1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』

3D人-3dnchu-さんで紹介されていた無料でオープンソースのマテリアル作成ツール「Materialize」。
http://3dnchu.com/archives/materialize/
http://3dnchu.com/archives/materialize-is-open-source/

Materialize

Materialize image to material tool

Materializeは、画像からゲーム用のマテリアルを作成できるスタンドアローンツールです。 1枚の画像、または手持ちのテクスチャからマテリアルを作成したり、必要とするテクスチャを生成することができます。

Materializeでできること
  • Diffuse → Height
  • Diffuse → Metallic
  • Diffuse → Smoothness
  • Height → Normal
  • Height + Diffuse → Normal
  • Normal → Edge
  • Normal → Occlusion
  • Normal + Height → Occlusion
  • Normal → Height
  • テクスチャをシームレスタイル化
  • 様々なファイル形式での保存・読み込み
  • 多くのプロセスをxml形式のクリップボードコマンドで自動化


スポンサーリンク


GitHubでUnityのプロジェクトが公開されています↓
https://github.com/BoundingBoxSoftware/Materialize

配布されているバイナリはWindows版のみですが、オープンソースな上にUnity製なので、頑張れば他のプラットフォーム向けにビルドできるんだろうか。(内部はWindows依存の実装かもしれません)

以下、チュートリアル
http://www.boundingboxsoftware.com/materialize/tutorials.php


スポンサーリンク
Materialize – Bricks

Materialize – Cracked Dirt

Materialize – Sewer Cover


スポンサーリンク

関連記事

文献管理ツール『ReadCube』
ラクガキの立体化 反省
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
UnityのAR FoundationでARKit 3
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
Maya 2015から標準搭載されたMILA
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
ラクガキの立体化 進捗
立体映像プレイヤー『Stereoscopic Player』
Unreal Engineの薄い本
シン・ゴジラのファンアート
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
自前Shaderの件 解決しました
天体写真の3D動画
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
CEDEC 3日目
Mayaのシェーディングノードの区分
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ZBrushのお勉強
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
AfterEffectsプラグイン開発
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Vancouver Film Schoolのデモリール
ZBrushで基本となるブラシ
ZBrush 4R8 リリース!
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
口笛から作曲できるスマホアプリ『Chordana Composer』
Unityの薄い本
Mayaのレンダリング アトリビュート
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007

コメント