疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できるように

この前書いたばかりの『Seene』ですが、次のアップデートで完全な3Dテクスチャモデルを作成できるようになるらしい。これまで疑似3Dだったものが、ついに本当の3Dに。


スポンサーリンク
Seene Full 3D Capture preview

他に外部センサーやハードウェアの類は必要なく、すべてiPhoneだけで完結する。
技術のジャンルとしては多視点画像からの3次元復元で、動画を見る限り、画像間の対応にはオプティカルフローを使ってるっぽい。
iPhoneで写真を複数枚撮ってクラウド上で演算するタイプの3D化はAutodeskからAutodesk 123D Catch が出てるけど、SeeneはiPhoneだけで演算を完了するんだろうか。

「Seene」の神アップデートで、iPhoneだけでフル3Dモデルが撮影できるように(ギズモード・ジャパン)


スポンサーリンク

関連記事

PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
Pix2Pix:CGANによる画像変換
CGのためのディープラーニング
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
Active Appearance Models(AAM)
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
UnityでARKit2.0
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
新年の衝動買い
続・ディープラーニングの資料
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Programing Guide for iPhone SDK 日本語のドキュメント
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
iPhone5S → iPhone6S
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
ニューラルネットワークと深層学習
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
口笛から作曲できるスマホアプリ『Chordana Composer』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Photogrammetry (写真測量法)
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
ROMOハッカソンに行ってきた
ポイントクラウドコンソーシアム
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ

コメント