ZBrushトレーニング

件のCGWORLDの連載を読み返してたんだけど、ちょっとその、期待していた内容と違うというか、中級者が上級者へステップアップするための内容に感じた。今のオイラのスキルレベルに必要な情報とは少しズレてる。(難しすぎる…)

連載読んでて少しガッカリだったのは、ZBrushをコンセプトデザインで活用し、本制作にはMayaがメインで使われてたこと。気持ちはわかるけどさ。

情報源が多過ぎて混乱しないために「情報源を絞り込む」という学習プランのつもりだったんだけど、ちょっと方向転換。少しでも操作のストレスを減らすため、まずは基本的なショートカットとかを覚えることにする。

参考にしたのは以下のツイート。↓




スポンサーリンク


ここから、混乱しないように覚える要素を絞り込む。まずは最低限、以下だけ覚えることにする。


スポンサーリンク

主なショートカットキー

  • Zadd / Zsubの切り替え:Altキー
  • Smoothブラシへの切り替え:Shiftキー
  • Z Intensity(ブラシの強度)設定:「U」キー
  • Draw Size(ブラシのサイズ)設定:「S」キー
  • Focal Shift(ブラシ強度の減衰)設定:「O」キー

ブラシの基本タイプ

  • Standard:「持ち上げ」「彫り込み」を行う基本のブラシ
  • Clay:粘土のように平坦化しながら盛ることができる
  • Smooth:凹凸を平坦化する
  • Polish:surfaceを磨く
  • Move:surfaceを移動させる
  • Pinch:surfaceを摘まみ、エッジを強調できる
  • Elastic:ディティールを残したまま盛り上げる
  • Inflate:膨張させる

田島光二さんの書籍で紹介されていたように、基本となるブラシの系統を知っていればあとは枝葉なので、より具体的な用途の場合に他のブラシの使い方を調べれば良さそう。

結局こいつがメインの教本になりそうだ。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)

そして、やっぱり自分に対してモデリング課題を課した方が良さげ。自分のモチベーションを維持できそうなモチーフを考えてみたら、「仮面ライダー3号」が浮かんだ。思い入れの深い仮面のヒーローというモチーフだし、まだフィギュアも発売されていないのでクオリティを見比べて落胆せずに済みそう。(笑)
ZBrushは手戻りがかなり効くと思うので、「第1稿を連休中に上げる」ぐらいの気持ちで行こうと思う。

ここ最近、自分のモチベーションをどうやったら維持できるか、ハードルをどうやって下げるかばかり考えててちょっと不思議な気分。やらされ仕事だったらそんなこと関係なく完遂できるのに。


スポンサーリンク

関連記事

『S.H.Figuarts 仮面ライダー3号』が発売された
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
小説『仮面ライダーエグゼイド ~マイティノベルX~』読了
仮面ライダーの玩具
ZScript
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
布のモデリング
ウルトラ×ライダー
ぼくたちのトクサツ!
Unreal Engineの薄い本
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
タマムシっぽい質感
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
大人の知識で玩具の改造
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
3Dグラフィックスの入門書
2017年 観に行った映画振り返り
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
TVML (TV program Making language)
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ラクガキの立体化
Ambient Occlusionを解析的に求める
機械学習手法『Random Forest』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
UnityでLight Shaftを表現する
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
そのアプローチは帰納的か演繹的か
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
天体写真の3D動画

コメント