Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ

以前NumSharpを調べた時に



Pythonと.NETを連携させるPython.NETの存在を知った。MITライセンスなので商用利用も可能です。

Python.NET

Python.NET (pythonnet)はPythonプログラマがWindowsの.NET 4.0+共通言語ランタイム(CLR)、およびLinuxとOSXのMonoランタイムとほぼシームレスに統合できるようにするパッケージです。Python.NETは.NET開発者向けの強力なアプリケーションスクリプトツールを提供します。このパッケージを使用することで、CLR (C#, VB.NET, F#, C++/CLI)を対象とする任意の言語で記述された.NETサービスとコンポーネントを使用して、.NETアプリケーションをスクリプト化したり、Pythonで.NETアプリケーション全体を構築できます。


スポンサーリンク

Pythonから.NETを呼べるし、.NETからPythonを呼べる。

Python.NETGitHubで公開されており、インストール方法はGitHubWikiを参照。


スポンサーリンク


試した方々の記事↓
https://qiita.com/hogegex/items/3743225a7af13e93df78
https://tadaoyamaoka.hatenablog.com/entry/2020/06/02/214308

IronPythonのように別途特別な実行環境を用意するわけでは無く、純粋にPython環境を叩けるということなので、最近の機械学習系のライブラリもそのまま.NETから利用できるらしい。

以前はIronPythonぐらいしか.NET連携の手段が無かったから、対応していないパッケージが多かったよな。
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
ここ最近、Pythonインターフェイスを用意しているライブラリが非常に多くて、使ってみると確かに、C++でガリガリと低レベルのコードを書くよりもコーディング量が少なくて扱いが楽なのである。最近じわじわと日常に浸透しているSoftBankのロ...


気になるのは「Unityでも使えるのか」という点ですが、「Unityで動かした」という書き込みと共に「クラッシュした」という報告も見かけるのでなんとも。。。

2023年 追記:
Python Embeddable PackageをUnityのStreamingAssetsフォルダに配置して、ビルドしたアプリに同梱・配布する方法(Windows限定)↓
https://zenn.dev/shiena/articles/unity-python


スポンサーリンク

関連記事

Boost オープンソースライブラリ
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
サンプルコードにも間違いはある?
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
機械学習で遊ぶ
Unityで360度ステレオVR動画を作る
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
定数
Google App EngineでWordPress
このブログのデザインに飽きてきた
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
機械学習手法『Random Forest』
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
3D復元技術の情報リンク集
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Mayaのプラグイン開発
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
動的なメモリの扱い
MeshLab:3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
3Dグラフィックスの入門書
Raspberry Pi 2を買いました
WinSCP
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ

コメント