Adobe MAX 2015

今年もAdobe MAXが開催された。
http://ics-web.jp/lab/archives/9704
http://www.gizmodo.jp/2015/10/adobemax.html

オイラは昨年その存在を知ったばかりではありますが。




スポンサーリンク


今回も例によって、将来搭載されるかもしれない新技術をプレゼンテーションするセッション「Sneak Peeks」で先進的なデモが行われた模様。
個人的に気になるのは、2Dの顔写真を3Dデータに変換する「Photoshop 3D Portraits」というやつ。そのまま3Dプリンターで出力できる形式に持っていけるらしいけど、顔写真の3D化だけでも十分に需要がある気がする。



http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1510/16/news041.html


スポンサーリンク

関連記事

RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
紅葉 その3
OpenGVの用語
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
機械学習手法『Random Forest』
ポイントクラウドコンソーシアム
Photogrammetry (写真測量法)
Adobe Photoshop CS5の新機能
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
PCA (主成分分析)
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
ディープラーニング
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール

コメント