疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できるように

この前書いたばかりの『Seene』ですが、次のアップデートで完全な3Dテクスチャモデルを作成できるようになるらしい。これまで疑似3Dだったものが、ついに本当の3Dに。


スポンサーリンク
Seene Full 3D Capture preview

他に外部センサーやハードウェアの類は必要なく、すべてiPhoneだけで完結する。
技術のジャンルとしては多視点画像からの3次元復元で、動画を見る限り、画像間の対応にはオプティカルフローを使ってるっぽい。
iPhoneで写真を複数枚撮ってクラウド上で演算するタイプの3D化はAutodeskからAutodesk 123D Catch が出てるけど、SeeneはiPhoneだけで演算を完了するんだろうか。

「Seene」の神アップデートで、iPhoneだけでフル3Dモデルが撮影できるように(ギズモード・ジャパン)


スポンサーリンク

関連記事

Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
ニューラルネットワークと深層学習
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Paul Debevec
ニューラルネットワークで画像分類
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
新年の衝動買い
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
統計的な顔モデル
海外ドラマのChromaKey
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
OpenCVで動画の手ぶれ補正
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
機械学習について最近知った情報
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
AI英語教材アプリ『abceed』
konashiのサンプルコードを動かしてみた
ROMOハッカソンに行ってきた
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています

コメント