オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』

たまたま見つけたけど、流行っている気配は無さそう(笑)

OpenBRはオープンソースの生体識別ライブラリで、顔写真から年齢や性別の判別が可能とのこと。まだバージョン1にも満たないので、成熟するのはもうちょい先だろうか。顔認識技術ってのはどんどんオープン化していきますな。

OpenBR – Open Source Biometric Recognition

openbr

OpenBRは、新しい手法の研究、既存アルゴリズム改良、商用システムとのインタフェースとしての利用、認識性能の測定、そして 自動生体認証システムをデプロイするためのフレームワークです。
このプロジェクトは、アルゴリズムのプロトタイピングを迅速に進められるように、成熟したコアフレームワークと柔軟なプラグインシステムを備え、オープンとクローズドソースの開発を支援するよう設計されています。また、顔認識年齢推定性別推定などの既存アルゴリズムも利用可能です。
詳しくはチュートリアルをご覧ください。
OpenBRは新しいアルゴリズムのプロトタイプを作成するプロセスを合理化する必要性から、MITRE社内で始まりました。このプロジェクトは、後にApache2ライセンスの下でオープンソースソフトウェアとして公開し、学術的および商業的使用のためにフリーにしました。
OpenBRの詳細については、我々の論文をお読みになり、あなたの成果に役立ててください。
J. Klontz, B. Klare, S. Klum, M. Burge, A. Jain, “Open Source Biometric Recognition”, Biometrics: Theory, Applications and Systems, 2013.


スポンサーリンク

Apache 2.0 licenseなので、出典を明記すれば商用利用も可能ということですね。
コマンドラインと、C, C++, Pythonから利用できるAPIが用意されているようです。


スポンサーリンク


このOSSは、共有ライブラリである”openbr”と、コマンドラインアプリケーションである”br”の大きく二つから成り立っている。↓

openBR

ちょっと前にOpenBRのインストール手順をQiitaにまとめている人がいた。↓
http://qiita.com/Horie1024/items/205d1c05198673477f06

OpenBRの開発履歴をGourceで可視化動画を見つけた。
2013年に始まったばかりだから随分と若いライブラリだな。↓



YouTubeでポルトガル語の講演っぽい動画を見つけた。うん、さっぱりわからない。↓



ジワジワと試してる人が増えてきてるのかな。
http://bizright-blog.tumblr.com/post/132916415384/raspberry-pi-opencvopenbr%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E9%96%8B%E5%A7%8B%E6%88%B8%E5%B6%8B

http://labo.ysreading.co.jp/2015/11/26/%E3%80%90ai%E3%80%91openbr%E3%81%A7%E9%A1%94%E8%AA%8D%E8%AD%98%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F/


スポンサーリンク

関連記事

Dlib:C++の機械学習ライブラリ
GeoGebra:無料で使える数学アプリ
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
ManimML:機械学習の概念を視覚的に説明するためのライブラリ
Mayaのシェーディングノードの区分
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
Live CV:インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール
Quartus II
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
OpenCVで動画の手ぶれ補正
手を動かしながら学ぶデータマイニング
MLDemos:機械学習について理解するための可視化ツール
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
書籍『ROSプログラミング』
Adobe MAX 2015
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
WordPressプラグインの作り方
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
UnityでARKit2.0
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
3Dグラフィックスの入門書
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
adskShaderSDK
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
GoogleのDeep Learning論文
まだ続くブログの不調

コメント