物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート

hanecciさんのブログhanecci’s Blog (JP)はCGの技術情報が沢山紹介されていて、割と良く見ています。最新の技術情報は割とここから得ている。

そこで紹介されてたのが、このPBR(Physically Based Rendering)用のマテリアル設定値のチートシート画像。
PBR Cheat Sheet

技術情報と言いつつ、これはどちらかと言うとユーザー(クリエイターとかアーティスト)向けの情報で、実際に作品を作る際に必要となるもの。実は開発者の方が案外この辺に疎かったりする。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

PBR Cheat Sheet

DONTNOD Physically based rendering chart for Unreal Engine 4


スポンサーリンク

関連記事

Unityをレンダラとして活用する
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
自前のShaderがおかしい件
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
Vancouver Film Schoolのデモリール
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
AfterEffectsプラグイン開発
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
ジュラシック・パークのメイキング
参考になりそうなサイト
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
Maya LTのQuick Rigを試す
HD画質の無駄遣い
Mayaのシェーディングノードの区分
SIGGRAPH Asia
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
ゴジラ三昧
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
Photogrammetry (写真測量法)
ZBrush 2018へのアップグレード
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ZBrush 2018での作業環境を整える
adskShaderSDK
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
Maya API Reference
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う

コメント