Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』

顔画像で個人を識別できるオープンソースフレームワークを見つけた。
コンピュータービジョン系で有名なカーネギーメロン大学がPythonとTorchで開発したもの。Apache 2.0 Licenseとのことなので著作権の表示、変更箇所の明示があれば商用利用も可能。(ただし追記参照)

OpenFace

OpenFace

OpenFaceは、Deep Neural Networkによる顔認識をPythonとTorchで実装したもので、CVPR 2015で発表された論文FaceNet:A Unified Embedding for Face Recognition and Clusteringに基づいています。Torchによって、CPUやCUDA上でこのネットワークを実現しています。
カーネギーメロン大学のSatya研究グループのBrandon Amosが開発しました。

2016年4月29日追記:Twitterでライセンスについてご指摘があったのですが、ソースコードと訓練済みTorch Pythonモデルを含めてApache 2.0 Licenseと記載されておりました。→OpenFace:Licensing


データセットの提供元がそれを許すかどうかはわからないですが。。。


スポンサーリンク


デモ動画もある。

OpenFace Web Demo [Oct 2015]

このOpenFaceを試してみた方々もいるようで。
http://vaaaaaanquish.hatenablog.com/entry/2016/06/28/004811
http://blog.goo.ne.jp/jsp_job/e/a779b628252e23a4ebcf6c857e748f2f
https://future-architect.github.io/articles/20170526/

さて、そもそも元となったGoogleの論文FaceNet:A Unified Embedding for Face Recognition and Clusteringとはどんなものなのか調べ始めた。



https://qiita.com/zeze/items/09bdd7229713c0a6b090

う、難しくてよくわからない。。。

追記:
同じ名前で全く別のオープンソースツールもあるので混同しないように注意。



スポンサーリンク

関連記事

OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
AfterEffectsプラグイン開発
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
3Dグラフィックスの入門書
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
機械学習で遊ぶ
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ブログが1日ダウンしてました
定数
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
Raspberry Pi 2を買いました
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
統計的な顔モデル
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
MeshroomでPhotogrammetry
UnityでARKit2.0
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
Amazon Web ServicesでWordPress
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Paul Debevec
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』

コメント

  1. 通りすがり より:

    どの記事も中身の無いブログですね。チラシの裏に書いてればいいのに。

  2. より:

    ほんとそう。検索時、時間の無駄になるからやめてほしい。