Active Appearance Models(AAM)

勉強のためのメモ。
最近こちらの資料を見ていて、顔の器官を検出する手法っていっぱい研究されてるんだなぁ、と。


スポンサーリンク


そして、器官の検出の手法って、トラッキングとニアリーのようで。


スポンサーリンク
Active Appearance Models (AAM) Fitting in the IMM Database

器官の追跡は、ただのオプティカルフロートラッキングではなくて、顔に適した幾何学的制約を設けて推定するアプローチが基本みたい。
よく聞くAAM(Active Appearance Models)は、ある特徴点群の配置を基本形状として、その基本形状からのAppearance(見え方)の変化(歪み)を表現したモデル。
ある人の顔をAAMでモデル化しておくと、その人の表情変化した顔に対して顔の見え方(Appearance)がどのように変化した(歪んだ)かを知る事ができる。
AAMの構造はシンプルで、顔の形(shape)と見え方(appearance)がそれぞれ単純な線形結合として表現されている。

【チュートリアル】 Active Appearace Models(入門編)
Iain Matthews:映画Avatarの顔表情キャプチャシステムを開発した研究者


スポンサーリンク

関連記事

OpenMVSのサンプルを動かしてみる
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
続・ディープラーニングの資料
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Kinect for Windows v2の日本価格決定
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ベイズ推定とグラフィカルモデル
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
3D復元技術の情報リンク集
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
PCA (主成分分析)
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenGVの用語
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
海外ドラマのChromaKey
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
ニューラルネットワークと深層学習
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
今年もSSII
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Adobe MAX 2015
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
コンピュータビジョンの技術マップ
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』

コメント