Active Appearance Models(AAM)

勉強のためのメモ。
最近こちらの資料を見ていて、顔の器官を検出する手法っていっぱい研究されてるんだなぁ、と。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


そして、器官の検出の手法って、トラッキングとニアリーのようで。



器官の追跡は、ただのオプティカルフロートラッキングではなくて、顔に適した幾何学的制約を設けて推定するアプローチが基本みたい。
よく聞くAAM(Active Appearance Models)は、ある特徴点群の配置を基本形状として、その基本形状からのAppearance(見え方)の変化(歪み)を表現したモデル。
ある人の顔をAAMでモデル化しておくと、その人の表情変化した顔に対して顔の見え方(Appearance)がどのように変化した(歪んだ)かを知る事ができる。
AAMの構造はシンプルで、顔の形(shape)と見え方(appearance)がそれぞれ単純な線形結合として表現されている。

【チュートリアル】 Active Appearace Models(入門編)
Iain Matthews:映画Avatarの顔表情キャプチャシステムを開発した研究者


スポンサーリンク

関連記事

Facebookの顔認証技術『DeepFace』
ニューラルネットワークで画像分類
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Digital Emily Project:人間の顔をそっくりそのままCGで復元する
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
OpenGVの用語
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
MeshroomでPhotogrammetry
OpenCV バージョン4がリリースされた!
機械学習手法『Random Forest』
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
PCA (主成分分析)
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Pix2Pix:CGANによる画像変換
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Adobe MAX 2015
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
UnityでOpenCVを使うには?
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された

コメント