BlenderでPhotogrammetryできるアドオン

最近、Blenderのアドオンを色々と調べてる。

blender-photogrammetry

Blender Photogrammetry Addon v1.0

Blender 2.79と2.80用のphotogrammetryアドオンです。複数のphotogrammetryフォーマット間の変換処理に加え、Blenderのcamera trackerから直接密な再構築を行うこともできます。

ユーザーフレンドリーを維持するために、このアドオンにはデータの処理に必要な全てのプリコンパイル済みバイナリが付属しています。

このアドオンを有効にすると、Propertiesパネル → Sceneタブにphotogrammetryの設定が追加されます。

GitHubでバージョン1.0が配布されている。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

対応フォーマット

入力:
  • Blenderのmotion tracker: 動画トラッキングからtrackerと再構築データを読み込むことができます。これはリファレンスやレンダリング、シミュレーションなどに使う密な点群を生成するのに適しています。
  • Bundler: bundle.outファイルとlist.txtファイルで構成されるBundlerフォーマットを読み込みます。
  • ImageModeler: Autodesk ImageModelerの.rziファイルを読み込みます。

出力:
  • Blender: カメラと頂点を点群で表したmeshを出力します。
  • Bundler: bundle.outとlist.txt、そして他のphotogrammetryツールで利用できる画像を出力します。
  • PMVS: Bundlerフォーマットを出力後、PMVS2で密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。
  • COLMAP: PMVSのワークスペースを出力後、COLMAPで密な再構築を行って.plyファイルの点群を出力します。(Windows CUDA GPU環境でのみ利用可能)

ノート: 入力と出力の形式は同一でも別々でも利用できるため、このアドオンを異なるphotogrammetryフォーマット間の変換ツールとしても使用できます。(Blenderを統合環境として利用する利点)


スポンサーリンク

関連記事

書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
GoogleのDeep Learning論文
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
CEDEC 3日目
2012のメイキングまとめ(途中)
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
ラクガキの立体化 モールドの追加
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
自前Shaderの件 解決しました
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
ZBrushのお勉強
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
MeshroomでPhotogrammetry
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
Boost オープンソースライブラリ
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
BlenderのRigifyでリギング
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
3Dグラフィックスの入門書
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
タダでRenderManを体験する方法
UnityからROSを利用できる『ROS#』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Blender 2.8がついに正式リリース!
機械学習について最近知った情報

コメント