Active Appearance Models(AAM)

勉強のためのメモ。
最近こちらの資料を見ていて、顔の器官を検出する手法っていっぱい研究されてるんだなぁ、と。


スポンサーリンク


そして、器官の検出の手法って、トラッキングとニアリーのようで。


スポンサーリンク
Active Appearance Models (AAM) Fitting in the IMM Database

器官の追跡は、ただのオプティカルフロートラッキングではなくて、顔に適した幾何学的制約を設けて推定するアプローチが基本みたい。
よく聞くAAM(Active Appearance Models)は、ある特徴点群の配置を基本形状として、その基本形状からのAppearance(見え方)の変化(歪み)を表現したモデル。
ある人の顔をAAMでモデル化しておくと、その人の表情変化した顔に対して顔の見え方(Appearance)がどのように変化した(歪んだ)かを知る事ができる。
AAMの構造はシンプルで、顔の形(shape)と見え方(appearance)がそれぞれ単純な線形結合として表現されている。

【チュートリアル】 Active Appearace Models(入門編)
Iain Matthews:映画Avatarの顔表情キャプチャシステムを開発した研究者


スポンサーリンク

関連記事

Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
コンピュータビジョンの技術マップ
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
UnityでPoint Cloudを表示する方法
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Kinect for Windows v2の日本価格決定
GoogleのDeep Learning論文
OpenCV
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
ディープラーニング
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
UnityでOpenCVを使うには?
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
PCA (主成分分析)
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
機械学習手法『Random Forest』
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
OpenGVのライブラリ構成
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
統計的な顔モデル
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール

コメント