物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート

hanecciさんのブログhanecci’s Blog (JP)はCGの技術情報が沢山紹介されていて、割と良く見ています。最新の技術情報は割とここから得ている。

そこで紹介されてたのが、このPBR(Physically Based Rendering)用のマテリアル設定値のチートシート画像。
PBR Cheat Sheet

技術情報と言いつつ、これはどちらかと言うとユーザー(クリエイターとかアーティスト)向けの情報で、実際に作品を作る際に必要となるもの。実は開発者の方が案外この辺に疎かったりする。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

PBR Cheat Sheet

DONTNOD Physically based rendering chart for Unreal Engine 4


スポンサーリンク

関連記事

『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ZBrush 4R8 リリース!
Maya LTのQuick Rigを試す
ファンの力
ラクガキの立体化 胴体の追加
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
ZBrushトレーニング
デザインのリファイン再び
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Open Shading Language (OSL)
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
CreativeCOW.net
MeshroomでPhotogrammetry
ラクガキの立体化 反省
参考書
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
シン・ゴジラのファンアート
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
ラクガキの立体化 進捗
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
アニゴジ関連情報
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
MeshLab:3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
天体写真の3D動画
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
3D復元技術の情報リンク集
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
ZBrush 2018へのアップグレード
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ

コメント