BlenderでPhotogrammetryできるアドオン

最近、Blenderのアドオンを色々と調べてる。

blender-photogrammetry

Blender 2.79と2.80用のphotogrammetryアドオンです。複数のphotogrammetryフォーマット間の変換処理に加え、Blenderのcamera trackerから直接密な再構築を行うこともできます。

ユーザーフレンドリーを維持するために、このアドオンにはデータの処理に必要な全てのプリコンパイル済みバイナリが付属しています。

このアドオンを有効にすると、Propertiesパネル → Sceneタブにphotogrammetryの設定が追加されます。

GitHubでバージョン1.0が配布されている。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

対応フォーマット

入力:
  • Blenderのmotion tracker: 動画トラッキングからtrackerと再構築データを読み込むことができます。これはリファレンスやレンダリング、シミュレーションなどに使う密な点群を生成するのに適しています。
  • Bundler: bundle.outファイルとlist.txtファイルで構成されるBundlerフォーマットを読み込みます。
  • ImageModeler: Autodesk ImageModelerの.rziファイルを読み込みます。

出力:
  • Blender: カメラと頂点を点群で表したmeshを出力します。
  • Bundler: bundle.outとlist.txt、そして他のphotogrammetryツールで利用できる画像を出力します。
  • PMVS: Bundlerフォーマットを出力後、PMVS2で密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。
  • COLMAP: PMVSのワークスペースを出力後、COLMAPで密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。(Windows CUDA GPU環境でのみ利用可能)

ノート: 入力と出力の形式は同一でも別々でも利用できるため、このアドオンを異なるphotogrammetryフォーマット間の変換ツールとしても使用できます。(Blenderを統合環境として利用する利点)

2020年4月 追記:その他、様々なPhotogrammetryツールのデータをBlenderにインポートするためのアドオンもある↓
https://github.com/SBCV/Blender-Addon-Photogrammetry-Importer



スポンサーリンク

関連記事

ZBrushCore
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
MLDemos:機械学習について理解するための可視化ツール
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
顔画像処理技術の過去の研究
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
BlenderのRigifyでリギング
OpenCV
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
ZBrushトレーニング
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
3D復元技術の情報リンク集
ラクガキの立体化 進捗
Unityの薄い本
Qlone:スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ
Open Shading Language (OSL)
統計的な顔モデル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
3DCG Meetup #4に行ってきた
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
NVIDIA GeForce RTX 3080を購入
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
PolyPaint
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?

コメント