疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できるように

この前書いたばかりの『Seene』ですが、次のアップデートで完全な3Dテクスチャモデルを作成できるようになるらしい。これまで疑似3Dだったものが、ついに本当の3Dに。



他に外部センサーやハードウェアの類は必要なく、すべてiPhoneだけで完結する。
技術のジャンルとしては多視点画像からの3次元復元で、動画を見る限り、画像間の対応にはオプティカルフローを使ってるっぽい。
iPhoneで写真を複数枚撮ってクラウド上で演算するタイプの3D化はAutodeskからAutodesk 123D Catch が出てるけど、SeeneはiPhoneだけで演算を完了するんだろうか。

「Seene」の神アップデートで、iPhoneだけでフル3Dモデルが撮影できるように(ギズモード・ジャパン)


スポンサーリンク

関連記事

UnityでOpenCVを使うには?
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ROMOハッカソンに行ってきた
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
畳み込みニューラルネットワーク (CNN: Convolutional Neural Network...
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Regard3D:オープンソースのStructure from Motionツール
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
機械学習について最近知った情報
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
OpenGVの用語
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
AfterEffectsプラグイン開発
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
ニューラルネットワークと深層学習
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
CGのためのディープラーニング
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
続・ディープラーニングの資料
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』

コメント