疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できるように

この前書いたばかりの『Seene』ですが、次のアップデートで完全な3Dテクスチャモデルを作成できるようになるらしい。これまで疑似3Dだったものが、ついに本当の3Dに。



他に外部センサーやハードウェアの類は必要なく、すべてiPhoneだけで完結する。
技術のジャンルとしては多視点画像からの3次元復元で、動画を見る限り、画像間の対応にはオプティカルフローを使ってるっぽい。
iPhoneで写真を複数枚撮ってクラウド上で演算するタイプの3D化はAutodeskからAutodesk 123D Catch が出てるけど、SeeneはiPhoneだけで演算を完了するんだろうか。

「Seene」の神アップデートで、iPhoneだけでフル3Dモデルが撮影できるように(ギズモード・ジャパン)


スポンサーリンク

関連記事

Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
ディープラーニング
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
AI英語教材アプリ『abceed』
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
ベイズ推定とグラフィカルモデル
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Pix2Pix:CGANによる画像変換
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
OpenCV バージョン4がリリースされた!
konashiのサンプルコードを動かしてみた
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
統計的な顔モデル
Konashiを買った
PCA (主成分分析)
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
ROMOハッカソンに行ってきた
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
海外ドラマのChromaKey
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
OpenGVのライブラリ構成
ポイントクラウドコンソーシアム
Active Appearance Models(AAM)
顔画像処理技術の過去の研究
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
プラカラーストック:模型塗料を管理できるスマホアプリ
iPhone 11 Pro→ iPhone 13 Pro

コメント