物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート

hanecciさんのブログhanecci’s Blog (JP)はCGの技術情報が沢山紹介されていて、割と良く見ています。最新の技術情報は割とここから得ている。

そこで紹介されてたのが、このPBR(Physically Based Rendering)用のマテリアル設定値のチートシート画像。
PBR Cheat Sheet

技術情報と言いつつ、これはどちらかと言うとユーザー(クリエイターとかアーティスト)向けの情報で、実際に作品を作る際に必要となるもの。実は開発者の方が案外この辺に疎かったりする。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

PBR Cheat Sheet

DONTNOD Physically based rendering chart for Unreal Engine 4


スポンサーリンク

関連記事

機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Unityをレンダラとして活用する
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
ラクガキの立体化 モールドの追加
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
シン・ゴジラのファンアート
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
MeshroomでPhotogrammetry
プログラムによる景観の自動生成
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
clearcoat Shader
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
UnityのAR FoundationでARKit 3
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
タマムシっぽい質感
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
CEDEC 3日目
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
UnityのGlobal Illumination
この連休でZBrushの スキルアップを…
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ZBrushで基本となるブラシ
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007

コメント