オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』

たまたま見つけたけど、流行っている気配は無さそう(笑)

OpenBRはオープンソースの生体識別ライブラリで、顔写真から年齢や性別の判別が可能とのこと。まだバージョン1にも満たないので、成熟するのはもうちょい先だろうか。顔認識技術ってのはどんどんオープン化していきますな。

OpenBR – Open Source Biometric Recognition

openbr

OpenBRは、新しい手法の研究、既存アルゴリズム改良、商用システムとのインタフェースとしての利用、認識性能の測定、そして 自動生体認証システムをデプロイするためのフレームワークです。
このプロジェクトは、アルゴリズムのプロトタイピングを迅速に進められるように、成熟したコアフレームワークと柔軟なプラグインシステムを備え、オープンとクローズドソースの開発を支援するよう設計されています。また、顔認識年齢推定性別推定などの既存アルゴリズムも利用可能です。
詳しくはチュートリアルをご覧ください。
OpenBRは新しいアルゴリズムのプロトタイプを作成するプロセスを合理化する必要性から、MITRE社内で始まりました。このプロジェクトは、後にApache2ライセンスの下でオープンソースソフトウェアとして公開し、学術的および商業的使用のためにフリーにしました。
OpenBRの詳細については、我々の論文をお読みになり、あなたの成果に役立ててください。
J. Klontz, B. Klare, S. Klum, M. Burge, A. Jain, “Open Source Biometric Recognition”, Biometrics: Theory, Applications and Systems, 2013.


スポンサーリンク

Apache 2.0 licenseなので、出典を明記すれば商用利用も可能ということですね。
コマンドラインと、C, C++, Pythonから利用できるAPIが用意されているようです。


スポンサーリンク


このOSSは、共有ライブラリである”openbr”と、コマンドラインアプリケーションである”br”の大きく二つから成り立っている。↓

openBR

ちょっと前にOpenBRのインストール手順をQiitaにまとめている人がいた。↓
http://qiita.com/Horie1024/items/205d1c05198673477f06

OpenBRの開発履歴をGourceで可視化動画を見つけた。
2013年に始まったばかりだから随分と若いライブラリだな。↓

Evolution of openbr (Gource Visualization)

YouTubeでポルトガル語の講演っぽい動画を見つけた。うん、さっぱりわからない。↓

Fisl 16 – openBR Reconhecimento Facial de código aberto

ジワジワと試してる人が増えてきてるのかな。
http://bizright-blog.tumblr.com/post/132916415384/raspberry-pi-opencvopenbr%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E9%96%8B%E5%A7%8B%E6%88%B8%E5%B6%8B

http://labo.ysreading.co.jp/2015/11/26/%E3%80%90ai%E3%80%91openbr%E3%81%A7%E9%A1%94%E8%AA%8D%E8%AD%98%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F/


スポンサーリンク

関連記事

CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
プログラミングスキルとは何か?
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
書籍『ROSプログラミング』
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
データサイエンティストって何だ?
Adobe MAX 2015
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
ニューラルネットワークと深層学習
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Paul Debevec
Konashiを買った
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
OANDAのfxTrade API
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Quartus II
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
オープンソースの取引プラットフォーム
自前Shaderの件 解決しました
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
プログラムによる景観の自動生成
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
オーバーロードとオーバーライド
Maya API Reference

コメント