物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート

hanecciさんのブログhanecci’s Blog (JP)はCGの技術情報が沢山紹介されていて、割と良く見ています。最新の技術情報は割とここから得ている。

そこで紹介されてたのが、このPBR(Physically Based Rendering)用のマテリアル設定値のチートシート画像。
PBR Cheat Sheet

技術情報と言いつつ、これはどちらかと言うとユーザー(クリエイターとかアーティスト)向けの情報で、実際に作品を作る際に必要となるもの。実は開発者の方が案外この辺に疎かったりする。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

PBR Cheat Sheet

DONTNOD Physically based rendering chart for Unreal Engine 4


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
布のモデリング
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Maya LTのQuick Rigを試す
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
UnityでPoint Cloudを表示する方法
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
3DCG Meetup #4に行ってきた
MFnDataとMFnAttribute
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
ZBrushの練習 手のモデリング
プログラムによる景観の自動生成
Unityで360度ステレオVR動画を作る
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
マジョーラ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
天体写真の3D動画
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Stanford Bunny
立体視を試してみた
布地のシワの法則性
アニゴジ関連情報
自前のShaderがおかしい件
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
SIGGRAPH ASIAのマスコット

コメント