Deep Neural Networkによる顔認識フレームワーク『OpenFace』

コンピュータービジョン系で有名なカーネギーメロン大学がPythonとTorchで開発した顔認識オープンソースフレームワークを見つけた。Apache 2.0 Licenseとのことなので著作権の表示、変更箇所の明示があれば商用利用も可能。(ただし追記参照)

Deep Neural Networkと書かれているけど、Deep Learning系はまだ詳しいことがいまいちよくわからない。。。

OpenFace

OpenFace

OpenFaceは、Deep Neural Networkによる顔認識PythonTorchで実装したもので、CVPR 2015で発表された論文FaceNet:A Unified Embedding for Face Recognition and Clusteringに基づいています。Torchによって、CPUやCUDA上でこのネットワークを実現しています。
カーネギーメロン大学のSatya研究グループのBrandon Amosが開発しました。

2016年4月29日追記:Twitterでライセンスについてご指摘があったのですが、ソースコードと訓練済みTorch Pythonモデルを含めてApache 2.0 Licenseと記載されておりました。→OpenFace:Licensing


データセットの提供元がそれを許すかどうかはわからないですが。。。


スポンサーリンク


デモ動画もある。



はじめにこんにちは。データ分析チーム・入社1年目のルーキー、小池です。データ分析チームでは、画像処理・自然言語処理など様々な分野に取り組んでおり、機械学習や多変量解析を用いたデータの分析を行っています。 そんな中で私は機械学習・Deep Learningによる画像処理系の分析を行っています。本記事では、私達の取り組みの...

さて、そもそも元となったGoogleの論文FaceNet:A Unified Embedding for Face Recognition and Clusteringとはどんなものなのか調べ始めた。



## はじめに 「この人の名前を知りたい」という場合、トレーニング画像としてとして、一人あたり複数枚の画像があれば、一般物体識別としてVGGやAlexNetやResNetなどの識別モデルが適用できそうです。例えば、[すぎゃーん氏のア...

う、難しくてよくわからない。。。


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.

コメント

  1. 通りすがり より:

    どの記事も中身の無いブログですね。チラシの裏に書いてればいいのに。