Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ

まだプレビュー版ではあるけど、映像業向けにUnityにPythonのScript環境を提供するパッケージPython for Unity

Python for Unity

Python for Unityは、様々なメディア、エンタメ業界のアプリケーションとUnityの連携を促進し、Unityをより広範な制作パイプラインへとシームレスに統合することができます。
UnityプロジェクトでPythonが利用できると、以下のようなメリットが得られます:

  • Unityをリアルタイムレンダラーとして使用する際のシーンとシーケンスのassembly自動化。
  • 大量アセットの複製や変更など、時間のかかるタスクの自動化。
  • 複雑なUIを使用して他のDCCツールとネイティブに連携できるカスタムエディターツールの作成。

Python for Unityは以下の機能を提供します:


スポンサーリンク
  • Pythonコードを実行可能なTechnical Artist向けのPython Script Editor。短いスクリプトを実行したり、新しいメニュー項目を簡単に作成できます。
  • Pipeline Technical Director向けのin-process API。C#からPythonで実装されたスタジオのスクリプトを呼び出したり、逆にPythonからC#のコードを呼び出すことができます。
  • Pipeline Technical Director向けのout-of-process API。Pythonで実装されたスタジオのカスタムアプリケーションとUnityと間のライブリンクを作成することができます。
  • プロジェクト設定


スポンサーリンク


あくまでUnityEditor上でEditor拡張的にPythonを利用できるというだけのようで、Pythonのコードを使ってUnityアプリケーションを開発できるというわけではないようです。
Installationを読むと、使えるのはまだPython2.x系だけか…
連携を想定する各DCCツールが提供するPython環境は軒並みPython2.x系だもんな。

フォーラムによると、Pyhon3.x系への対応も現在開発中ではあるらしい↓
https://forum.unity.com/threads/introducing-python-for-unity-editor.812748/

このパッケージの開発背景として、昨今のCG映像制作のパイプラインがPythonで組まれる傾向にあることと、Unityをシミュレーション用途やリアルタイムレンダラーとして活用する例も増えてきているからみたい。
機械学習界隈からの流れではないのね。
https://qiita.com/tm8r/items/29d598231b793be6c6ea


スポンサーリンク

関連記事

ガメラ生誕50周年
無料で使える人体3DCG作成ツール
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
Vancouver Film Schoolのデモリール
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ZBrushトレーニング
アニゴジ関連情報
タダでRenderManを体験する方法
天体写真の3D動画
HD画質の無駄遣い
MeshroomでPhotogrammetry
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ROSの薄い本
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
UnityのuGUIチュートリアル
布のモデリング
テスト
機械学習手法『Random Forest』
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
3D復元技術の情報リンク集
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
ZBrushのUV MasterでUV展開
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
映像ビジネスの未来
ブログが1日ダウンしてました
Google App Engineのデプロイ失敗
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
ZBrushの作業環境を見直す

コメント