Active Appearance Models(AAM)

勉強のためのメモ。
最近こちらの資料を見ていて、顔の器官を検出する手法っていっぱい研究されてるんだなぁ、と。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


そして、器官の検出の手法って、トラッキングとニアリーのようで。



器官の追跡は、ただのオプティカルフロートラッキングではなくて、顔に適した幾何学的制約を設けて推定するアプローチが基本みたい。
よく聞くAAM(Active Appearance Models)は、ある特徴点群の配置を基本形状として、その基本形状からのAppearance(見え方)の変化(歪み)を表現したモデル。
ある人の顔をAAMでモデル化しておくと、その人の表情変化した顔に対して顔の見え方(Appearance)がどのように変化した(歪んだ)かを知る事ができる。
AAMの構造はシンプルで、顔の形(shape)と見え方(appearance)がそれぞれ単純な線形結合として表現されている。

【チュートリアル】 Active Appearace Models(入門編)
Iain Matthews:映画Avatarの顔表情キャプチャシステムを開発した研究者


スポンサーリンク

関連記事

書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
AfterEffectsプラグイン開発
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
CGのためのディープラーニング
OpenGVのライブラリ構成
PCA (主成分分析)
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Photogrammetry (写真測量法)
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
コンピュータビジョンの技術マップ
ニューラルネットワークと深層学習
ニューラルネットワークで画像分類
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Kinect for Windows v2の日本価格決定
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
OpenCV
機械学習手法『Random Forest』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ベイズ推定とグラフィカルモデル
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ

コメント