BlenderでPhotogrammetryできるアドオン

最近、Blenderのアドオンを色々と調べてる。

blender-photogrammetry

Blender Photogrammetry Addon v1.0

Blender 2.79と2.80用のphotogrammetryアドオンです。複数のphotogrammetryフォーマット間の変換処理に加え、Blenderのcamera trackerから直接密な再構築を行うこともできます。

ユーザーフレンドリーを維持するために、このアドオンにはデータの処理に必要な全てのプリコンパイル済みバイナリが付属しています。

このアドオンを有効にすると、Propertiesパネル → Sceneタブにphotogrammetryの設定が追加されます。

GitHubでバージョン1.0が配布されている。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

対応フォーマット

入力:
  • Blenderのmotion tracker: 動画トラッキングからtrackerと再構築データを読み込むことができます。これはリファレンスやレンダリング、シミュレーションなどに使う密な点群を生成するのに適しています。
  • Bundler: bundle.outファイルとlist.txtファイルで構成されるBundlerフォーマットを読み込みます。
  • ImageModeler: Autodesk ImageModelerの.rziファイルを読み込みます。

出力:
  • Blender: カメラと頂点を点群で表したmeshを出力します。
  • Bundler: bundle.outとlist.txt、そして他のphotogrammetryツールで利用できる画像を出力します。
  • PMVS: Bundlerフォーマットを出力後、PMVS2で密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。
  • COLMAP: PMVSのワークスペースを出力後、COLMAPで密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。(Windows CUDA GPU環境でのみ利用可能)

ノート: 入力と出力の形式は同一でも別々でも利用できるため、このアドオンを異なるphotogrammetryフォーマット間の変換ツールとしても使用できます。(Blenderを統合環境として利用する利点)

2020年4月 追記:その他、様々なPhotogrammetryツールのデータをBlenderにインポートするためのアドオンもある↓
https://github.com/SBCV/Blender-Addon-Photogrammetry-Importer

Fully Automatic Camera Tracking for Blender using Photogrammetry (Structure from Motion)


スポンサーリンク

関連記事

Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
プログラムによる景観の自動生成
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
UnityからROSを利用できる『ROS#』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
ゴジラの造形
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Unreal Engine 5の情報が公開された!
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Raspberry Pi 2を買いました
この本読むよ
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
MRenderUtil::raytrace
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
2012のメイキングまとめ(途中)
UnityでLight Shaftを表現する
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
ZBrush 2018での作業環境を整える
Boost オープンソースライブラリ
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
ZBrushトレーニング

コメント