ZBrushトレーニング

件のCGWORLDの連載を読み返してたんだけど、ちょっとその、期待していた内容と違うというか、中級者が上級者へステップアップするための内容に感じた。今のオイラのスキルレベルに必要な情報とは少しズレてる。(難しすぎる…)

連載読んでて少しガッカリだったのは、ZBrushをコンセプトデザインで活用し、本制作にはMayaがメインで使われてたこと。気持ちはわかるけどさ。

情報源が多過ぎて混乱しないために「情報源を絞り込む」という学習プランのつもりだったんだけど、ちょっと方向転換。少しでも操作のストレスを減らすため、まずは基本的なショートカットとかを覚えることにする。

参考にしたのは以下のツイート。↓




スポンサーリンク


ここから、混乱しないように覚える要素を絞り込む。まずは最低限、以下だけ覚えることにする。


スポンサーリンク

主なショートカットキー

  • Zadd / Zsubの切り替え:Altキー
  • Smoothブラシへの切り替え:Shiftキー
  • Z Intensity(ブラシの強度)設定:「U」キー
  • Draw Size(ブラシのサイズ)設定:「S」キー
  • Focal Shift(ブラシ強度の減衰)設定:「O」キー

ブラシの基本タイプ

  • Standard:「持ち上げ」「彫り込み」を行う基本のブラシ
  • Clay:粘土のように平坦化しながら盛ることができる
  • Smooth:凹凸を平坦化する
  • Polish:surfaceを磨く
  • Move:surfaceを移動させる
  • Pinch:surfaceを摘まみ、エッジを強調できる
  • Elastic:ディティールを残したまま盛り上げる
  • Inflate:膨張させる

田島光二さんの書籍で紹介されていたように、基本となるブラシの系統を知っていればあとは枝葉なので、より具体的な用途の場合に他のブラシの使い方を調べれば良さそう。

結局こいつがメインの教本になりそうだ。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)

そして、やっぱり自分に対してモデリング課題を課した方が良さげ。自分のモチベーションを維持できそうなモチーフを考えてみたら、「仮面ライダー3号」が浮かんだ。思い入れの深い仮面のヒーローというモチーフだし、まだフィギュアも発売されていないのでクオリティを見比べて落胆せずに済みそう。(笑)
ZBrushは手戻りがかなり効くと思うので、「第1稿を連休中に上げる」ぐらいの気持ちで行こうと思う。

ここ最近、自分のモチベーションをどうやったら維持できるか、ハードルをどうやって下げるかばかり考えててちょっと不思議な気分。やらされ仕事だったらそんなこと関係なく完遂できるのに。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 壊れたデータの救出
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 腕の作り込み
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Maya LTのQuick Rigを試す
最近のフィギュアの製造工程
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
Mayaのレンダリング アトリビュート
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
AI英語教材アプリ『abceed』
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
この本読むよ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
仮面ライダーあつめ
ポリ男からMetaHumanを作る
TVML (TV program Making language)
仮面ライダー4号
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
UnityのAR FoundationでARKit 3
Raytracing Wiki
『S.H.Figuarts 仮面ライダー1号』は10月発売予定
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
生物の骨格
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
線画を遠近法で描く
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...

コメント