Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』

顔画像で個人を識別できるオープンソースフレームワークを見つけた。
コンピュータービジョン系で有名なカーネギーメロン大学がPythonとTorchで開発したもの。Apache 2.0 Licenseとのことなので著作権の表示、変更箇所の明示があれば商用利用も可能。(ただし追記参照)

OpenFace

OpenFace

OpenFaceは、Deep Neural Networkによる顔認識をPythonとTorchで実装したもので、CVPR 2015で発表された論文FaceNet:A Unified Embedding for Face Recognition and Clusteringに基づいています。Torchによって、CPUやCUDA上でこのネットワークを実現しています。
カーネギーメロン大学のSatya研究グループのBrandon Amosが開発しました。

2016年4月29日追記:Twitterでライセンスについてご指摘があったのですが、ソースコードと訓練済みTorch Pythonモデルを含めてApache 2.0 Licenseと記載されておりました。→OpenFace:Licensing


データセットの提供元がそれを許すかどうかはわからないですが。。。


スポンサーリンク


デモ動画もある。

OpenFace Web Demo [Oct 2015]

このOpenFaceを試してみた方々もいるようで。
http://vaaaaaanquish.hatenablog.com/entry/2016/06/28/004811
http://blog.goo.ne.jp/jsp_job/e/a779b628252e23a4ebcf6c857e748f2f
https://future-architect.github.io/articles/20170526/

さて、そもそも元となったGoogleの論文FaceNet:A Unified Embedding for Face Recognition and Clusteringとはどんなものなのか調べ始めた。



https://qiita.com/zeze/items/09bdd7229713c0a6b090

う、難しくてよくわからない。。。

追記:
同じ名前で全く別のオープンソースツールもあるので混同しないように注意。



スポンサーリンク

関連記事

Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ROSでガンダムを動かす
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
サンプルコードにも間違いはある?
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
C++始めようと思うんだ
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
ブログのデザイン変えました
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
AfterEffectsプラグイン開発
Adobe MAX 2015
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
WordPress on Windows Azure
ニューラルネットワークで画像分類
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
Managing Software Requirements: A Unified Approach
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
pythonもかじってみようかと
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
C++の抽象クラス
Photogrammetry (写真測量法)
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
Open Shading Language (OSL)
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する

コメント

  1. 通りすがり より:

    どの記事も中身の無いブログですね。チラシの裏に書いてればいいのに。

  2. より:

    ほんとそう。検索時、時間の無駄になるからやめてほしい。