第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』

2D→3D系技術を勉強するための単なる個人的メモ エントリです。



5月27日に行われた第1回3D勉強会@関東のアーカイブ動画と発表資料をリンクをまとめておく。第1回のテーマは「SLAMチュートリアル大会」ということで、チュートリアル、論文紹介、コード解説というバランスの良い勉強会が開催されていた。
https://3dvision.connpass.com/event/86945/

勉強会の公式アカウント@3dcvtechもある。




スポンサーリンク


https://togetter.com/li/1231482

https://www.youtube.com/watch?v=nY99R8QuCMc

チュートリアル

SLAM概説+SfM

@sakuDken


カメラキャリブレーション

@q_tarou

https://drive.google.com/file/d/1d2GvWyftaC5_Dl4JWy9vUBDBqOFibkGT/view?usp=sharing

LiDAR-SLAM

@peisuke氏(SLAM警察)


論文紹介

ORB-SLAM

@syinari0123



スポンサーリンク

Direct Sparse Odometry

@kentegrate

https://docs.google.com/presentation/d/1GrFIy24_b9zrh11Z-Bzz25f1T3XTk0Y-y6A_nsiiqGE/edit?usp=sharing

CodeSLAM

denkiwakame氏


Fusion4D

@Hidei0715


コード解説

オープンソース SLAM の分類

原祥尭氏


ORB-SLAM

@takmin


http://d.hatena.ne.jp/takmin/20180527/1527432889

NDTマッチング

@YukiKitsukawa



そういえば、書籍を買って積読になってるの思い出した。。。

SLAM入門: ロボットの自己位置推定と地図構築の技術


スポンサーリンク

関連記事

書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Subsurface scatteringの動画
BlenderのRigifyでリギング
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Managing Software Requirements: A Unified Approach
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
Pix2Pix:CGANによる画像変換
AfterEffectsプラグイン開発
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
WordPressプラグインの作り方
クラスの基本
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
SIGGRAPH ASIAのマスコット
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
マジョーラ
ニューラルネットワークで画像分類
pythonもかじってみようかと
Blender 2.8がついに正式リリース!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
顔画像処理技術の過去の研究
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
Raspberry Pi
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
Unityの薄い本
Stanford Bunny

コメント