物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート

hanecciさんのブログhanecci’s Blog (JP)はCGの技術情報が沢山紹介されていて、割と良く見ています。最新の技術情報は割とここから得ている。

そこで紹介されてたのが、このPBR(Physically Based Rendering)用のマテリアル設定値のチートシート画像。
PBR Cheat Sheet

技術情報と言いつつ、これはどちらかと言うとユーザー(クリエイターとかアーティスト)向けの情報で、実際に作品を作る際に必要となるもの。実は開発者の方が案外この辺に疎かったりする。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

PBR Cheat Sheet

DONTNOD Physically based rendering chart for Unreal Engine 4


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ラクガキの立体化
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ZBrushでアマビエを作る その2
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
AfterEffectsプラグイン開発
ZBrush 2018へのアップグレード
Ambient Occlusionを解析的に求める
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
天体写真の3D動画
ZBrushの作業環境を見直す
Mayaのシェーディングノードの区分
色んな三面図があるサイト
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ゴジラ(2014)のメイキング
この連休でZBrushの スキルアップを…
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
trimesh:PythonでポリゴンMeshを扱うライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のトゲの作り直し
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
3DCG Meetup #4に行ってきた
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
参考になりそうなサイト
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む

コメント