オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating System)』

ちょっと前からロボット関係で話題(?)になっていたROS(Robot Operating System)というものについて調べ始めた。名前からしてロボット用のOSなのかと思ったらそうじゃなくて、Linux(Ubuntu)上で動くミドルウェアというかフレームワークという位置づけらしい。

ROS.org

ソフトウェア開発者のロボット・アプリケーション作成を支援するライブラリとツールを提供しています. 具体的には, ハードウェア抽象化, デバイスドライバ,ライブラリ,視覚化ツール, メッセージ通信,パッケージ管理などが提供されています. ROSはオープンソースの一つ, BSDライセンスにより, ライセンス化されています.

公式ドキュメントの日本語化が進んでいるのもありがたいですね。動作環境は基本的にUbuntu推奨で、試験的にOSXとかもサポートしているけど、Ubuntuでやっておいた方が無難でしょうね。
聞くところによると、もともとPoint Cloud LibraryはROSの一部だったものが独立のライブラリ化したという経緯があるらしいです。

ROS公式ドキュメント以外だと、今のところ日本語で発売されている唯一のROS参考書はコレ↓

ROSではじめるロボットプログラミング―フリーのロボット用「フレームワーク」 (I・O BOOKS)

著者の方のブログはこちら↓
http://ros-robot.blogspot.jp/

ロボットを制御するためのソフトウェアって、アルゴリズムなどの専門分野が多岐にわたるから、こういうフレームワークがないとプロトタイプすらしんどいだろうな。(フレームワークがあってもしんどいだろうけど)

オイラがROSに期待しているのは、ロボットの制御というよりは画像認識系のアルゴリズムの組み合わせも手軽にできるようになる点。最近は、ルンバなどのお掃除ロボットにもSLAM的な空間認識機能が付いてたりするけど、ああいった機能が程よく抽象化されて利用できるのが利点だと思う。(まだ試してないけど)


スポンサーリンク


実は、少し前からこの「ROSではじめるロボットプログラミング」を読んで真似してて、やっと第7章まで来た。

そして、発売されている書籍以外だと、最近出たクリエイティブ・コモンズの無料書籍がある。こちらにはSLAMの例が載っているのでいずれ真似してみたい。↓


スポンサーリンク

詳説 ROSロボットプログラミング

詳説 ROSロボットプログラミング

ちなみに、このROSのバージョン名はすべて亀にちなんだ名称になっていて、どちらの書籍もバージョンIndigoを解説対象としている。とりあえずIndigoで始めておいた方がつまずきにくいと思う。Ubuntuのバージョンは14.04。

ROSを講義で扱ってる中部大学 工学部 ロボット理工学科ってすごい実践寄りなだよな。



さて、このROSに対して同じくロボット系のOpenRTMっていうフレームワークもあるらしいけど、そっちはどうなんでしょうね。

RTMではじめるロボットアプリ開発 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

関連記事

ubuntuでサーバー作るよ
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
ニューラルネットワークで画像分類
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
手を動かしながら学ぶデータマイニング
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
UnityでPoint Cloudを表示する方法
AfterEffectsプラグイン開発
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Open Shading Language (OSL)
ZBrushのZScript入門
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Blender 2.8がついに正式リリース!
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
ROSの薄い本
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
Mean Stack開発の最初の一歩

コメント