疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できるように

この前書いたばかりの『Seene』ですが、次のアップデートで完全な3Dテクスチャモデルを作成できるようになるらしい。これまで疑似3Dだったものが、ついに本当の3Dに。


スポンサーリンク
Seene Full 3D Capture preview

他に外部センサーやハードウェアの類は必要なく、すべてiPhoneだけで完結する。
技術のジャンルとしては多視点画像からの3次元復元で、動画を見る限り、画像間の対応にはオプティカルフローを使ってるっぽい。
iPhoneで写真を複数枚撮ってクラウド上で演算するタイプの3D化はAutodeskからAutodesk 123D Catch が出てるけど、SeeneはiPhoneだけで演算を完了するんだろうか。

「Seene」の神アップデートで、iPhoneだけでフル3Dモデルが撮影できるように(ギズモード・ジャパン)


スポンサーリンク

関連記事

顔画像処理技術の過去の研究
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
AfterEffectsプラグイン開発
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
機械学習について最近知った情報
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
Konashiを買った
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
仮面ライダーあつめ
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
統計的な顔モデル
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
iPhone5S → iPhone6S
iPhoneアクセサリ
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
OpenGVのライブラリ構成
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
コンピュータビジョンの技術マップ
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
PCA (主成分分析)

コメント