オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』

たまたま見つけたけど、流行っている気配は無さそう(笑)

OpenBRはオープンソースの生体識別ライブラリで、顔写真から年齢や性別の判別が可能とのこと。まだバージョン1にも満たないので、成熟するのはもうちょい先だろうか。顔認識技術ってのはどんどんオープン化していきますな。

OpenBR – Open Source Biometric Recognition

openbr

OpenBRは、新しい手法の研究、既存アルゴリズム改良、商用システムとのインタフェースとしての利用、認識性能の測定、そして 自動生体認証システムをデプロイするためのフレームワークです。
このプロジェクトは、アルゴリズムのプロトタイピングを迅速に進められるように、成熟したコアフレームワークと柔軟なプラグインシステムを備え、オープンとクローズドソースの開発を支援するよう設計されています。また、顔認識年齢推定性別推定などの既存アルゴリズムも利用可能です。
詳しくはチュートリアルをご覧ください。
OpenBRは新しいアルゴリズムのプロトタイプを作成するプロセスを合理化する必要性から、MITRE社内で始まりました。このプロジェクトは、後にApache2ライセンスの下でオープンソースソフトウェアとして公開し、学術的および商業的使用のためにフリーにしました。
OpenBRの詳細については、我々の論文をお読みになり、あなたの成果に役立ててください。
J. Klontz, B. Klare, S. Klum, M. Burge, A. Jain, “Open Source Biometric Recognition”, Biometrics: Theory, Applications and Systems, 2013.


スポンサーリンク

Apache 2.0 licenseなので、出典を明記すれば商用利用も可能ということですね。
コマンドラインと、C, C++, Pythonから利用できるAPIが用意されているようです。


スポンサーリンク


このOSSは、共有ライブラリである”openbr”と、コマンドラインアプリケーションである”br”の大きく二つから成り立っている。↓

openBR

ちょっと前にOpenBRのインストール手順をQiitaにまとめている人がいた。↓
http://qiita.com/Horie1024/items/205d1c05198673477f06

OpenBRの開発履歴をGourceで可視化動画を見つけた。
2013年に始まったばかりだから随分と若いライブラリだな。↓



YouTubeでポルトガル語の講演っぽい動画を見つけた。うん、さっぱりわからない。↓



ジワジワと試してる人が増えてきてるのかな。
http://bizright-blog.tumblr.com/post/132916415384/raspberry-pi-opencvopenbr%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E9%96%8B%E5%A7%8B%E6%88%B8%E5%B6%8B

http://labo.ysreading.co.jp/2015/11/26/%E3%80%90ai%E3%80%91openbr%E3%81%A7%E9%A1%94%E8%AA%8D%E8%AD%98%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F/


スポンサーリンク

関連記事

Google App Engineのデプロイ失敗
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Amazon Web ServicesでWordPress
ディープラーニング
SVM (Support Vector Machine)
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
立体視を試してみた
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
コンピュータビジョンの技術マップ
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
Mayaのシェーディングノードの区分
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Python2とPython3
Qlone:スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
プログラミングスキルとは何か?
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
Unityの薄い本
ブログが1日ダウンしてました
OpenCVで動画の手ぶれ補正
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
C++の抽象クラス
MPFB2:Blenderの人体モデリングアドオン
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
サンプルコードにも間違いはある?
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ

コメント