Active Appearance Models(AAM)

勉強のためのメモ。
最近こちらの資料を見ていて、顔の器官を検出する手法っていっぱい研究されてるんだなぁ、と。


スポンサーリンク


そして、器官の検出の手法って、トラッキングとニアリーのようで。


スポンサーリンク
Active Appearance Models (AAM) Fitting in the IMM Database

器官の追跡は、ただのオプティカルフロートラッキングではなくて、顔に適した幾何学的制約を設けて推定するアプローチが基本みたい。
よく聞くAAM(Active Appearance Models)は、ある特徴点群の配置を基本形状として、その基本形状からのAppearance(見え方)の変化(歪み)を表現したモデル。
ある人の顔をAAMでモデル化しておくと、その人の表情変化した顔に対して顔の見え方(Appearance)がどのように変化した(歪んだ)かを知る事ができる。
AAMの構造はシンプルで、顔の形(shape)と見え方(appearance)がそれぞれ単純な線形結合として表現されている。

【チュートリアル】 Active Appearace Models(入門編)
Iain Matthews:映画Avatarの顔表情キャプチャシステムを開発した研究者


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVで顔のモーフィングを実装する
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
AfterEffectsプラグイン開発
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
UnityでPoint Cloudを表示する方法
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
CGのためのディープラーニング
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
続・ディープラーニングの資料
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
MeshroomでPhotogrammetry
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...

コメント