ZBrushトレーニング

件のCGWORLDの連載を読み返してたんだけど、ちょっとその、期待していた内容と違うというか、中級者が上級者へステップアップするための内容に感じた。今のオイラのスキルレベルに必要な情報とは少しズレてる。(難しすぎる…)

連載読んでて少しガッカリだったのは、ZBrushをコンセプトデザインで活用し、本制作にはMayaがメインで使われてたこと。気持ちはわかるけどさ。

情報源が多過ぎて混乱しないために「情報源を絞り込む」という学習プランのつもりだったんだけど、ちょっと方向転換。少しでも操作のストレスを減らすため、まずは基本的なショートカットとかを覚えることにする。

参考にしたのは以下のツイート。↓




スポンサーリンク


ここから、混乱しないように覚える要素を絞り込む。まずは最低限、以下だけ覚えることにする。


スポンサーリンク

主なショートカットキー

  • Zadd / Zsubの切り替え:Altキー
  • Smoothブラシへの切り替え:Shiftキー
  • Z Intensity(ブラシの強度)設定:「U」キー
  • Draw Size(ブラシのサイズ)設定:「S」キー
  • Focal Shift(ブラシ強度の減衰)設定:「O」キー

ブラシの基本タイプ

  • Standard:「持ち上げ」「彫り込み」を行う基本のブラシ
  • Clay:粘土のように平坦化しながら盛ることができる
  • Smooth:凹凸を平坦化する
  • Polish:surfaceを磨く
  • Move:surfaceを移動させる
  • Pinch:surfaceを摘まみ、エッジを強調できる
  • Elastic:ディティールを残したまま盛り上げる
  • Inflate:膨張させる

田島光二さんの書籍で紹介されていたように、基本となるブラシの系統を知っていればあとは枝葉なので、より具体的な用途の場合に他のブラシの使い方を調べれば良さそう。

結局こいつがメインの教本になりそうだ。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)

そして、やっぱり自分に対してモデリング課題を課した方が良さげ。自分のモチベーションを維持できそうなモチーフを考えてみたら、「仮面ライダー3号」が浮かんだ。思い入れの深い仮面のヒーローというモチーフだし、まだフィギュアも発売されていないのでクオリティを見比べて落胆せずに済みそう。(笑)
ZBrushは手戻りがかなり効くと思うので、「第1稿を連休中に上げる」ぐらいの気持ちで行こうと思う。

ここ最近、自分のモチベーションをどうやったら維持できるか、ハードルをどうやって下げるかばかり考えててちょっと不思議な気分。やらされ仕事だったらそんなこと関係なく完遂できるのに。


スポンサーリンク

関連記事

3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
OpenMayaRender
ZBrushの作業環境を見直す
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
シフトカーの改造
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
劇場版 『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』を観た
Mayaのシェーディングノードの区分
ZBrush 4R7
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
Ambient Occlusionを解析的に求める
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
海外ドラマのChromaKey
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
Photogrammetry (写真測量法)
まだまだ続く空想科学読本
Mayaのプラグイン開発
服飾デザインツール『CLO』
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
東京おもちゃショー2017
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
NICOGRAPHって有名?
2019年 観に行った映画振り返り
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
MRenderUtil::raytrace
動画で学ぶお絵かき講座『sensei』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
この連休でZBrushの スキルアップを…
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』

コメント