ZBrushトレーニング

件のCGWORLDの連載を読み返してたんだけど、ちょっとその、期待していた内容と違うというか、中級者が上級者へステップアップするための内容に感じた。今のオイラのスキルレベルに必要な情報とは少しズレてる。(難しすぎる…)

連載読んでて少しガッカリだったのは、ZBrushをコンセプトデザインで活用し、本制作にはMayaがメインで使われてたこと。気持ちはわかるけどさ。

情報源が多過ぎて混乱しないために「情報源を絞り込む」という学習プランのつもりだったんだけど、ちょっと方向転換。少しでも操作のストレスを減らすため、まずは基本的なショートカットとかを覚えることにする。

参考にしたのは以下のツイート。↓




スポンサーリンク


ここから、混乱しないように覚える要素を絞り込む。まずは最低限、以下だけ覚えることにする。


スポンサーリンク

主なショートカットキー

  • Zadd / Zsubの切り替え:Altキー
  • Smoothブラシへの切り替え:Shiftキー
  • Z Intensity(ブラシの強度)設定:「U」キー
  • Draw Size(ブラシのサイズ)設定:「S」キー
  • Focal Shift(ブラシ強度の減衰)設定:「O」キー

ブラシの基本タイプ

  • Standard:「持ち上げ」「彫り込み」を行う基本のブラシ
  • Clay:粘土のように平坦化しながら盛ることができる
  • Smooth:凹凸を平坦化する
  • Polish:surfaceを磨く
  • Move:surfaceを移動させる
  • Pinch:surfaceを摘まみ、エッジを強調できる
  • Elastic:ディティールを残したまま盛り上げる
  • Inflate:膨張させる

田島光二さんの書籍で紹介されていたように、基本となるブラシの系統を知っていればあとは枝葉なので、より具体的な用途の場合に他のブラシの使い方を調べれば良さそう。

結局こいつがメインの教本になりそうだ。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)

そして、やっぱり自分に対してモデリング課題を課した方が良さげ。自分のモチベーションを維持できそうなモチーフを考えてみたら、「仮面ライダー3号」が浮かんだ。思い入れの深い仮面のヒーローというモチーフだし、まだフィギュアも発売されていないのでクオリティを見比べて落胆せずに済みそう。(笑)
ZBrushは手戻りがかなり効くと思うので、「第1稿を連休中に上げる」ぐらいの気持ちで行こうと思う。

ここ最近、自分のモチベーションをどうやったら維持できるか、ハードルをどうやって下げるかばかり考えててちょっと不思議な気分。やらされ仕事だったらそんなこと関係なく完遂できるのに。


スポンサーリンク

関連記事

ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
『仮面ライダーBLACK SUN』のティザービジュアルが公開された!
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
HD画質の無駄遣い
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
『魂ネイション2015』に行ってきた
仮面ライダーアギト 20周年
仮面ライダーの玩具
この連休でZBrushの スキルアップを…
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のSubToolを分割
Unityで360度ステレオVR動画を作る
参考書
iPhone欲しいなぁ
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
色んな三面図があるサイト
サンプルコードにも間違いはある?
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Unreal Engine 5の情報が公開された!
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
大人の知識で玩具の改造
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
注文してた本が届いた
東京おもちゃショー2017
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』

コメント