BlenderでPhotogrammetryできるアドオン

最近、Blenderのアドオンを色々と調べてる。

blender-photogrammetry

Blender Photogrammetry Addon v1.0

Blender 2.79と2.80用のphotogrammetryアドオンです。複数のphotogrammetryフォーマット間の変換処理に加え、Blenderのcamera trackerから直接密な再構築を行うこともできます。

ユーザーフレンドリーを維持するために、このアドオンにはデータの処理に必要な全てのプリコンパイル済みバイナリが付属しています。

このアドオンを有効にすると、Propertiesパネル → Sceneタブにphotogrammetryの設定が追加されます。

GitHubでバージョン1.0が配布されている。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

対応フォーマット

入力:
  • Blenderのmotion tracker: 動画トラッキングからtrackerと再構築データを読み込むことができます。これはリファレンスやレンダリング、シミュレーションなどに使う密な点群を生成するのに適しています。
  • Bundler: bundle.outファイルとlist.txtファイルで構成されるBundlerフォーマットを読み込みます。
  • ImageModeler: Autodesk ImageModelerの.rziファイルを読み込みます。

出力:
  • Blender: カメラと頂点を点群で表したmeshを出力します。
  • Bundler: bundle.outとlist.txt、そして他のphotogrammetryツールで利用できる画像を出力します。
  • PMVS: Bundlerフォーマットを出力後、PMVS2で密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。
  • COLMAP: PMVSのワークスペースを出力後、COLMAPで密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。(Windows CUDA GPU環境でのみ利用可能)

ノート: 入力と出力の形式は同一でも別々でも利用できるため、このアドオンを異なるphotogrammetryフォーマット間の変換ツールとしても使用できます。(Blenderを統合環境として利用する利点)

2020年4月 追記:その他、様々なPhotogrammetryツールのデータをBlenderにインポートするためのアドオンもある↓
https://github.com/SBCV/Blender-Addon-Photogrammetry-Importer

Fully Automatic Camera Tracking for Blender using Photogrammetry (Structure from Motion)


スポンサーリンク

関連記事

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
Adobe MAX 2015
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
NVIDIA GeForce RTX 3080を購入
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
UnityでARKit2.0
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
参考書
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
機械学習について最近知った情報
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ラクガキの立体化 モールドの追加
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
SIGGRAPH Asia
3D復元技術の情報リンク集
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
Raytracing Wiki
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ガメラ生誕50周年
Photogrammetry (写真測量法)
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
ZBrush 4R7
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
ZBrush 2018へのアップグレード
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール

コメント