Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ

まだプレビュー版ではあるけど、映像業向けにUnityにPythonのScript環境を提供するパッケージPython for Unity

Python for Unity

Python for Unityは、様々なメディア、エンタメ業界のアプリケーションとUnityの連携を促進し、Unityをより広範な制作パイプラインへとシームレスに統合することができます。
UnityプロジェクトでPythonが利用できると、以下のようなメリットが得られます:

  • Unityをリアルタイムレンダラーとして使用する際のシーンとシーケンスのassembly自動化。
  • 大量アセットの複製や変更など、時間のかかるタスクの自動化。
  • 複雑なUIを使用して他のDCCツールとネイティブに連携できるカスタムエディターツールの作成。

Python for Unityは以下の機能を提供します:


スポンサーリンク
  • Pythonコードを実行可能なTechnical Artist向けのPython Script Editor。短いスクリプトを実行したり、新しいメニュー項目を簡単に作成できます。
  • Pipeline Technical Director向けのin-process API。C#からPythonで実装されたスタジオのスクリプトを呼び出したり、逆にPythonからC#のコードを呼び出すことができます。
  • Pipeline Technical Director向けのout-of-process API。Pythonで実装されたスタジオのカスタムアプリケーションとUnityと間のライブリンクを作成することができます。
  • プロジェクト設定


スポンサーリンク


あくまでUnityEditor上でEditor拡張的にPythonを利用できるというだけのようで、Pythonのコードを使ってUnityアプリケーションを開発できるというわけではないようです。
Installationを読むと、使えるのはPython2.x系だけか…
連携を想定する各DCCツールが提供するPython環境は軒並みPython2.x系だもんな。

フォーラムによると、Pyhon3.x系への対応も現在開発中ではあるらしい↓
https://forum.unity.com/threads/introducing-python-for-unity-editor.812748/

このパッケージの開発背景として、昨今のCG映像制作のパイプラインがPythonで組まれる傾向にあることと、Unityをシミュレーション用途やリアルタイムレンダラーとして活用する例も増えてきているからみたい。
機械学習界隈からの流れではないのね。


スポンサーリンク

関連記事

Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
HD画質の無駄遣い
Raytracing Wiki
iPhone欲しいなぁ
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Unityで学ぶC#
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
生物の骨格
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
ブログが1日ダウンしてました
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
OpenGVのライブラリ構成
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Quartus II
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
SIGGRAPH Asia
ZBrush 4R7
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
HD画質の無駄遣い その2
SIGGRAPH ASIAのマスコット
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Unityをレンダラとして活用する
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Blender 2.8がついに正式リリース!
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
UnityのTransformクラスについて調べてみた
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』

コメント