Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』

顔画像で個人を識別できるオープンソースフレームワークを見つけた。
コンピュータービジョン系で有名なカーネギーメロン大学がPythonとTorchで開発したもの。Apache 2.0 Licenseとのことなので著作権の表示、変更箇所の明示があれば商用利用も可能。(ただし追記参照)

OpenFace

OpenFace

OpenFaceは、Deep Neural Networkによる顔認識をPythonとTorchで実装したもので、CVPR 2015で発表された論文FaceNet:A Unified Embedding for Face Recognition and Clusteringに基づいています。Torchによって、CPUやCUDA上でこのネットワークを実現しています。
カーネギーメロン大学のSatya研究グループのBrandon Amosが開発しました。

2016年4月29日追記:Twitterでライセンスについてご指摘があったのですが、ソースコードと訓練済みTorch Pythonモデルを含めてApache 2.0 Licenseと記載されておりました。→OpenFace:Licensing


データセットの提供元がそれを許すかどうかはわからないですが。。。


スポンサーリンク


デモ動画もある。



このOpenFaceを試してみた方々もいるようで。
http://vaaaaaanquish.hatenablog.com/entry/2016/06/28/004811
http://blog.goo.ne.jp/jsp_job/e/a779b628252e23a4ebcf6c857e748f2f
https://future-architect.github.io/articles/20170526/

さて、そもそも元となったGoogleの論文FaceNet:A Unified Embedding for Face Recognition and Clusteringとはどんなものなのか調べ始めた。



https://qiita.com/zeze/items/09bdd7229713c0a6b090

う、難しくてよくわからない。。。

追記:
同じ名前で全く別のオープンソースツールもあるので混同しないように注意。
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
カーネギーメロン大学が開発している、顔画像から個人を識別するフレームワークOpenFaceと同じ名前で混乱しますが、ケンブリッジ大学 Multicomp groupが開発しているOpenFaceという全く別のツールキットがあります。こ...


スポンサーリンク

関連記事

iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
Adobe MAX 2015
ブログのデザイン変えました
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
PCA (主成分分析)
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
C++の抽象クラス
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
ZBrushのZScript入門
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
書籍『ROSプログラミング』
konashiのサンプルコードを動かしてみた
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
Google App EngineでWordPress
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
Kinect for Windows v2の日本価格決定
ドットインストールのWordPress入門レッスン
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
コンピュータビジョンの技術マップ
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
機械学習で遊ぶ
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
機械学習について最近知った情報
UnityからROSを利用できる『ROS#』
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える

コメント

  1. 通りすがり より:

    どの記事も中身の無いブログですね。チラシの裏に書いてればいいのに。

  2. より:

    ほんとそう。検索時、時間の無駄になるからやめてほしい。