疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できるように

この前書いたばかりの『Seene』ですが、次のアップデートで完全な3Dテクスチャモデルを作成できるようになるらしい。これまで疑似3Dだったものが、ついに本当の3Dに。


スポンサーリンク
Seene Full 3D Capture preview

他に外部センサーやハードウェアの類は必要なく、すべてiPhoneだけで完結する。
技術のジャンルとしては多視点画像からの3次元復元で、動画を見る限り、画像間の対応にはオプティカルフローを使ってるっぽい。
iPhoneで写真を複数枚撮ってクラウド上で演算するタイプの3D化はAutodeskからAutodesk 123D Catch が出てるけど、SeeneはiPhoneだけで演算を完了するんだろうか。

「Seene」の神アップデートで、iPhoneだけでフル3Dモデルが撮影できるように(ギズモード・ジャパン)


スポンサーリンク

関連記事

Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
iPhone欲しいなぁ
機械学習について最近知った情報
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
3D復元技術の情報リンク集
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
顔画像処理技術の過去の研究
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
ポイントクラウドコンソーシアム
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Konashiを買った
ROMOハッカソンに行ってきた
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
MeshroomでPhotogrammetry
Pix2Pix:CGANによる画像変換
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています

コメント