Adobe MAX 2015

今年もAdobe MAXが開催された。
http://ics-web.jp/lab/archives/9704
http://www.gizmodo.jp/2015/10/adobemax.html

オイラは昨年その存在を知ったばかりではありますが。




スポンサーリンク


今回も例によって、将来搭載されるかもしれない新技術をプレゼンテーションするセッション「Sneak Peeks」で先進的なデモが行われた模様。
個人的に気になるのは、2Dの顔写真を3Dデータに変換する「Photoshop 3D Portraits」というやつ。そのまま3Dプリンターで出力できる形式に持っていけるらしいけど、顔写真の3D化だけでも十分に需要がある気がする。


スポンサーリンク
3D Portraits – Adobe MAX 2015 – Sneak Peeks | Adobe Creative Cloud

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1510/16/news041.html


スポンサーリンク

関連記事

畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
機械学習について最近知った情報
PCA (主成分分析)
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
紅葉 その3
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
コンピュータビジョンの技術マップ
Kinect for Windows v2の日本価格決定
統計的な顔モデル
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
顔画像処理技術の過去の研究
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
今年もSSII
OpenCVで顔のモーフィングを実装する

コメント