(Blenderを統合環境として利用する利点)

2020年4月 追記:その他、様々なPhotogrammetryツールのデータをBlenderにインポートするためのアドオンもある↓
https://github.com/SBCV/Blender-Addon-Photogrammetry-Importer



スポンサーリンク

関連記事

マジョーラ
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン
Physics Forests:機械学習で流体シミュレーションを近似する
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
Mayaのレンダリング アトリビュート
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
顔画像処理技術の過去の研究
UnityでOpenCVを使うには?
ROSでガンダムを動かす
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
ZBrush 2018での作業環境を整える
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
ZBrush 2018へのアップグレード
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
BlenderのGeometry Nodeで遊ぶ
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
タダでRenderManを体験する方法
この連休でZBrushの スキルアップを…
機械学習手法『Random Forest』
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
ポリ男をリファイン
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
プログラムによる景観の自動生成
UnityでLight Shaftを表現する
ZBrushの練習 手のモデリング
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
続・ディープラーニングの資料
2012のメイキングまとめ(途中)
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
Mixamo:人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
ZBrushの作業環境を見直す

コメント