Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ

まだプレビュー版ではあるけど、映像業向けにUnityにPythonのScript環境を提供するパッケージPython for Unity

Python for Unity

Python for Unityは、様々なメディア、エンタメ業界のアプリケーションとUnityの連携を促進し、Unityをより広範な制作パイプラインへとシームレスに統合することができます。
UnityプロジェクトでPythonが利用できると、以下のようなメリットが得られます:

  • Unityをリアルタイムレンダラーとして使用する際のシーンとシーケンスのassembly自動化。
  • 大量アセットの複製や変更など、時間のかかるタスクの自動化。
  • 複雑なUIを使用して他のDCCツールとネイティブに連携できるカスタムエディターツールの作成。

Python for Unityは以下の機能を提供します:


スポンサーリンク
  • Pythonコードを実行可能なTechnical Artist向けのPython Script Editor。短いスクリプトを実行したり、新しいメニュー項目を簡単に作成できます。
  • Pipeline Technical Director向けのin-process API。C#からPythonで実装されたスタジオのスクリプトを呼び出したり、逆にPythonからC#のコードを呼び出すことができます。
  • Pipeline Technical Director向けのout-of-process API。Pythonで実装されたスタジオのカスタムアプリケーションとUnityと間のライブリンクを作成することができます。
  • プロジェクト設定


スポンサーリンク


あくまでUnityEditor上でEditor拡張的にPythonを利用できるというだけのようで、Pythonのコードを使ってUnityアプリケーションを開発できるというわけではないようです。
Installationを読むと、使えるのはPython2.x系だけか…
連携を想定する各DCCツールが提供するPython環境は軒並みPython2.x系だもんな。

フォーラムによると、Pyhon3.x系への対応も現在開発中ではあるらしい↓
https://forum.unity.com/threads/introducing-python-for-unity-editor.812748/

このパッケージの開発背景として、昨今のCG映像制作のパイプラインがPythonで組まれる傾向にあることと、Unityをシミュレーション用途やリアルタイムレンダラーとして活用する例も増えてきているからみたい。
機械学習界隈からの流れではないのね。


スポンサーリンク

関連記事

IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
HD画質の無駄遣い
Model View Controller
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
動的なメモリの扱い
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
布のモデリング
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
3Dグラフィックスの入門書
OpenCV
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
顔モデリングのチュートリアル
ZBrushのUV MasterでUV展開
オープンソースの取引プラットフォーム
まだ続くブログの不調
HerokuでMEAN stack
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
天体写真の3D動画
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
WordPressの表示を高速化する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
書籍『ROSプログラミング』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Google Chromecast
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Unityをレンダラとして活用する

コメント