疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できるように

この前書いたばかりの『Seene』ですが、次のアップデートで完全な3Dテクスチャモデルを作成できるようになるらしい。これまで疑似3Dだったものが、ついに本当の3Dに。


スポンサーリンク
Seene Full 3D Capture preview

他に外部センサーやハードウェアの類は必要なく、すべてiPhoneだけで完結する。
技術のジャンルとしては多視点画像からの3次元復元で、動画を見る限り、画像間の対応にはオプティカルフローを使ってるっぽい。
iPhoneで写真を複数枚撮ってクラウド上で演算するタイプの3D化はAutodeskからAutodesk 123D Catch が出てるけど、SeeneはiPhoneだけで演算を完了するんだろうか。

「Seene」の神アップデートで、iPhoneだけでフル3Dモデルが撮影できるように(ギズモード・ジャパン)


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
ROMOハッカソンに行ってきた
iPhone 8 → iPhone 11 Pro
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
ベイズ推定とグラフィカルモデル
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
ニューラルネットワークで画像分類
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
UnityでARKit2.0
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
iPhone5S → iPhone6S
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
統計的な顔モデル
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
AI英語教材アプリ『abceed』
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
OpenCVで動画の手ぶれ補正
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...

コメント