Adobe MAX 2015

今年もAdobe MAXが開催された。
http://ics-web.jp/lab/archives/9704
http://www.gizmodo.jp/2015/10/adobemax.html

オイラは昨年その存在を知ったばかりではありますが。




スポンサーリンク


今回も例によって、将来搭載されるかもしれない新技術をプレゼンテーションするセッション「Sneak Peeks」で先進的なデモが行われた模様。
個人的に気になるのは、2Dの顔写真を3Dデータに変換する「Photoshop 3D Portraits」というやつ。そのまま3Dプリンターで出力できる形式に持っていけるらしいけど、顔写真の3D化だけでも十分に需要がある気がする。



http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1510/16/news041.html


スポンサーリンク

関連記事

iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
布のモデリング
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
OpenGVの用語
OpenGVのライブラリ構成
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
PCA (主成分分析)
ニューラルネットワークと深層学習
2018年に購入したiPad Proのその後
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
Active Appearance Models(AAM)
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Regard3D:オープンソースのStructure from Motionツール
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
Adobe Photoshop CS5の新機能
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
3D復元技術の情報リンク集
海外ドラマのChromaKey
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
ディープラーニング
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収

コメント