BlenderでPhotogrammetryできるアドオン

最近、Blenderのaddonを色々と調べてる。

blender-photogrammetry

Blender Photogrammetry Addon v1.0

Blender 2.79と2.80用のphotogrammetryアドオンです。複数のphotogrammetryフォーマット間の変換処理に加え、Blenderのcamera trackerから直接密な再構築を行うこともできます。

ユーザーフレンドリーを維持するために、このアドオンにはデータの処理に必要な全てのプリコンパイル済みバイナリが付属しています。

このアドオンを有効にすると、Propertiesパネル → Sceneタブにphotogrammetryの設定が追加されます。

GitHubでバージョン1.0が配布されている。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

対応フォーマット

入力:
  • Blenderのmotion tracker: 動画トラッキングからtrackerと再構築データを読み込むことができます。これはリファレンスやレンダリング、シミュレーションなどに使う密な点群を生成するのに適しています。
  • Bundler: bundle.outファイルとlist.txtファイルで構成されるBundlerフォーマットを読み込みます。
  • ImageModeler: Autodesk ImageModelerの.rziファイルを読み込みます。

出力:
  • Blender: カメラと頂点を点群で表したmeshを出力します。
  • Bundler: bundle.outとlist.txt、そして他のphotogrammetryツールで利用できる画像を出力します。
  • PMVS: Bundlerフォーマットを出力後、PMVS2で密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。
  • COLMAP: PMVSのワークスペースを出力後、COLMAPで密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。(Windows CUDA GPU環境でのみ利用可能)

ノート: 入力と出力の形式は同一でも別々でも利用できるため、このアドオンを異なるphotogrammetryフォーマット間の変換ツールとしても使用できます。(Blenderを統合環境として利用する利点)


スポンサーリンク

関連記事

フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
続・ディープラーニングの資料
clearcoat Shader
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
Unreal Engineの薄い本
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
ラクガキの立体化 モールドの追加
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
マイケル・ベイの動画の感覚
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Subsurface scatteringの動画
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
タマムシっぽい質感
SIGGRAPH Asia
ZBrushでカスタムUIを設定する
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
フルCGのウルトラマン!?
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
生物の骨格
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
adskShaderSDK
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す

コメント