BlenderでPhotogrammetryできるアドオン

最近、Blenderのアドオンを色々と調べてる。

blender-photogrammetry

Blender 2.79と2.80用のphotogrammetryアドオンです。複数のphotogrammetryフォーマット間の変換処理に加え、Blenderのcamera trackerから直接密な再構築を行うこともできます。

ユーザーフレンドリーを維持するために、このアドオンにはデータの処理に必要な全てのプリコンパイル済みバイナリが付属しています。

このアドオンを有効にすると、Propertiesパネル → Sceneタブにphotogrammetryの設定が追加されます。

GitHubでバージョン1.0が配布されている。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

対応フォーマット

入力:
  • Blenderのmotion tracker: 動画トラッキングからtrackerと再構築データを読み込むことができます。これはリファレンスやレンダリング、シミュレーションなどに使う密な点群を生成するのに適しています。
  • Bundler: bundle.outファイルとlist.txtファイルで構成されるBundlerフォーマットを読み込みます。
  • ImageModeler: Autodesk ImageModelerの.rziファイルを読み込みます。

出力:
  • Blender: カメラと頂点を点群で表したmeshを出力します。
  • Bundler: bundle.outとlist.txt、そして他のphotogrammetryツールで利用できる画像を出力します。
  • PMVS: Bundlerフォーマットを出力後、PMVS2で密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。
  • COLMAP: PMVSのワークスペースを出力後、COLMAPで密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。(Windows CUDA GPU環境でのみ利用可能)

ノート: 入力と出力の形式は同一でも別々でも利用できるため、このアドオンを異なるphotogrammetryフォーマット間の変換ツールとしても使用できます。(Blenderを統合環境として利用する利点)

2020年4月 追記:その他、様々なPhotogrammetryツールのデータをBlenderにインポートするためのアドオンもある↓
https://github.com/SBCV/Blender-Addon-Photogrammetry-Importer



スポンサーリンク

関連記事

書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
タダでRenderManを体験する方法
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
NVIDIA GeForce RTX 3080を購入
デザインのリファイン再び
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
天体写真の3D動画
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
プログラムによる景観の自動生成
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』を観た
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ZBrushCore
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
Qlone:スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
iPhone欲しいなぁ
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushで基本となるブラシ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
布地のシワの法則性
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル

コメント