OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク

顔画像で個人を識別できるオープンソースフレームワークを見つけた。
コンピュータービジョン系で有名なカーネギーメロン大学がPythonとTorchで開発したもの。Apache 2.0 Licenseとのことなので著作権の表示、変更箇所の明示があれば商用利用も可能。(ただし追記参照)

OpenFace

OpenFace

OpenFaceは、Deep Neural Networkによる顔認識をPythonとTorchで実装したもので、CVPR 2015で発表された論文FaceNet:A Unified Embedding for Face Recognition and Clusteringに基づいています。Torchによって、CPUやCUDA上でこのネットワークを実現しています。
カーネギーメロン大学のSatya研究グループのBrandon Amosが開発しました。

2016年4月29日追記:Twitterでライセンスについてご指摘があったのですが、ソースコードと訓練済みTorch Pythonモデルを含めてApache 2.0 Licenseと記載されておりました。→OpenFace:Licensing


データセットの提供元がそれを許すかどうかはわからないですが。。。


スポンサーリンク


デモ動画もある。



このOpenFaceを試してみた方々もいるようで。
http://vaaaaaanquish.hatenablog.com/entry/2016/06/28/004811
http://blog.goo.ne.jp/jsp_job/e/a779b628252e23a4ebcf6c857e748f2f
https://future-architect.github.io/articles/20170526/

さて、そもそも元となったGoogleの論文FaceNet:A Unified Embedding for Face Recognition and Clusteringとはどんなものなのか調べ始めた。



https://qiita.com/zeze/items/09bdd7229713c0a6b090

う、難しくてよくわからない。。。

追記:
同じ名前で全く別のオープンソースツールもあるので混同しないように注意。
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
カーネギーメロン大学が開発している、顔画像から個人を識別するフレームワークOpenFaceと同じ名前で混乱しますが、ケンブリッジ大学 Multicomp groupが開発しているOpenFaceという全く別のツールキットがあります。こ...


スポンサーリンク

関連記事

Quartus II
WordPressのテーマを自作する
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
UnityでLight Shaftを表現する
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
ZBrushのZScript入門
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Unityで学ぶC#
Qlone:スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
機械学習手法『Random Forest』
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Amazon Web ServicesでWordPress
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Verilog HDL
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
ZScript
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Open Shading Language (OSL)
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい

コメント

  1. 通りすがり より:

    どの記事も中身の無いブログですね。チラシの裏に書いてればいいのに。

  2. より:

    ほんとそう。検索時、時間の無駄になるからやめてほしい。