Unityの薄い本

ここのところUnityで映像作りたい欲が膨らんでいる。


UnityのGlobal Illumination
UnityにGI(Global Illumination)機能があることはバージョン4の時代から知ってたけど、まともに触らないままバージョン5の時代も通り過ぎてしまった(笑)いい加減ちゃんと触ってみようと思いつつ、公式ドキュメントを読...


そしてその欲求にピッタリな同人誌の存在を知った。




スポンサーリンク


現在も電子書籍版が購入できる。


https://ariari-zaibatu.booth.pm/items/592891

Kindle版もあるようです↓

ゆにりあ Vol.1: Unityで映像を作る (有有財閥)


スポンサーリンク

Unityシェーダープログラミングの教科書

10月22日の「技術書典3」で頒布される予定の「Unityシェーダープログラミングの教科書 ShaderLab言語解説編」もBOOTHでPDF版を購入できるぞ。↓
https://s-games.booth.pm/items/660001
http://d.hatena.ne.jp/t_tutiya/20171018/1508314850

Unity Graphics Programming

Unityのグラフィックスプログラミングテクニックについて解説した同人誌もあるのか。
https://indievisuallab.stores.jp/items/59edf11ac8f22c0152002588

https://indievisuallab.stores.jp/items/5ae077b850bbc30f3a000a6d

以前UnrealEngineの薄い本を買ったことがあったけど、ゲームエンジン系の薄い本って沢山あるのね。



今月号のCGWORLDでもゲームエンジンを映像制作に利用する特集が組まれていたけど、ツールの力が産業の壁を破壊していく感じがするなぁ。
https://cgworld.jp/feature/201710-cgw231T1-bros.html

http://www.animeanime.biz/archives/44238


スポンサーリンク

関連記事

cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
海外ドラマのChromaKey
テスト
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
2018年 観に行った映画振り返り
自前のShaderがおかしい件
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
NICOGRAPHって有名?
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
CGのためのディープラーニング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
html5のcanvasの可能性
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
HD画質の無駄遣い
ディープラーニング
2022年4月 振り返り
OpenGVの用語
WordPressのテーマを自作する
ZBrushのUV MasterでUV展開
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
手軽な娯楽
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
2012のメイキングまとめ(途中)
UnityのuGUIチュートリアル
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
ROMOハッカソンに行ってきた
アニゴジ関連情報

コメント