疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できるように

この前書いたばかりの『Seene』ですが、次のアップデートで完全な3Dテクスチャモデルを作成できるようになるらしい。これまで疑似3Dだったものが、ついに本当の3Dに。



他に外部センサーやハードウェアの類は必要なく、すべてiPhoneだけで完結する。
技術のジャンルとしては多視点画像からの3次元復元で、動画を見る限り、画像間の対応にはオプティカルフローを使ってるっぽい。
iPhoneで写真を複数枚撮ってクラウド上で演算するタイプの3D化はAutodeskからAutodesk 123D Catch が出てるけど、SeeneはiPhoneだけで演算を完了するんだろうか。

「Seene」の神アップデートで、iPhoneだけでフル3Dモデルが撮影できるように(ギズモード・ジャパン)


スポンサーリンク

関連記事

機械学習手法『Random Forest』
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
新年の衝動買い
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
AfterEffectsプラグイン開発
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
カプコンの新作情報専用iPhoneアプリ『Capcom News』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
UnityのAR FoundationでARKit 3
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
konashiのサンプルコードを動かしてみた
Programing Guide for iPhone SDK 日本語のドキュメント
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
GoogleのDeep Learning論文
Paul Debevec
今年もSSII
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
Unityからkonashiをコントロールする
海外ドラマのChromaKey
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
続・ディープラーニングの資料
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収

コメント