機械学習

CG

3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』

ついにFacebook Research公式から3Dディープラーニング用のPyTorchベースのライブラリが登場した。 ライセンスはBSD-3-Clauseライセンス。 PyTorch3D PyTorch3Dは、PyTorchを...
2020.02.19 0
CG

Pix2Pix:CGANによる画像変換

GAN, DCGAN, CGANに引き続きGAN手法のお勉強。 順番に記事を書いてきて、やっとPix2Pixまで来た。 Pix2Pix Pix2PixはCVPR 2017で発表された論文 Image-to-Image T...
2020.04.04 0
C++

Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ

5年前にオープンソースの物理ベースレンダラ「Mitsuba」でちょっと遊んでみたことがあった↓ Siggraph Asia 2019でMitsuba 2が発表されたらしい↓ Mitsuba 2: A Retargetable Forw...
2020.03.09 0
CG

3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』

NVIDIAから3D系のディープラーニング研究のためのPyTorchライブラリが公開された。 まだベータ版だから、これからどんどん充実していくんでしょうね。読み方はカオリンで良いのかな?(なんかかわいい) Kaolin Kaol...
2020.04.04 0
AR

AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)

最近、UnityのAR Foundation経由でiOSのARKit 3遊びをしていますが、 昨年、書店で「ARの教科書」を立ち読みして、思いの外しっかりした内容だったので購入したのでした。 随分ストレートなタイトルなので、世...
2020.02.20 0
Computational Photography

CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク

GAN, DCGANに引き続き、 次はCGAN (Conditional GAN)のお勉強。 日本語で言うと「条件付き敵対的生成ネットワーク」といったところでしょうか。 CGAN (Conditional GAN) CGAN (C...
2020.04.07 0
Computational Photography

DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵対的生成

引き続きGAN(敵対的生成ネットワーク)手法のお勉強。 次はGANsの発展形のDCGAN (Deep Convolutional GAN)について。 GANの例としてはオリジナルのGANよりもDCGANの方がよく紹介されているイメージ。...
2020.01.04 0
CG

クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』

表現のための機械学習(というかディープラーニング)がじわじわと来ている、と勝手に思っている。実際、グラフィックス系のカンファレンスでもディープラーニングのセッションが大盛況だし。 クリエイターが機械学習の恩恵を受けられるアプリケーション...
2020.03.04 0
.NET Framework

C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』

C#で書かれたNumPy風の数値計算ライブラリ。Apache License 2.0だそうです。 NumSharp NumSharpは.NET StandardをターゲットとしたNumPyのC#ポートです。NumSharpはC#で...
2019.10.12 0
CG

Houdiniのライセンスの種類

プロシージャル系の話題でずっと気になっているSideFX社のHoudini。 Houdini 製品の種類が沢山あってよく分からず、とりあえず無料版のHoudini Apprenticeをインストールしただけで長らく放置していた...
2019.08.31 0