Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』

顔画像で個人を識別できるオープンソースフレームワークを見つけた。
コンピュータービジョン系で有名なカーネギーメロン大学がPythonとTorchで開発したもの。Apache 2.0 Licenseとのことなので著作権の表示、変更箇所の明示があれば商用利用も可能。(ただし追記参照)

OpenFace

OpenFace

OpenFaceは、Deep Neural Networkによる顔認識をPythonとTorchで実装したもので、CVPR 2015で発表された論文FaceNet:A Unified Embedding for Face Recognition and Clusteringに基づいています。Torchによって、CPUやCUDA上でこのネットワークを実現しています。
カーネギーメロン大学のSatya研究グループのBrandon Amosが開発しました。

2016年4月29日追記:Twitterでライセンスについてご指摘があったのですが、ソースコードと訓練済みTorch Pythonモデルを含めてApache 2.0 Licenseと記載されておりました。→OpenFace:Licensing


データセットの提供元がそれを許すかどうかはわからないですが。。。


スポンサーリンク


デモ動画もある。



このOpenFaceを試してみた方々もいるようで。
http://vaaaaaanquish.hatenablog.com/entry/2016/06/28/004811
http://blog.goo.ne.jp/jsp_job/e/a779b628252e23a4ebcf6c857e748f2f
https://future-architect.github.io/articles/20170526/

さて、そもそも元となったGoogleの論文FaceNet:A Unified Embedding for Face Recognition and Clusteringとはどんなものなのか調べ始めた。



https://qiita.com/zeze/items/09bdd7229713c0a6b090

う、難しくてよくわからない。。。

追記:
同じ名前で全く別のオープンソースツールもあるので混同しないように注意。
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
カーネギーメロン大学が開発している、顔画像から個人を識別するフレームワークOpenFaceと同じ名前で混乱しますが、ケンブリッジ大学 Multicomp groupが開発しているOpenFaceという全く別のツールキットがあります。こ...


スポンサーリンク

関連記事

顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ROSでガンダムを動かす
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
GoogleのDeep Learning論文
タマムシっぽい質感
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
3Dグラフィックスの入門書
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
ニューラルネットワークで画像分類
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
プログラミングスキルとは何か?
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
WordPress on Windows Azure
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
WordPressのテーマを自作する

コメント

  1. 通りすがり より:

    どの記事も中身の無いブログですね。チラシの裏に書いてればいいのに。

  2. より:

    ほんとそう。検索時、時間の無駄になるからやめてほしい。