物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート

hanecciさんのブログhanecci’s Blog (JP)はCGの技術情報が沢山紹介されていて、割と良く見ています。最新の技術情報は割とここから得ている。

そこで紹介されてたのが、このPBR(Physically Based Rendering)用のマテリアル設定値のチートシート画像。
PBR Cheat Sheet

技術情報と言いつつ、これはどちらかと言うとユーザー(クリエイターとかアーティスト)向けの情報で、実際に作品を作る際に必要となるもの。実は開発者の方が案外この辺に疎かったりする。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

PBR Cheat Sheet

DONTNOD Physically based rendering chart for Unreal Engine 4


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
天体写真の3D動画
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
HD画質の無駄遣い
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ZBrush キャラクター&クリーチャー
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
PolyPaint
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
HD画質の無駄遣い その2
マイケル・ベイの動画の感覚
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
TVML (TV program Making language)
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
日本でMakersは普及するだろうか?
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ZBrush 4R7
Open Shading Language (OSL)
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
AfterEffectsプラグイン開発
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
服飾デザインツール『CLO』
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ラクガキの立体化 目標設定
UnityでARKit2.0
Maya 2015から標準搭載されたMILA
3D復元技術の情報リンク集
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する

コメント