Active Appearance Models(AAM)

勉強のためのメモ。
最近こちらの資料を見ていて、顔の器官を検出する手法っていっぱい研究されてるんだなぁ、と。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


そして、器官の検出の手法って、トラッキングとニアリーのようで。



器官の追跡は、ただのオプティカルフロートラッキングではなくて、顔に適した幾何学的制約を設けて推定するアプローチが基本みたい。
よく聞くAAM(Active Appearance Models)は、ある特徴点群の配置を基本形状として、その基本形状からのAppearance(見え方)の変化(歪み)を表現したモデル。
ある人の顔をAAMでモデル化しておくと、その人の表情変化した顔に対して顔の見え方(Appearance)がどのように変化した(歪んだ)かを知る事ができる。
AAMの構造はシンプルで、顔の形(shape)と見え方(appearance)がそれぞれ単純な線形結合として表現されている。

【チュートリアル】 Active Appearace Models(入門編)
Iain Matthews:映画Avatarの顔表情キャプチャシステムを開発した研究者


スポンサーリンク

関連記事

Qlone:スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ
統計的な顔モデル
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
海外ドラマのChromaKey
今年もSSII
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
機械学習手法『Random Forest』
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
MeshroomでPhotogrammetry
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Paul Debevec
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
AfterEffectsプラグイン開発
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Regard3D:オープンソースのStructure from Motionツール
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発

コメント