Unityの薄い本

ここのところUnityで映像作りたい欲が膨らんでいる。


UnityのGlobal Illumination
UnityにGI(Global Illumination)機能があることはバージョン4の時代から知ってたけど、まともに触らないままバージョン5の時代も通り過ぎてしまった(笑)いい加減ちゃんと触ってみようと思いつつ、公式ドキュメントを読...


そしてその欲求にピッタリな同人誌の存在を知った。




スポンサーリンク


現在も電子書籍版が購入できる。


https://ariari-zaibatu.booth.pm/items/592891

Kindle版もあるようです↓

ゆにりあ Vol.1: Unityで映像を作る (有有財閥)


スポンサーリンク

Unityシェーダープログラミングの教科書

10月22日の「技術書典3」で頒布される予定の「Unityシェーダープログラミングの教科書 ShaderLab言語解説編」もBOOTHでPDF版を購入できるぞ。↓
https://s-games.booth.pm/items/660001
http://d.hatena.ne.jp/t_tutiya/20171018/1508314850

Unity Graphics Programming

Unityのグラフィックスプログラミングテクニックについて解説した同人誌もあるのか。
https://indievisuallab.stores.jp/items/59edf11ac8f22c0152002588

https://indievisuallab.stores.jp/items/5ae077b850bbc30f3a000a6d

以前UnrealEngineの薄い本を買ったことがあったけど、ゲームエンジン系の薄い本って沢山あるのね。



今月号のCGWORLDでもゲームエンジンを映像制作に利用する特集が組まれていたけど、ツールの力が産業の壁を破壊していく感じがするなぁ。
https://cgworld.jp/feature/201710-cgw231T1-bros.html

http://www.animeanime.biz/archives/44238


スポンサーリンク

関連記事

Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Physically Based Rendering
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
ラクガキの立体化 モールドの追加
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
注文してた本が届いた
CreativeCOW.net
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
html5のcanvasの可能性
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
MFnDataとMFnAttribute
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
UnityのGlobal Illumination
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ZBrush 2018での作業環境を整える
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
サンプルコードにも間違いはある?
ZBrushでカスタムUIを設定する
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
デザインのリファイン再び
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Raspberry Pi 2を買いました
MRenderUtil::raytrace
このブログのデザインに飽きてきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Open Shading Language (OSL)
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)

コメント