OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク

顔画像で個人を識別できるオープンソースフレームワークを見つけた。
コンピュータービジョン系で有名なカーネギーメロン大学がPythonとTorchで開発したもの。Apache 2.0 Licenseとのことなので著作権の表示、変更箇所の明示があれば商用利用も可能。(ただし追記参照)

OpenFace

OpenFace

OpenFaceは、Deep Neural Networkによる顔認識をPythonとTorchで実装したもので、CVPR 2015で発表された論文FaceNet:A Unified Embedding for Face Recognition and Clusteringに基づいています。Torchによって、CPUやCUDA上でこのネットワークを実現しています。
カーネギーメロン大学のSatya研究グループのBrandon Amosが開発しました。

2016年4月29日追記:Twitterでライセンスについてご指摘があったのですが、ソースコードと訓練済みTorch Pythonモデルを含めてApache 2.0 Licenseと記載されておりました。→OpenFace:Licensing


データセットの提供元がそれを許すかどうかはわからないですが。。。


スポンサーリンク


デモ動画もある。



このOpenFaceを試してみた方々もいるようで。
http://vaaaaaanquish.hatenablog.com/entry/2016/06/28/004811
http://blog.goo.ne.jp/jsp_job/e/a779b628252e23a4ebcf6c857e748f2f
https://future-architect.github.io/articles/20170526/

さて、そもそも元となったGoogleの論文FaceNet:A Unified Embedding for Face Recognition and Clusteringとはどんなものなのか調べ始めた。



https://qiita.com/zeze/items/09bdd7229713c0a6b090

う、難しくてよくわからない。。。

追記:
同じ名前で全く別のオープンソースツールもあるので混同しないように注意。
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
カーネギーメロン大学が開発している、顔画像から個人を識別するフレームワークOpenFaceと同じ名前で混乱しますが、ケンブリッジ大学 Multicomp groupが開発しているOpenFaceという全く別のツールキットがあります。こ...


スポンサーリンク

関連記事

Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
PythonでBlenderのAdd-on開発
Regard3D:オープンソースのStructure from Motionツール
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
Model View Controller
UnityでOpenCVを使うには?
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
Raspberry Pi 2を買いました
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
UnityのTransformクラスについて調べてみた
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
機械学習で遊ぶ
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
サンプルコードにも間違いはある?
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Quartus II
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
konashiのサンプルコードを動かしてみた
ベイズ推定とグラフィカルモデル
ポイントクラウドコンソーシアム
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
Mayaのプラグイン開発
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...

コメント

  1. 通りすがり より:

    どの記事も中身の無いブログですね。チラシの裏に書いてればいいのに。

  2. より:

    ほんとそう。検索時、時間の無駄になるからやめてほしい。